ヘアメイクアーティスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘアメイクアーティスト(hair and make up artist)とは、映像舞台コレクションイベント、紙媒体等のメディア表現を中心に現場においてヘアスタイリングならびにメイクアップを両立し施術する者である。

歴史[編集]

1970年代以前のテレビ映画ファッションショーなどの出演者、モデル等のヘアスタイリングやメイクアップは主に美容室に勤務する美容師が担った。日本では1960年9月10日、白黒だったテレビ放送から色の付いたカラー放送が開始され、1964年東京オリンピック開催を期にカラーテレビの普及も進み、カラー放送が増えたことでヘアメイクアップアーティストの仕事が急増した。1972年には、日本で初めてプロのヘアメイクアップアーティストを養成する専門校メークアップアーチスト学院東京渋谷に誕生する。70年代後半、日本では「シバヤマ美容室」や「伊藤五郎美容室」などが出張美容業務を行い、同時期にパリでは「モッズヘア」によって撮影専門のヘアスタイリスト事務所が生まれた。

1960年伊藤五郎によるアトリエGORO、1980年代、田村哲也によってモッズヘア美容室と共にヘアメイクアーティストの事務所として東京に併設される。また同時期、ニューヨークで活躍していた須賀勇介の「スガサロン」にいた野村真一が「アトリエシン」を、前述シバヤマの渡辺サブロオが「サッシュ」を東京にオープンする。後サッシュからは、三上宏幸など多くの人気アーティストを生む事になる。折しも時代はデザイナーズ・ブランドの全盛期とバブル経済に突入しようとしており、ファッションでは、イッセイミヤケコムデギャルソンヨウジヤマモトなどがパリコレクションに進出するなど、ヘアメイクアーティストの需要が急激に高まりを見せて行った。日本においてヘアメイクアーティストという概念が定着しビジネスとして動き始めた草創期である。

1990年代に入りバブル崩壊と共に、モッズヘアの柘植伊佐夫が「プレゼンス」開設、ヘアメイクアーティストがサロン業務を行うという発想の転換を計り、美容師に対してメイクアップ需要と撮影スキルの重要性を認識させた。同時期、イマージュ、プリュス( 現 3rd )、オーガスト、ファム、など有名アーティストを抱える、マネージメントオフィスや稲垣亮二は「マロンブランド」を、宮森隆行が「エスパー」を開設するなど、ヘアメイクアーティストの世代交代と組織の分化が活発化して行った。また「日本ヘアデザイナー大賞」など、ヘアメイクアーティストや美容師に対する賞が生まれたのも90年代である。これにより美容師にも写真による作品制作の重要性が加速し、ヘアメイクアーティストと美容師の業態と意識の距離が縮み始める。

2000年代、TV番組が美容師を取り上げ、「ACQUA」「HAIR DIMENSION」などにより美容界に「カリスマブーム」が起こる。これにより美容師はサロンワークやカットを通じて作品を表現するものという流れが強まり、ヘアメイクアーティストと一定の距離を保つ風潮が生まれる。一方では、俳優女優芸能人などが美容室に訪れることをきっかけにTVなどのヘアメイクを依頼されるなどの流れも生じる。ここに「美容師のみに特化するタイプ」「美容師でありつつヘアメイクも行うタイプ」「完全にヘアメイクのみを行うタイプ」が分類される。またヘアメイク業務自体も欧米のように撮影用のヘアスタイリストとメイクアップアーティストに分かれ、チームを組んで業務を行う事例も増えて来た(例:(ヘアー)TAKU、TETSU、AKINO、MATUKAZU、ABE、YASU、SHINYA、(メーク)RUMIKO、AYAKO、MICHIRU、COCO、YUKI等)。2000年代中盤以降、ヘアメイクアップはますます専業していき、ボディーペイントネイルアートも分化している。

特色例[編集]

日本的な美意識を導入した渡辺サブロオ、ナチュラルメイクという概念を導入した田村哲也、ニューヨークスタイルに根ざした女優顔を生んだ野村真一、企業体に根ざしたビューティー表現のマサ大竹、精度の高いバランス感覚の佐藤冨太、ビューティーディレクションという概念を生んだ柘植伊佐夫、職人気質とアート感を融合する加茂克也、世界通用の美しいファッションモードヘアメイクを創り続けるSACHI、リアルビューティーで一般女性を取り込む藤原美智子、ビューティー表現と技術理論を両立する嶋田ちあき、ビューティーとタレント性を融合させるIKKO、など時代の要求によって様々なスタイルのアーティストが存在する。

近年の動向[編集]

2009年現在も映画や舞台などの時代劇における日本髪の制作と現場は、男性の髪を結う「床山」、女性の髪を結う「結髪」などに分かれ、「化粧」も存在している。一般的に西洋風の髪型や化粧が主流の現代社会において、床山、結髪や化粧が、役割として「ヘア」「メイク」に置き換えられたと考えることもできる。これらの一般人からの需要は映画、TV、舞台や雑誌などのメディアにも反映し、出張美容としての「ヘアメイク」、またそれを業とする「ヘアメイクアーティスト」を生んだ。

これらが独立した事務所法人として機能するまで職業的に確立したのが1980年代である。1990年代には世代交代が進むと同時に、ヘアメイクアーティストや美容師の地位向上や社会的啓蒙を促進するために各種の賞が設立されそれに寄与した。またヘアメイクアーティストが美容業を主導し、美容室においてメイクアップ技術や撮影用技術を教育するなどし、美容師もヘアメイク技術の土壌を育てるなどしてヘアメイクアーティストの人材的な底上げがはかられた。

2000年代に入り、メディアのブームに乗って美容師の人気が高まると、美容師の人材供給が高まると共に大型サロンや美容室の乱立が起こり、ヘアメイクアーティストとの距離が遠ざかる。しかし一般需要の飽和と技術力の低下、過当競争によってそれらは淘汰され、美容師とヘアメイクアーティストが完全に分離せず、「美容師のみ」「美容業務とヘアメイク業務の両立」「ヘアメイク業務のみ」という構図が生じる。またヘアメイク業務もネイルアーティストなど専門家の出現により「ヘアのみ」「メイクのみ」「ボディペイントのみ」「ネイルのみ」「ウィッグ制作のみ」など専業分化が急加速し、本来ひとつの作品を制作するにあたり美容の観点から主導権を持っていたはずのヘアメイクアーティストも技術者としての一業態に過ぎずコンセプトやシステムをまとめにくい状況が現れて来た。そこでヘアメイクアーティストは専業分化した各部を統合する役割として「ビューティーディレクション」という方法を生み出す。これにより一技術者であると同時に美容に関連するさまざまな部門を包括的に機能させるようになった。 またコスメ業界では各ブランドが専属のメイクアップアーティストと契約、育成し、イベントやメイクのサービスを展開。またPR活動に一役かって出る。一般の女性もプロの技術を身近に受けられる環境が整った。現在ヘアメイクを含む美容はますます専業化の方向に進んでいる。

ヘアメイクアーティスト一覧[編集]

50音順

脚注[編集]


関連項目[編集]