ラリー・ネクテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラリー・ネクテル(Larry Knechtel、1940年8月4日 - 2009年8月20日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のスタジオ・ミュージシャン

人物[編集]

ピアノオルガン、各種キーボードベースを主に演奏した。

1960年代初頭、フィル・スペクターのレッキング・クルーとして活躍した。その後ダンヒル・レコード系アーティストなど多くのレコーディングセッションを務める。また、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」でのピアノ演奏が有名である。この曲でネクテルはポール・サイモン等と共にグラミー賞の最優秀歌唱編曲賞を受賞した[1]

1971年にブレッドのメンバーにもなった。「ギター・マン」ではワウ・ペダルを駆使した印象的なリード・ギターを聴かせた。

1991年、エルヴィス・コステロのバック・メンバーとして来日している。

1990年代後半以降は一時期音楽ビジネスから遠ざかっていたが、1998年THE ALFEEのミニアルバム『Pride』で「明日に架ける橋」のカバーを収録するにあたり、ネクテルにピアノを弾いてほしいというバンド側からの依頼を受ける。当初は断るつもりであったが、関係者からTHE ALFEEが歌う「明日に架ける橋」のデモテープを聴き、この曲に対するメンバーのメッセージに感銘を受け、久し振りにレコーディングスタジオに入ったという。

2006年にはディクシー・チックスのアルバム『Taking the Long Way』にキーボードで参加、その後の全米ツアーにも同行するなど健在振りを見せた。

2009年8月20日、入院していたワシントン州の病院にてこの世を去る。69歳没[2]

ソロアルバム[編集]

  • 1989年 Mountain Moods (MCA Records)
  • 1990年 Urban Gypsy (Capitol Records)

主な参加アーティスト[編集]

外部リンク[編集]

脚註[編集]