グレン・S・フクシマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グレン・S・フクシマGlen S. Fukushima1949年9月9日 - )は、日系アメリカ人3世の実業家米国政府官僚。カリフォルニア州出身。妻は橘・フクシマ・咲江

経歴[編集]

1968年から1972年までスタンフォード大学、1974年から1978年までハーバード大学大学院で学ぶ。1982年までにハーバード・ビジネス・スクール及びハーバード・ロー・スクールにてMBAJDを取得。ハーバード在学中には助手としてエドウィン・O・ライシャワーエズラ・ヴォーゲルデイヴィッド・リースマンらに師事する。また、1972年に慶應義塾大学、1982年から1984年まではフルブライト・プログラムにより東京大学に留学している。

卒業後は、カリフォルニア州で弁護士資格を得て、1982年からロサンゼルスの法律事務所に参画したのち、1984年にアメリカ合衆国通商代表部に入省した。日本担当部長として、プラザ合意後もやまない日米貿易摩擦の中にあって、スーパー301条関係を始めとする対日交渉にあたった。1988年には米国通商代表補代理に昇格しており、関与した産業分野は半導体、機械機器、タバコ、牛肉、農産物、法制、関西国際空港など多岐にわたる。

1990年に米国通商代表部を去り、AT&Tに入社、日本AT&T副社長を務める。その後アーサー・D・リトル(ジャパン)社長、日本ケイデンス・デザイン・システムズ社長、同会長、日本NCR共同社長と転じ、1993年から在日米国商工会議所(ACCJ)役員、1998年度には同会議所会頭に就任している。

1999年4月より大和証券グループ本社アドバイザリー・ボード[1]。2005年2月からはエアバス・ジャパンの社長兼CEOとなった。2010年4月、同社社長を同じエアバス・グループのユーロコプター・ジャパン社長のステファン・ジヌーが兼務することになり取締役会長に退いた[2]。この他、みずほフィナンシャルグループの監査役を務めている。

日米友好基金副理事長、日米文化教育交流会議米国副委員長、米国外交評議会委員、公正取引委員会独占禁止懇話会委員、経済同友会幹事、アジア財団顧問、経済企画庁経済審議会特別委員、日米協会理事など、公職への歴任も多い。日本滞在歴は20年を超える。妻の橘・フクシマ・咲江はコーン・フェリー・インターナショナル社アジア・パシフィック地域最高顧問を務める。

見識[編集]

2017年以降の米国情勢について、2016年アメリカ合衆国大統領選挙ヒラリー・クリントンドナルド・トランプに圧勝し、クリントンに率いられた民主党が上院の多数を制し、下院も共和党との議席が縮まる。さらに、最高裁判事もヒラリー・クリントンが任命承認を行うため、民主党の意向に沿った判事が多数を占めることになる。共和党は大統領候補にドナルド・トランプを選んだことで弱体化し、ヒラリー・クリントンによる安定した政権運営が行われる。その結果、米国の経済成長、雇用創出、格差是正が実現し、国民の経済的な不信感が解消される。さらに、米国が正しい方向に進んでいると国民が実感することに自信を取り戻し、移民や貿易などを含むグローバル化に対して積極的になると、2016年11月に予想を行っていた[3]

著作[編集]

  • 『経営イノベーション成功の法則』ダイヤモンド社、1999年; ISBN 447837273X
  • 『2001年、日本は必ずよみがえる』文藝春秋、1999年; ISBN 4163550003
  • 『変わるアメリカ変わるか日本』世界文化社、1993年; ISBN 441893507X
  • 『日米経済摩擦の政治学』朝日新聞社、1992年; ISBN 4022564156

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]