リメインズ 美しき勇者たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リメインズ 美しき勇者たち
Yellow Fangs
監督 千葉真一
脚本 佐藤繁子
製作 桜井洋三・千葉真一・石田博
出演者 真田広之
村松美香
夏八木勲
菅原文太
音楽 大谷幸
主題歌 村松美香 「リメインズ
撮影 藤原三郎
編集 園井弘一
製作会社 松竹
サニー千葉エンタープライズ
JTB京都映画
配給 日本の旗 松竹
公開 日本の旗 1990年2月10日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億4500万円[1]
テンプレートを表示

リメインズ 美しき勇者たち』(リメインズ うつくしきつわものたち、Yellow Fangs )は、1990年日本映画監督千葉真一ジャパンアクションクラブ (JAC ) 創立20周年記念作品[2]製作松竹サニー千葉エンタープライズJTB京都映画カラーワイド、107分。ヒロインを演じた村松美香第14回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。

解説[編集]

人食いを追う若きマタギと、その人食い熊に家族を殺されて一人生き残り復讐を誓った娘が、共に戦いを挑んだ作品。映画化のベースとなった三毛別羆事件は、1915年12月北海道苫前町三毛別(さんけべつ)で発生した開拓集落が熊に襲われた実話である。千葉真一深作欣二に本作品の監督を依頼したが、深作から「創立20周年記念でもあるから、自分で演出しなよ」と逆に監督を勧められてメガホンを握ることとなり、監督第1作となった。深作は企画監修のほか、自らの助監督を貸し出したり、撮影に立ち会うなど千葉を後方支援している[3]

主演真田広之は音楽監督も担当し、ジャパンアクションクラブ (JAC ) からはヒロインに村松美香黒崎輝真矢武栗原敏らはマタギとして配役され、アクション監督金田治が起用された。クライマックスは終盤の熊との戦いだが、冬山で熊を追いかけるシーンなど、自然の美しさとスタントがコントラストになっているほか、厚さ20ミリメートルの防弾ガラスを2枚重ねにした檻の中に人間が入り、実際に熊と対峙するという緊張感あふれる撮影をしている[4]ニセコロケーション撮影されており、JTBのロケ地見学ツアーも売り出されていた。千葉真一が客、村松美香が店頭スタッフでJTBのCMも放送された。

ストーリー[編集]

時は大正末期の北国。女のみを食らう人食い熊アカマダラは、またも若い夫婦の家を襲い、夫は殺され、妻は連れ去られた。

嘉助率いる鋭冶・サブ・次郎・伍平らマタギ集団はアカマダラを追うが、巧妙に逃げられてしまう。途中、熊を射殺した女マタギのユキと遭遇する。ユキは鋭冶の幼馴染で、1年前にユキの両親と弟をアカマダラに殺された後、消息を絶っていた。アカマダラは待ち伏せをするマタギたちを気にせず、祭りの日、ふもとの村に現れる。

住民を避難させた後、嘉助はマタギ各人がそれぞれ別々の場所で待ち伏せすることにした。これはマタギ一人が襲われ、助けが間に合わないかもしれないリスクがあったが、それぞれ散らばる。鋭冶は小屋に女の匂いの付いた着物をばらまき、アカマダラをおびき寄せようとするが、そこにユキがやって来た。ユキは自分を囮にしようと言うのだ。目論み通りアカマダラはやって来て、二人の戦いが始まった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「1990年邦画3社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1991年平成3年)2月下旬号、キネマ旬報社1991年、 144頁。
  2. ^ リメインズ 美しき勇者たち”. 日本映画製作者連盟. 2011年11月13日閲覧。
  3. ^ JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』 ぶんか社2010年、151頁。ISBN 4821142694
  4. ^ 映画 リメインズ 美しき勇者たち”. 映画データベース - allcinema. 2011年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]