ボディガード牙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボディガード牙』(ボディガードきば、Karate Kiba )は、日本劇画日本映画・日本のオリジナルビデオ

原作梶原一騎、描画 : 中城健にて、1972年の10月20日号から1974年の2月22日号迄、週刊サンケイで連載され、単行本化された。日本映画は主演千葉真一監督鷹森立一製作東映にて、1973年5月24日に『ボディガード牙シリーズ』の第1作として封切り公開した。オリジナルビデオは主演 : 大和武士、監督 : 三池崇史1993年から1995年に3作品リリースされている[1][2][3]

劇画[編集]

ボディガード牙
ジャンル 格闘漫画
漫画
原作・原案など 梶原一騎
作画 中城健
出版社 サンケイ出版
掲載誌 週刊サンケイ
レーベル サンケイコミックス
発表号 1972.10/20号 - 1974.2/22号
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画映画
ポータル 漫画映画

概説[編集]

原作梶原一騎が当時交流していた大山倍達極真会館を題材とし、本作を発表した。梶原は劇画空手バカ一代』を既に連載していたが、『空手バカ一代』の読者層が少年だったの対して、本作は大人を対象にしている。後に登場人物は同じだが、内容を一変した劇画『新カラテ地獄変』を発表。描画も中城健が再び担当している。

あらすじ[編集]

空手道連盟「徹心会」の門下生で、総帥“ゴッドハンド”の大東徹源が選んだ唯一の後継者・牙直人を主人公に、その凄まじい空手の技で依頼者を必ず素手で守り通す活躍が、様々なストーリーで展開される。

映画[編集]

ボディガード牙
Karate Kiba
監督 鷹森立一
脚本 中西隆三
原作 梶原一騎中城健
出演者 千葉真一
渥美マリ
山本麟一
郷鍈治
大山倍達
内田良平
音楽 津島利章
撮影 中島芳男
編集 田中修
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1973年5月24日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ボディガード牙 必殺三角飛び
テンプレートを表示

解説[編集]

1973年日本映画主演千葉真一監督鷹森立一製作東映カラーシネマスコープ、87分。英語タイトルは『Karate Kiba 』。日本では5月24日に『ボディガード牙シリーズ』の第1作として封切り公開された。

映画やくざ刑事シリーズ』、『狼やくざシリーズ』、『麻薬売春Gメンシリーズ』でスリリングとシャープアクションを演じてきた千葉真一が[4]空手道の達人・牙直人に扮して、群がる敵をなぎ倒す物語である。千葉は学生時代から大山道場(後の極真会館)で空手道を修行し[5]名誉段位ではなく一般門下生と同様に昇段審査を受け、1965年10月15日には黒帯を允許されていたことから[6]、その技量が反映されている。千葉にとっては1963 - 1964年の『柔道一代シリーズ』以来の本格的な格闘映画であり、後にSonny Chiba の名で[注釈 1]、千葉のカラテ映画が欧米でブームになる先駆けの作品となった[8]。この後、千葉は立て続けに映画『殺人拳シリーズ』、『地獄拳シリーズ』、『少林寺拳法』、『けんか空手シリーズ』、『激殺! 邪道拳』、『ゴルゴ13 九竜の首』や、テレビドラマザ・ボディガード』、『ザ★ゴリラ7』、『燃える捜査網』、『大非常線』など、1970年代格闘モチーフとした作品に主演していくこととなった。極真会館の総帥である大山倍達が牙直人の師匠・大東徹源で特別出演してるほか、『やくざ刑事シリーズ』で千葉と共演した内田良平、ヒロインに渥美マリらをキャスティングしている。

ストーリー[編集]

アメリカ各地で空手修業してきた牙直人は、全身に凶器をつけたような“神の手”と称される空手の達人。日本へ帰国した後、私設用心棒「ゴッドハンド機関」というボディガード会社をオープンした。そんな牙に謎の美女から最初の依頼を受ける。「命で危険を買うの?」と伶子に念を押されながらも牙は「今から72時間…君の命を保証する!」と引き受けるのだった。伶子を狙う麻薬密売をするマフィアと対決することとなるが、牙は持ち前のズバ抜けた頭脳と行動力、そして破壊力抜群の空手で敵をぶちのめしていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ ニュー・ライン・シネマ社アメリカ合衆国で『激突! 殺人拳』を『The Street Fighter』のタイトルで封切公開した際に、同社の社長がSonny Chibaサニー千葉)と命名して、千葉真一をアメリカに紹介した[7]。それが他国に広まり日本国外での千葉の通称となったが、英語圏Sonny は男性の名前に使われるほか、口語で「兄ちゃん・坊や」という意味があり、愛称の千葉ちゃん欧米風に訳した。
出典
  1. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239003
  2. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=234201
  3. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=234225
  4. ^ ボディガード牙”. 日本映画製作者連盟. 2011年8月3日閲覧。
  5. ^ 中村カタブツ 『極真外伝 ~極真空手もう一つの闘い~』 ぴいぷる社1999年、172 - 186頁。ISBN 4893741373
  6. ^ 国際空手道連盟 極真会館 - 年度別昇段登録簿(国内)」『極真カラテ総鑑』 株式会社I.K.O. 出版事務局(原著2001年4月20日)、初版、62 - 64頁。ISBN 4816412506
  7. ^ JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』 ぶんか社2010年、11, 51頁。ISBN 4821142694
  8. ^ 大山倍達 『わがカラテ革命』 講談社1978年、83 - 87頁。

関連項目[編集]

千葉真一主演でモチーフが同じ作品

外部リンク[編集]