アメリカ合衆国通商代表部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
通商代表部の紋章

アメリカ合衆国通商代表部(アメリカがっしゅうこくつうしょうだいひょうぶ、: Office of the United States Trade Representative; USTR)は、アメリカ合衆国大統領府内に設けられた機関。長官に相当するアメリカ合衆国通商代表は、閣僚級ポストで大統領に直属。大使の資格を持ち、外交交渉権限を与えられている。

毎年3月末頃に「外国貿易障壁報告書」(National Trade Estimate Report on Foreign Trade Barriers; 通称「NTEレポート」)を議会に提出している。

グレン・S・フクシマによると、通商代表部は官僚機構というより法律事務所や経営コンサルタント事務所に近いという。アメリカ合衆国財務省日米構造協議を立案して、通商代表部に実現に向けて協力を依頼したとも述べた。自著『日米経済摩擦の政治学』(朝日新聞社)に書かれている。なお、事務所はスイスジュネーヴベルギーブリュッセルにある。

歴代の通商代表一覧[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]