デイブ・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

デイヴ・ロジャースDave Rodgers、本名:Giancarlo Pasquini(ジャンカルロ・パスキーニ)、1963年2月21日 - )は、イタリアマントヴァ出身(在住)のユーロビートミュージシャン作曲家、音楽プロデューサー。現在は、レコードレーベル『SUN FIRE RECORDS』の主宰者である。

概要[編集]

ヨーロッパにおいては1980年代のイタロ・ディスコユーロビートを代表するバンド「ALEPH」のヴォーカリストとして、『Fly To Me』(1985年)や『Fire On The Moon』(1986年)などのヒット曲で知られる。

日本においては、1990年代に流行したダンス・パラパラで使われたユーロビートのコンピレーションアルバム『SUPER EUROBEAT』への楽曲提供のほか、1990年代中頃よりTMN安室奈美恵などのJ-POPのプロデューサーとして楽曲のユーロビートアレンジを行い、日本におけるユーロビートの流行をけん引したことで知られる。流行の最盛期となる1995年頃には、市場がほぼ日本のみのJ-POPにおいて、安室奈美恵太陽のSEASON』(1995年)やV6MUSIC FOR THE PEOPLE』(1995年)といった数十万枚の売り上げのヒット曲を連発するなど、日本において最も大きな商業的成功を収めたユーロビートのミュージシャンである。

略歴[編集]

1984年、バンド「ALEPH」のヴォーカルとして、本名の「Giancarlo Pasquini」名義で『IN YOUR EYES』(1984年)でデビュー。同年、Mark Farinaの誘いでユーロビートの世界へ入る。

1985年、TIME Recordsより『Fly to Me』(1985年)でメジャーデビュー。イタリア国外での販売もなされたこの作品より「Dave Rodgers」の芸名を使い始める。2作目の『Fly to Me』と3作目の『Fire On The Moon』(1986年)が欧州各国のチャートにランクインするヒット曲となり、Alephはイタロ・ディスコを代表するバンドの一つとなった[1]

1987年、Dave Rodgers名義のデビュー曲「RICH AND FAMOUS」を発表。一方、ALEPH名義では1990年に活動を停止するまで『Big Brother』(1988年)など次々とヒットを重ね、Farinaが抜けた後のTIME Recordsの主戦力となる。また、この頃からDISCOMAGIC社を中心とした数多くのユーロビート系アーティストへ楽曲の提供・プロデュースを手掛けるようになった[2]

1990年、TIME Recordsを離脱し、FLEA Recordsに移籍[3][4]。同年には、スラッシュメタルバンド・BULLDOZERのヴォーカリストであり、DISCOMAGIC社のA&RでもあったAlberto Contini(アルベルト・コンティーニ)と共に、当時のFLEA Recordsのメンバーを中心[5]として、A-BEAT C Records(正式にはRodgers & Contini Recordsの中の1レーベル[6])を設立した。

1991年、ユーロビートのシンガー・DOMINO[7]と結婚。「Dave and Domino」としての活動も行っていたが、2004年頃、離婚。息子のFedericoは「FREDDY RODGERS(その後、名義をFREDDY R.に変更。現在の名義はKAIOHに変わっている)」として後にアーティストデビューした。

1992年Andrea Leonardi、Alberto Continiと共にユニット「RODGERS, CONTINI & SINCLAIRE」を結成[8]。この名義で数曲発表した。

1990年代以降は日本市場に重点を置いた活動を行い、ユーロビートのコンピレーションアルバムへの楽曲提供と並行に、多数の日本人ポップミュージシャンのユーロビートアレンジを手掛ける。1992年9月23日にカバーアルバム「TMNソング・ミーツ・ディスコ・スタイル」を発表。「Get Wild」をはじめ、TM NETWORKの楽曲を全編英詞に書き直し、ユーロビートのアレンジに仕上げた。また、1993年には「ゲット・ワイルド・ミーツ・テクノ・スタイル」を発表。他にもBULLDOZER、DJ ZORROなどのアーティスト、グループに、テクノハウス、ハイパーテクノ等の楽曲提供、プロデュースを手掛けることになる。

1990年代後半には安室奈美恵MAXV6などの楽曲のプロデュースを数多く手がけた事で、日本で商業的に大きな成功を収めたユーロビート作家となり、avex traxとは約10年もの長期独占契約を結んでいた[9]。アニメ「頭文字D」では、「SPACE BOY」をはじめ、他アーティストへの提供曲を含む多くの楽曲が劇中に使用されている。

2010年には、アーティスト兼プロデューサーのFuturaと共に新レーベル「SUN FIRE RECORDS」を設立、活動を開始した。2011年7月11日には、Futuraと婚約していることをfacebook上で自ら明かしていた。2015年11月、facebookのプロフィールを「シングル」に変更したが、2016年1月20日、またfacebook上でFuturaとの結婚を発表。

2016年1月1日、Alephのデビュー30周年を記念し、「FLY TO ME」を自らカバーした「FLY TO ME 2016」を「Aleph feat. Dave Rodgers」の名義でYoutubeに公開。

DAVE RODGERS名義における代表曲[編集]

あくまでDAVE RODGERS名義の代表曲であり、全てではない。他名義の代表曲も省略する。
他名義の曲も含め、「Category:デイブ・ロジャースが制作した楽曲 」も参照のこと。

  • SUN CITY
    『MAHARAJA NIGHT HI-NRG REVOLUTION VOL.12』収録。ALEPH時代の「BIG BROTHER」をモチーフとしたアンサーソング的な楽曲。
  • NOTHING CHANGED
    『SUPER EUROBEAT VOL.55』収録。UBの「あの頃のまま」をカバーした曲。後にレーベルメイトのノーマ・シェフィールドもカバーした。
  • MUSIC FOR THE PEOPLE
    『SUPER EUROBEAT VOL.65』収録。V6のセルフカバー。アメリカ人女性ギタリスト・Jennifer Battenを起用。
  • SPACE BOY
    『SUPER EUROBEAT VOL.87』収録。アニメ『頭文字D』シリーズの作中のBGMとして最初に起用された。
  • KINGDOM OF ROCK
    『SUPER EUROBEAT VOL.89』収録。V6のセルフカバー。テレビ朝日系列タモリ倶楽部のミニコーナーである「空耳アワー」で紹介された。
  • DEJA VU
    『EUROMACH 2』収録。EXTENDED版はSUPER EUROBEAT presents 頭文字 D SUPER EURO BESTに収録されている。
  • WHEELS OF FIRE
    『SUPER EUROBEAT VOL.115』収録。
  • WILD REPUTATION 2005
    『SUPER EUROBEAT VOL.156』収録。原曲をTHE BIG BROTHER名義で自身が歌っている。
  • ELDORADO
    『SUPER EUROBEAT VOL.162』収録。
  • DISCO FIRE
    『SUPER EUROBEAT presents INITIAL D BATTLE STAGE 2』収録。『SUPER EUROBEAT VOL.169』に収録されたNEO名義の同タイトルの楽曲をセルフカヴァーしたもの。

他、多数。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この当時は、パスクィーニの作家名義として「Manzi-Bellini」を使用していたが、Alephのオリジナルメンバーとして記載されているMarco Manzi(マルコ・マンツィ、キーボード)とDonato Bellini(ドナート・ベルリーニ、ギター)の関係や、Alephがいつごろからパスクィーニ、ファリーナ、ローラン・ジェルメッティによるプロジェクトとなったのか、そもそもパスクィーニ以外のオリジナルメンバーは実在したのかどうかは定かではない。
  2. ^ この当時は、作家名義として本名「Giancarlo Pasquini」の使用を開始していた(従来からの作家名義も引き続いて使用)。
  3. ^ この当時は、作家名義として本名以外にもAlkogan、プロデューサー及び制作者名義としてFrankie Lee & Felix the Fox(Felix The Foxとセットは少なく、基本的にはFrankie Leeのみ。)を使用していた。
  4. ^ この事の原因のひとつとして、「BLACK POWER / MAIO & CO.」のリリースが挙げられる。彼は後にA-BEAT Cでリリースする「WILD REPUTATION / THE BIG BROTHER」のレコーディングを秘密裏に行っていたのだが、そのデモテープが流出、直後に件の作品がリリースされた。この作品は全編「WILD REPUTATION / THE BIG BROTHER」をインスパイアしたかのような内容であり、この一件が離脱の引き金となったといわれる(後にスーパーユーロビート解説書に掲載された記事によると、“ALEPH”の名称使用権に関する紛争とギャラの不払い問題も一因とされている)。
  5. ^ 主に、Marco GulinelliやGino Caria、Fabrizio Rizzolo、Franco Diaferiaが、FLEA RecordsのプロデューサーであるFrankie Leeの作品に関わっていた。
  6. ^ 現在は「Rodgers & Contini Records」の中には、DOMINOのレーベル「GOGO'S MUSIC」も含まれる(近年リリースされたSUPER EUROBEAT(VOL.175以降)のブックレットの各楽曲の著作権表示に記載がある)。現状、Dave RodgersはユーロビートにおいてはA-BEAT Cレーベルからの新規楽曲のリリースを事実上停止しており、現在は(Rodgers & Contini Recordsとは直接関係のない別レーベルである)SUN FIRE RECORDSにて新規楽曲のリリースを行っている。
  7. ^ 『KING AND QUEEN』(1991年)や『PARA PARA』(1994年)を歌っていた時期の「King&Queen」の中の人としても知られる
  8. ^ 現在(2015年)は自身のSinclaireStyleレーベルにて活躍している
  9. ^ 彼は、大のロック好きとしても知られており、avex社のコンピレーションシリーズSUPER EUROBEATDEEP PURPLE等のグループのカバー曲が幾つか収録されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]