炎の少女チャーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
炎の少女チャーリー
Firestarter
監督 マーク・L・レスター
脚本 スタンリー・マン
製作 フランク・キャプラ・Jr.
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 ドリュー・バリモア
デビッド・キース
ジョージ・C・スコット
マーティン・シーン
音楽 タンジェリン・ドリーム
撮影 ジュゼッペ・ルッツォリーニ
編集 デビッド・ローリンズ
ロナルド・サンダース
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・カンパニー
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年5月11日
日本の旗 1984年8月18日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $17,080,167[2]
次作 炎の少女チャーリー:REBORN(テレビ映画)
テンプレートを表示

炎の少女チャーリー』(ほのおのしょうじょチャーリー、Firestarter)は1984年アメリカ合衆国ホラー映画スティーブン・キングの小説『ファイアスターター』を映画化した作品である。主演はドリュー・バリモア

概要[編集]

1980年のキングの原作出版と前後して、映画化権は1000万ドルでエジプト人プロデューサーが買い取った[3]。しかし、この企画は実現せず、映画化権はディノ・デ・ラウレンティスユニバーサル映画に移り、監督は当初ジョン・カーペンターが予定され、脚本はビル・フィリップスが担当したが、脚本が原作から大きく異なるものとなり、特撮の費用も多額となったため棚上げとなり[3]、そののちカーペンターとフィリップスは、同じくキング原作の『クリスティーン』を製作する事となる。脚本はスタンリー・マンに移り、ストーリーも原作に近く、特撮費用も削られたため、監督はマーク・L・レスター、主演は当時8歳のドリュー・バリモアが決定し、ようやく製作が開始された。撮影は、ノース・カロライナ州ウィルミントン郊外で67日かけて行われた[3]

日本では1984年夏公開となり、当初、邦題は原題通り『ファイアスターター』が予定されたが、同時期に『ストリート・オブ・ファイヤー』が公開されたため、混同を避けるため『炎の少女チャーリー』の邦題となった[3]

ストーリー[編集]

アンディヴィッキーは大学在学中に新薬の被験のアルバイトに参加して知り合った。その新薬はアンディには相手の精神に働きかけアンディの言葉を自発的な思い付きとして刷り込む術を、ヴィッキーにはテレパシーを発現させた。2人以外の多くの被験者は死亡した。

アンディとヴィッキーは結婚し、チャーリーが産まれた。2人は娘も超能力を持って産まれたことを知ると、それを秘密にしておこうとした。

チャーリーが9歳になった年のある日。アンディが仕事から帰ってくると、ヴィッキーが殺されていた。一家は既に新薬実験を行った政府の秘密機関「店(ザ・ショップ)」に監視されていたのだ。「店」はチャーリーのパイロキネシスの能力を分析し、兵器に応用しようとしているのだった。アンディは、「店」のエージェントの手からチャーリーを救い出し、逃亡が始まった。

原作小説との違い[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャーリー・マクギー ドリュー・バリモア 渕崎ゆり子
アンディ・マクギー デヴィッド・キース 安原義人
ヴィッキー・マクギー ヘザー・ロックリア
ジョン・レインバード ジョージ・C・スコット 加藤正之
キャップ・ホリスター マーティン・シーン 秋元羊介
ジョセフ・ウォンレス博士 フレディ・ジョーンズ 辻村真人
ハーマン・ピンチョット モーゼス・ガン
アーブ・マンダーズ アート・カーニー 宮川洋一
ノーマ・マンダーズ ルイーズ・フレッチャー 佳川紘子

スタッフ[編集]

  • 原作:スティーブン・キング
  • 監督:マーク・L・レスター
  • 製作総指揮:ディノ・デ・ラウレンティス
  • 製作:フランク・キャプラJr.
  • 音楽:タンジェリン・ドリーム
  • 脚本:スタンリー・マン
  • 撮影:ジュゼッペ・ルッツォリーニ
  • スタント・コーディネーター:グレン・ランドール
  • SFX:マイク・ウッド、ジェフ・ジャーヴィス
  • 編集:デビッド・ローリンズ、ロナルド・サンダース

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Firestarter (1984) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年1月14日閲覧。
  2. ^ Firestarter (1984)” (英語). Box Office Mojo. 2013年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e COMPLETE STEPHEN KING、白夜書房、1988、ISBN 4-89367-121-9

外部リンク[編集]