銀蝶流れ者 牝猫博奕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀蝶流れ者 牝猫博奕
Wandering Ginza Butterfly 2:
She-Cat Gambler
監督 山口和彦
脚本 松本功・山口和彦
出演者 梶芽衣子
伴淳三郎
千葉真一
音楽 津島利章
主題歌 梶芽衣子 「銀蝶渡り鳥
撮影 中島芳男
編集 長沢嘉樹
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1972年10月25日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 銀蝶渡り鳥
テンプレートを表示

銀蝶流れ者 牝猫博奕』(ぎんちょうながれもの めすねこばくち、Wandering Ginza Butterfly 2: She-Cat Gambler )は、1972年日本映画主演梶芽衣子監督山口和彦カラーシネマスコープ、86分[1]

解説[編集]

銀蝶シリーズ』の第2作で[1]、舞台は伊香保温泉銀座。東隆次は千葉真一に代わり、前作で隆次を演じた渡瀬恒彦は銀座の靴磨きカメオ出演しており、梶は主題歌をテイチクレコードからリリースしているが、テイチク所属の八代亜紀が歌手で出演している。シリーズだが、設定は引き継いでいない。

ストーリー[編集]

札師の樋口ナミは賭場で八百長の汚名を着せられ、死んだ父である鈴ヶ森の政こと政次郎の仇をうつため、各地の賭場を渡り歩いていた。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

銀蝶渡り鳥」(テイチクレコード

脚注[編集]

  1. ^ a b 銀蝶流れ者 牝猫博奕”. 作品. 日本映画製作者連盟. 2014年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]