JOURNEY (THE ALFEEのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JOURNEY
THE ALFEEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル F-LABEL
チャート最高順位
THE ALFEE 年表
THE ALFEE THE BEST
1991年
JOURNEY
(1992年)
Promised Love -THE ALFEE BALLAD SELECTION-
(1992年)
『JOURNEY』収録のシングル
  1. Promised Love (c/w Someday)
    リリース: 1992/2/5
テンプレートを表示

JOURNEY』(ジャーニー)は、1992年4月29日に発売されたTHE ALFEEオリジナルアルバム

収録曲[編集]

  1. JOURNEY
    イントロは、蒸気機関車の汽笛の音を模した高見沢のドリル奏法(ドリルのモーターから発生するノイズをエレキギターのピックアップで拾ったもの)で始まる。
  2. 悲しみの雨が降る
  3. Promised Love
    アルフィー最大のヒット曲。
  4. Journeyman
  5. シュプレヒコールに耳を塞いで
    坂崎幸之助によるオープンチューニングのアコースティックギターを前面にフィーチャーした、メンバーが目の当たりにしてきた学生運動をテーマとした曲。
  6. いつも君がいた
  7. King's Boogie
    メンバーの桜井賢が敬愛して止まないF1ドライバー、アイルトン・セナをイメージした曲。
  8. ひとりぼっちのPretender
  9. 君に逢ったのはいつだろう
    フジテレビ主催の恐竜展『最後の恐竜王国』テーマソング。
  10. Someday (London Re-mix)
    大阪国際女子マラソンイメージソングをアレンジしたもの。
  11. 壁の向こうのFreedom -24th March,1989-
    1989年秋のRESISTANCEツアーで初披露された曲。このアルバムでようやく収録された。ベルリンの壁崩壊をテーマとしている。
    ライヴではアレンジが変更されたバージョンで演奏されたことがあった。またベルリン公演ではそれをベースにし「Freedom On The Other Side Of The Wall」とのタイトルで英語バージョンで披露された。
    高見沢のソロバージョンも存在する(「Berin Calling」に収録)。

いずれも作詞・作曲:高見沢俊彦、編曲:THE ALFEE。

参加ミュージシャン[編集]

カタログ[編集]

  • CD:PCCA-00362 2,913円(税抜価格)

補足[編集]

  • デビュー35周年を記念して2009年3月18日に再発売されている。
  • 歌詞カードには落書きされたベルリンの壁の写真が掲載されている。