大和武士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大和 武士
基本情報
本名 江口 義光[1]
階級 ミドル級
身長 185cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1965-08-07) 1965年8月7日(51歳)
出身地 岡山県
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 10
KO勝ち 5
敗け 7
引き分け 2
テンプレートを表示

大和 武士(やまと たけし、1965年8月7日 - )は、日本俳優。元プロボクシングの日本ミドル級チャンピオン。岡山県出身。身長185cm、体重85kg。血液型はAB型。ア・プリュス所属。弟は同じく俳優大和啄也

来歴・人物[編集]

岡山県の少年院で、『一瞬の夏』(沢木耕太郎)を読み、ボクサーになるために上京。ワタナベボクシングジムに所属する。1988年3月21日に、チャンピオンの大和田正春網膜剥離のために返上したタイトルを松柳俊紀との王座決定戦で4回KO勝ち、第38代日本ミドル級チャンピオンとなった。同年9月19日、2度目の防衛戦で田島吉秋に4回KO負けし、王座から陥落した。

1989年、「どついたるねん」で俳優としてもデビュー。1991年日本アカデミー賞新人俳優賞(「鉄拳」、1990年)に選ばれた。1992年6月の試合を最後にプロボクサーを引退。引退後、オリジナルビデオヤクザ映画を中心に活動していた。

2008年8月2日、東京都目黒区の寿司店で店主に包丁を突きつけて「ぶっ殺す」などと脅し、顔を十数回殴って逮捕され、2008年12月2日、東京地裁で傷害と暴力行為法違反の罪で懲役1年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた[2]

2013年5月13日 東京都渋谷区道玄坂2丁目で、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で緊急逮捕された。渋谷署によると、挙動不審だったことから捜査員が職務質問をしたところ、尿検査で陽性反応が出た。[3]

戦績(プロボクサー時代)[編集]

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1986年7月14日 2R KO 須間正幸 日本の旗 日本(上福岡) プロデビュー戦
2 1986年8月28日 1R KO 小林栄治 日本の旗 日本(斎田) -
3 1986年11月7日 4R KO 中小路宗男 日本の旗 日本(国際) -
4 1986年12月19日 4R 判定 西澤良徳 日本の旗 日本(ヨネクラ) 東日本ミドル級新人王
5 1987年2月21日 6R 判定 吉田清治 日本の旗 日本(京拳) 全日本ミドル級新人王
6 1987年4月22日 6R 判定 六波羅智行 日本の旗 日本(東邦) -
7 1987年12月14日 5R KO 大和田正春 日本の旗 日本(角海老宝石) 日本ミドル級王座挑戦
8 1988年3月21日 4R TKO 松柳俊紀 日本の旗 日本(東邦) 日本ミドル級王座決定戦
9 1988年5月19日 10R 判定 金並英男 日本の旗 日本(愛拳松山) 防衛1
10 1988年9月19日 4R KO 田島吉秋 日本の旗 日本(ベル協栄) 日本ミドル級王座陥落
11 1989年3月20日 10R 判定 大竹永寿 日本の旗 日本(グリーンツダ) -
12 1989年7月6日 4R KO カーロス・エリオット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(八戸帝拳) OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦
13 1989年10月9日 6R KO 上山仁 日本の旗 日本(新日本木村) 日本スーパーウェルター級王座挑戦
14 1990年2月6日 10R 判定 西澤良徳 日本の旗 日本(ヨネクラ) -
15 1990年8月20日 10R 判定 西條岳人 日本の旗 日本(サカエ) 日本ミドル級王座挑戦
16 1991年6月10日 8R 判定 李永龍 韓国の旗 韓国 ヤマトタケシに改名
17 1991年7月30日 7R KO 金昌澤 韓国の旗 韓国 -
18 1992年3月10日 6R KO 市山徹 日本の旗 日本(輪島S) -
19 1992年6月19日 10R 判定 横崎哲 日本の旗 日本(オサム) -

生涯戦績 19戦10勝(5KO)7敗2分

ボクシング時代の獲得タイトル[編集]

  • 東京都アマチュア選手権ミドル級優勝(1986年)
  • 東日本ミドル級新人王・全日本新人王(1986年)
  • 日本ミドル級王座(1988年)

出演作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
大和田正春
第38代日本ミドル級王者

1988年3月21日 - 1988年9月19日

次王者
田島吉秋