木暮剛平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
こぐれ ごうへい
木暮剛平
Gthumb.svg
生誕 1924年9月19日
日本の旗 日本 群馬県
死没 (2008-12-14) 2008年12月14日(84歳没)
死因 肺炎
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学経済学部
職業 実業家
活動期間 1947 - 2008
肩書き 電通会長
任期 電通社長1985 - 1993
電通会長1993 - 2002
前任者 田丸秀治
後任者 成田豊
取締役会 電通

木暮 剛平(こぐれ ごうへい、1924年9月19日 - 2008年12月14日)は、電通社長・会長を経て電通相談役。日本広告業協会理事長・日本広告業協会会長として広告代理店業界の発展に尽力。 経済同友会副代表幹事、経済団体連合会理事、東京商工会議所議員などを歴任。 通商産業省(現在の経済産業省情報処理振興審議会会長として行政運営の円滑化にも手腕を発揮した。 また、 60歳を過ぎて始めた俳句だったが、 俳人としても知られ、「万象」同人。国際俳句交流協会会長を務めた。 2008年12月14日、肺炎のため死去[1]

出生・学歴等[編集]

群馬県勢多郡赤城村(現・渋川市)の出身。 群馬県立渋川中学校(現・群馬県立渋川高等学校)時代は、赤城村から渋川中学へ徒歩で通学した。渋川中学校では全学挙げての庭球大会が行われるように庭球(テニス)が盛んだったことから、庭球に熱中した[2] 。 1947年に東京大学経済学部を卒業する。

職歴[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 木暮剛平 元電通社長【経済訃報2008】”. 企業家人物辞典 (2008年12月14日). 2015年1月20日閲覧。
  2. ^ 「元気は、旧制渋川中学に在り」”. 山田社会保険労務士事務所 SRY NEWSバックナンバー (2005年11月1日). 2015年1月20日閲覧。
  3. ^ 電通110年物語 (PDF)”. 電通. 2015年1月20日閲覧。