リメインズ 美しき勇者たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リメインズ 美しき勇者つわものたち
Yellow Fangs
監督 千葉真一
脚本 佐藤繁子
製作 桜井洋三
千葉真一
石田博
出演者 真田広之
村松美香
菅原文太
音楽 大谷幸
主題歌 村松美香「リメインズ」
撮影 藤原三郎
編集 園井弘一
製作会社 松竹
サニ千葉エンタープライズ[1]
JTB
京都映画
配給 日本の旗 松竹
公開 日本の旗 1990年2月10日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億4500万円[2]
テンプレートを表示

リメインズ 美しき勇者たち』(リメインズ うつくしきつわものたち、Yellow Fangs )は、1990年日本映画監督千葉真一製作松竹サニ千葉エンタープライズ[1]JTB京都映画、主演:真田広之ジャパンアクションクラブ(JAC)創立20周年記念作品[3]カラーワイド、107分。

1915年12月に北海道苫前町三毛別(さんけべつ)で発生した三毛別羆事件を翻案したオリジナル作品である。人食いを追う若きマタギと、その熊に家族を殺された娘が、ともに戦いを挑むさまを描いたアクション作品。ヒロインを演じた村松美香が、第14回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

大正末期。とある北国の山のふもとにある村。村人たちが次々と熊に襲われ、そのうち女ばかりが食われるという事件が多発。遠く離れた山中の集落「鷹の爪」からやってきた嘉助率いるマタギ集団は、かつて鷹の爪や周辺集落を苦しめた人食い熊の個体「アカマダラ」の仕業であると確信し、雪山を追い続ける。アカマダラは地元の鉱山開発による自然破壊で食べ物を失ったことで人里に降り、人間の女の味を占めるようになった熊で、開発の広がりに応じて新たな被害が発生したのだった。

マタギの一員・鋭冶が熊を見つけ、猟銃の狙いを定めたが、猟犬を連れた若い娘が割り込み、先にとどめを刺す。熊はアカマダラとは別の個体であった。また、娘はかつてアカマダラに両親と弟を殺されて以来、消息を絶っていた鋭冶の幼なじみ・ユキだった。ユキは復讐を誓い、女が山に入ってはいけないという村の掟を破って男装し、1人でアカマダラを追い続けていた。

マタギたちが山にいる間、アカマダラはふたたび村を襲っていた。村の女たちを避難させた嘉助は、マタギ各人がそれぞれ別々の場所で1人で待ち伏せするというリスクのある作戦を敷く。鋭冶が待ち伏せする小屋にユキが来て、「自分をおとりにしろ」と告げる。アカマダラはユキのもくろみ通り鋭冶の小屋を襲った。2人は手傷を負いながら、アカマダラを槍で貫いた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

テレビ放送[編集]

本作は1992年1月17日(金曜日)に日本テレビ系列『金曜ロードショー』で初めてテレビ放送された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c クレジット表記ママ
  2. ^ 「1990年邦画3社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1991年平成3年)2月下旬号、キネマ旬報社、1991年、 144頁。
  3. ^ a b リメインズ 美しき勇者たち - 日本映画製作者連盟
  4. ^ クレジット表記ママ。村松は1985年頃にデビュー。
  5. ^ JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』ぶんか社、2010年、151頁。ISBN 4821142694 
  6. ^ リメインズ 美しき勇者たち - allcinema

外部リンク[編集]