上田碩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上田 碩三(うえだ せきぞう、1886年2月27日 - 1949年1月30日)は日本のジャーナリスト実業家。元電通社長。

人物[編集]

熊本県八代郡宮原町(現・氷川町)出身[1]。1909年に東京高等商業学校(のちの一橋大学)を卒業し、日本電報通信社(のちの電通)入社。語学力を活かしパリ講和会議ワシントン会議ロンドン軍縮会議で特派員を務め、「カミソリ上田」と呼ばれた。電通で常務取締役通信部長等を務めたのち、同盟通信社編集局長、常務理事。

1945年電通社長に就任。同年、大学の後輩で、結核の療養中だった田中寛治郎を再入社させた。田中は結核の療養を続けながら、電通の監査役兼渉外部長や秘書役等を歴任し、パブリック・リレーションズ(PR)研究・導入の日本における草分けとなった。1946年には電通の経営基本方針に「PRの導入と普及」を掲げ、PRの普及に努めたが、1947年GHQにより公職追放され、社長を退任。

1949年、親友のUPI通信社極東担当副社長マイルス・ボーンらとともに和船で浦安沖で鴨猟に出たところ、乗っていた船が転覆し、ボーンらとともに水死体で発見された。享年64[2]。1951年、妻のミエも、品川区の自宅で絞殺体で発見された。享年55[3]

死の翌年である1950年に、上田とボーンを記念しボーン・上田記念国際記者賞が創設された[4]。また上野恩賜公園に、上田とボーンをたたえた「真友の碑」が建てられている。

脚注[編集]

  1. ^ 熊本日日新聞社『九州人国記』1966、501頁
  2. ^ 1949年2月1日, 朝日新聞
  3. ^ 1951年4月7日, 朝日新聞
  4. ^ 1986年1月25日, 朝日新聞

参考文献[編集]

  • 熊本日日新聞社編纂『九州人国記』熊本日日新聞社、1966
  • 田原総一朗『電通』朝日文庫、1984
  • 日外アソシエーツ『熊本県人物・人材情報リスト、2007』

外部リンク[編集]