マダム・C.J.ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マダムと友人たち

マダム・C.J.ウォーカー(Madam C. J. Walker:1867年12月23日-1919年5月25日)ことサラ・ブリードラヴ(Sarah Breedlove)はアメリカ合衆国の企業家である。

洗濯婦から身を起こし、1890年代に髪を直毛にする方法を開発して大儲けし、「マダム c. j. ウォーカー製造会社」を設立して黒人女性のための美容、ヘア製品のマーケティングを行った。アメリカ合衆国で自力で大富豪になった最初の女性とされる。

来歴[編集]

サラは、小作農オーウェンとミネルバ夫妻のもとに1867年12月23日ルイジアナ州に生まれた。[1]6人兄弟であり、姉Louveniaと4人の兄弟(アレキサンダー、ジェイムス、ソロモン、オーウェン Jr)がいた。両親はマディソン教区のプランテーションの奴隷だった。彼女は、奴隷解放宣言が署名された後に生まれた最初の子だった[2]。母親はコレラで1872 年に死亡し、父は再婚し、まもなく死亡した[3]

その後14 歳で結婚し、3年後に娘レリア・マクウィリアムス英語版が生まれた。サラが20 歳のときに夫が死亡し、その時レリアはわずか2歳だった。まもなく兄弟の3人が住んでいたセント・ルイスに移動。地元の理髪店で洗濯婦として仕事を得ることができた。十分なお金を稼ぐようになれば娘は正式な教育を受けることができるだろうと考えた。

キャリア[編集]

当時の多くの女性と同じく、サラは貧しい食生活・衛生習慣や髪に使用する石鹸に含まれていた苛性アルカリ溶液のために髪の毛にダメージを負った。そして理髪店を所有している兄弟からヘアケアについて学んだ上で美容院を経営し、化粧品クリームの小売業者となった。また、美容学校を設立し、黒人の地位向上のために寄付や演説を行った。後に娘レリアが会社を継ぎ、マダムの伝記を出版している。

脚注[編集]

  1. ^ Ingham, John N. "Walker, Madame C.J"; American National Biography Online Feb. 2000.
  2. ^ Madison Parish 1850 census, Rootsweb, Ancestry,com
  3. ^ A'Lelia Bundles, On Her Own Ground: The Life and Times of Madam C. J. Walker, New York: Scribner (2001).

参考資料[編集]

ノンフィクション

  • A'Lelia Bundles Madam Walker Theatre Center: An Indianapolis Treasure. Arcadia Publishing, 2013. ISBN 1-4671-1087-6
  • Bundles, A'Lelia Madam C. J. Walker: Entrepreneur Chelsea House/Facts on File, 2008. ISBN 978-1-60413-072-0
  • Penny Colman Madam C.J. Walker: Building a Business Empire. The Millbrook Press, 1994.

小説

  • Tananarive Due The Black Rose: The Dramatic Story of Madam C.J. Walker, America's First Black Female Millionaire. Ballantine Books, 2001. ISBN 0-345-44156-7

外部リンク[編集]

動画リンク[編集]