アメリカ合衆国海軍省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海軍省
Department of the Navy
Seal of the United States Department of the Navy.svg
アメリカ合衆国海軍省の紋章
組織の概要
設立年月日1798年
本部所在地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州アーリントン郡ペンタゴン
行政官
上位組織アメリカ国防総省
ウェブサイトwww.navy.mil

海軍省(かいぐんしょう、英語: Department of the Navy, DoN)は、1798年4月30日連邦議会の法令に拠り設立され、アメリカ海軍および海兵隊の管理等を担当するアメリカ国防総省内の部局である。海軍長官がその指揮を執る[1]

概要[編集]

国防総省の傘下にあり、海軍長官(Secretary of the Navy, SECNAV)は、国防長官の指揮監督下にある。海軍長官は海軍用語で SECNAV と言われる。海軍長官の下には海軍次官が置かれる。

海軍省は、1947年に国家軍政省が設立されるまでは、旧陸軍省と共に内閣を構成する省だった。

国家軍政省は、1949年に国防総省に改称された。そして海軍省は国防総省内における一つの省となった。

海軍省は軍政組織として軍人の徴募及び文官人事編成補給、装備、訓練、海軍の人材と資産の動員及び復員に対する責任を有する。海軍省のオフィスの多くはワシントンD.C.に存在する。海軍省はまた、軍艦航空機・装備・施設の建造・需品・修理の監督も行う。

海軍省はアメリカ海軍(艦隊)とアメリカ海兵隊という、主に二つの対等な作戦部隊から構成される。支援部門(非海上部門とも呼ばれる)も存在する。これらには造船所基地、補給廠、学校などがある。また、戦時には、沿岸警備隊が、海軍省の管理下に移されることもある[2][3]

海軍省における最高位の軍人は海軍作戦部長海兵隊総司令官で、大統領及び海軍長官の海軍に関する主要な顧問であり、軍政に関する指揮監督を行う。また、統合参謀本部の構成員をも務めている。

脚注[編集]

  1. ^ 合衆国法典第10編第5011条 10 U.S.C. § 5011
  2. ^ 合衆国法典第14編第3条 14 U.S.C. § 3
  3. ^ 合衆国法典第10編第5061条 10 U.S.C. § 5061

外部リンク[編集]