瀬島達佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せじま たつよし
瀬島 達佳
本名 瀬島 達佳
別名義 瀬嶋 将貴
生年月日 (1950-04-17) 1950年4月17日(68歳)
出生地 日本の旗 日本岡山県
民族 日本人
ジャンル 俳優スーツアクター
主な作品
仮面ライダーシリーズ』

瀬島 達佳(せじま たつよし、1950年4月17日[1][2] - )は、日本の元俳優。瀬達佳とも表記される[1]。別名・瀬嶋 将貴せじま まさたか[1][2]岡山県出身[1][2]

人物・経歴[編集]

叔父が大野幸太郎と大内剣友会での同期で、1968年に叔父を頼りに高校の同級生だった石丸強志とともに上京し、大野剣友会に入会した[1][2]。『柔道一直線』では吹き替えのほか、最終クールで麻生先輩役でレギュラー出演[1][2]

仮面ライダー』では多数の怪人のスーツアクターを勤めたほか、第19話では、泳げないメンバーに代わって水絡み場面のスタントも担当している[3][1]

大野剣友会退会後は、コメディアン関敬六のマネージャーなどを経て、芸能プロ「瀬嶋事務所」を主催している[1][2][注釈 1]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

 ほか

映画[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同事務所には、大野剣友会出身の中屋敷哲也も一時所属していた[4]
  2. ^ 蜂女(スタント)[1][2]、サボテグロン[2]、キノコモルグ[5]、ザンブロンゾ[5][2]、ハリネズラス[5]、サイギャング[5]、セミミンガ[5][2]、カブトロング[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 193, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  2. ^ a b c d e f g h i j 『仮面ライダーSPIRITS公式ファンブック 受け継がれる魂』 講談社2002年6月19日、174頁。ISBN 4-06-334551-3
  3. ^ OFM仮面ライダー9 2004, pp. 27-29, 和智正喜「特集 大野剣友会 ライダーアクション影の主役たち」
  4. ^ 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 199.
  5. ^ a b c d e f 仮面ライダー怪人大全集 1986, pp. 10-47, 「ショッカー」
  6. ^ 仮面ライダー怪人大全集 1986, p. 134, 「仮面ライダー劇場用怪人大全」.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]