山野千枝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年

山野 千枝子(やまの ちえこ、旧姓:三沢[1]1895年 (明治28年) 3月11日 - 1970年 (昭和45年) 2月11日)は、日本の美容家神奈川県横浜市出身。

各地に美容院を開き、日本にパーマネント(後にコールドパーマ)技術を広めた草分けだった[2]。美容器具の国産化に努め[3]、赤外線による美顔術、脱毛法、美容体操・整体術なども発表した[2]

また、ファッションモデルの前身である「マネキンクラブ」も創設し[2]ファッションショーによって洋装を広めたといわれる[3]

来歴[編集]

一旦事務員に就いた後、神戸高等家政女学院に入学、1913年(大正2年)に卒業[2]。同年、山野末松と結婚し渡米。美術雑貨商などをしながら[3]、ワナメーカー・ビューティースクールで美容技術を取得する[2]

1922年(大正11年)、帰国[2]。翌1923年(大正12年)3月、東京駅前にできて間もない丸ノ内ビルヂング内に、「丸ノ内美容院」を開店[4]

1929年(昭和04年)、大日本美容協会を創設。

1946年(昭和21年)、全日本美容連盟を創設。

1954年(昭和29年)、東京美容国民健康保険組合を創設(理事長に就任)。

1950年(昭和25年)からは、東京高等美容学院の院長も務めた。

賞詞[編集]

著書[編集]

  • 女性美の創造 (1935年、生命の芸術社)
  • 光を求めて―私の美容三十五年史 (1956年、サロン・ド・ボーテ)
  • これだけは身につけよう―美しさをつくる美容手帳 (1960年、集英社)

脚注[編集]

  1. ^ 山野千枝子 とは - コトバンク
  2. ^ a b c d e f 『日本女性人名辞典』(日本図書センター)
  3. ^ a b c ジョジョ企画『女たちの20世紀・100人 ―姉妹たちよ』(集英社、1999年)
  4. ^ 女性誌リンク集 データファイル 大手小町 YOMIURI ONLINE(読売新聞)婦人公論創刊90周年企画愛読者特別号(非売品)2007年2月7日発行「読売新聞」に見る女のクロニクル90年

関連文献[編集]

関連項目[編集]