アメリカ合衆国労働省労働統計局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ合衆国労働省労働統計局
Bureau of Labor Statistics (BLS)
Bureau of Labor Statistics logo.svg
組織の概要
設立年月日 1884年
管轄 アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国連邦政府
本部所在地 ポスタルスクエアビル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
人員 2,500[1]
年間予算 6億1010万ドル(2015年度) [2]
行政官
ウェブサイト www.bls.gov

アメリカ合衆国労働統計局(アメリカがっしゅうこくろうどうとうけいきょく、英:Bureau of Labor Statistics、BLS)は、アメリカ合衆国労働省の1機関である。労働市場の活動水準、労働条件、価格変動を調査集計し公表している。

統計報告[編集]

BLSの統計には以下の4つの領域がある。

物価[編集]

  • 消費者物価指数(英:Consumer Price Index、CPI[5]
  • 生産者物価指数(英:Producer Price Index、PPI[6]
  • 輸出物価指数(英:Import/Export Price Indexes、MXP[7]
  • 消費支出調査(英:Consumer Expenditure Survey、CE[8]

雇用[編集]

  • 人口動態調査(英:Current Population Survey、CPS[9]
    • アメリカ時間使用調査(英:The American Time Use SurveyATUS[10]
  • 雇用統計(英:Current Employment Statistics、CES[11]
  • 地域別失業統計(英:Local Area Unemployment Statistics、LAUS[12]
  • 求人労働異動調査(英:Job Openings and Labor Turnover Survey、JOLTS[13]
  • 雇用賃金四半期センサス(英:The Quarterly Census of Employment and Wages、QCEW)[14]
  • 企業雇用動態調査(英:The Business Employment Dynamics、BED[15]
  • 職業雇用統計(英:Occupational Employment Statistics、OES[16]
  • 大規模レイオフ調査(英:Mass Layoff Survey、MLS[17]

労働報酬と労働条件[編集]

  • 全米報酬調査(英:National Compensation Survey、NCS[18]
    • 雇用コスト指数(英:Employment Cost Index、ECI[19]

生産性[編集]

  • 生産性統計(英:Productivity Statistics)[20]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]