ローレンス・リバモア国立研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LLNL-logo.png
正式名称 Lawrence Livermore National Laboratory
略称 LLNL
所在地 アメリカ合衆国
カリフォルニア州リバモア
北緯37度41分13秒西経121度42分21秒座標: 北緯37度41分13秒 西経121度42分21秒
予算 15億ドル
人数 5800
所長 William H. Goldstein
設立年月日 1952年 (1952)
上位組織 Lawrence Livermore
National Security, LLC
公式サイト llnl.gov
テンプレートを表示
ローレンスリバモア国立研究所(2005)

ローレンス・リバモア国立研究所(Lawrence Livermore National Laboratory、LLNL)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバモアにある、アメリカ合衆国エネルギー省(DOE)が所有する国立研究所である。

1952年核兵器の研究開発を目的として設立され、物理学、エネルギー、環境、バイオテクノロジーなど研究を行っている。管理・運営はローレンス・リバモア・ナショナル・セキュリティ(Lawrence Livermore National Security, LLC、ベクテル・ナショナルカリフォルニア大学バブコック・アンド・ウィルコックス・テクニカル・サービシス・グループ、URSコーポレーションによる有限責任法人)が行っている。「水爆の父」ことエドワード・テラーが所長をつとめたこともある。

2009年3月31日には世界最大のレーザー核融合施設である「国立点火施設」(National Ignition Facility:NIF)が完成した[1]。実験装置の一部には、HOYA USAから、大型レーザーガラスが導入されている[2]。また、磁気浮上式鉄道の一種であるインダクトラックの研究も行われている。

2012年、116番元素は、当研究所の名にちなんだ「リバモリウム」と名付けられた。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]