管理美容師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
管理美容師
英名 Management Beautician
実施国 日本の旗 日本
資格種類 必置資格
分野 美容業
試験形式 講習
認定団体 地方自治体
後援 理容師美容師試験研修センター
等級・称号 管理美容師
根拠法令 美容師法
特記事項 美容師免許取得後3年以上の実務経験者
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

管理美容師(かんりびようし、: Management Beautician)は、美容を業とする日本の国家資格であり、厚生労働省管轄の業務独占資格である美容師が実務経験を経て取得できる美容所管理者資格であり、必置資格である。

パーマネントウエーブ染毛、ヘアカット、結髪、化粧、スキンケア、フェイシャルエステティック等の方法により容姿を美しくするなど、美容師免許を有していなければ美容を業としてはならない(美容師法第6条)。なお、業とは反復継続の意思をもって行うことで、有料・無料は問わない(美容師法、昭和32年法律第163号)。

概要[編集]

  • 美容師法第12条の3により美容師である従業者の数が常時2人以上である美容所の開設者は、当該美容所を衛生的に管理させるため、美容所ごとに、管理美容師を置かなければならないとされている必置資格

講習[編集]

  • 各都道府県によって異なる。

講習科目[編集]

  1. 公衆衛生学
  2. 美容所の衛生管理

受講資格[編集]

  • 美容師免許取得後3年以上の実務経験が必要。

関連項目[編集]