吉田秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 秀雄(よしだ ひでお、1903年11月9日 - 1963年1月27日)は、日本実業家電通の経営者で、「鬼十則」(おにじゅっそく)を作るなど広告の鬼と呼ばれていた。

略歴[編集]

福岡県小倉市(現・北九州市)出身。小倉中学鹿児島市旧制第七高等学校を経て、東京帝国大学経済学部卒業。1928年日本電報通信社(現・電通)入社。1947年GHQにより公職追放された上田碩三の後任として、電通の第4代代表取締役社長就任。1953年日本プロレス協会理事。1963年、胃癌のため死去[1]

従四位勲二等瑞宝章を追贈された。

没後の1965年、電通と吉田邸からの出資で吉田秀雄記念事業財団が創設された。

なかにし礼の小説『世界は俺が回してる』(2009年)の主人公・渡辺正文の叔父として実名で登場している。

鬼十則[編集]

1951年制定[2]

  1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 仕事とは、先手々と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
  3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
  6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらない。
  9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

社員手帳「Dennote」(非売品)に長らく記載され続けて来た(初出は未詳)。

第5則が電通事件を始めとする過労死続発の原因なのではないかと世論の批判を呼んでいる。2016年10月には労働局の調査が入る事態に発展した。

これを受けて電通は2017年版からは削除を検討している[3]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)30頁
  2. ^ 鬼十則 吉田秀雄記念財団
  3. ^ 電通、「鬼十則」掲載取りやめ 共同通信2016年11月17日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]