原菜乃華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はら なのか
原 菜乃華
生年月日 (2003-08-26) 2003年8月26日(14歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 159 cm
血液型 A型[1]
職業 子役女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2009年 -

原 菜乃華(はら なのか、2003年8月26日 - )は、日本子役女優ファッションモデル。愛称は、なのちゃん[2]

東京都出身[3]研音Next Generationに所属していた。

来歴・人物[編集]

2009年J-beansネットスカウトオーディションに合格し[4]、同事務所に所属。日本タレント名鑑では、デビュー作としてテレビ朝日タクシードライバーの推理日誌』26が記載されているが[4]TBSテレビ月曜ゴールデン浅見光彦シリーズ』(克子少女役)のほうが先に放送された。

2014年初めころ、研音に移籍。

週刊プレイボーイ』2017年1月23日号にて、2017年注目する8人「スゴカワ2017」として特集される[5]

2018年3月31日、研音Next Generation終了により事務所から離れる。

人物[編集]

  • 10歳下の妹がいる[6]
  • 特技は、泣く演技、水泳[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • ピラメキーノG(2010年、テレビ東京)
  • ピラメキーノ だるだるダルサンタナイト(2010年12月、テレビ東京)
  • ピラメキーノ(2011年、テレビ東京)
  • おはスタ(2016年4月7日 - 2017年9月29日、テレビ東京) - おはガール
  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 身の程をわきまえなさい!(2015年10月26日)
    • ハートウォーミングスカッと こんなママでかわいそう…(2016年1月25日) - 斎藤美久 役
    • 隣のゴシップ好きオンナ(2017年5月15日) - 桑原佐江 役
    • ウラオモテの激しい顧問(2017年9月11日) - 追川里香 役

映画[編集]

舞台[編集]

  • まっ透明なAsoべんきょ〜(2015年6月24日 - 28日、ザ・ポケット) - 主演・キノコ 役[11]

配信ドラマ[編集]

  • 代償(2016年11月18日 - 、Hulu) - 木崎美果 役

CM[編集]

MV[編集]

イベント[編集]

  • 研音ネクジェネ夏祭り(2014年8月31日、時事通信ホール[13]
  • 音夏祭〜研音ガールズイベント〜
    • (2015年8月1日・2日、クラブeX[14]
    • (2016年8月20日・21日、クラブeX)[15]

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原菜乃華 (2016年 4月 27日). NEW FACE GIRL 原菜乃華. インタビュアー:斉藤貴志. HUSTLE PRESS.. https://hustlepress.co.jp/hara20160427_interview/ 2018年8月12日閲覧。 
  2. ^ 原菜乃華オフィシャルブログ”. キラピチ公式サイト キラピチネット. 2017年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月14日閲覧。
  3. ^ a b 原 菜乃華 - KEN-ON Group Official Website”. 2017年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月1日閲覧。
  4. ^ a b 原菜乃華”. 日本タレント名鑑. 2014年5月31日閲覧。
  5. ^ “スゴカワ2017”. 週プレモバイル. (2017年1月10日). https://s-wpb.shueisha.co.jp/profile/detail.php?prof_id=1334&k=%E3%81%95 2017年1月10日閲覧。 
  6. ^ Next Generation 原菜乃華インタビュー”. KEN-ON Group Official Website (2014年3月13日). 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ “【注目の人物】12歳で妊娠、出産シーン…“泣ける”演技に反響が止まらない 現役おはガール・原菜乃華が「逸材」の予感”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月18日). https://mdpr.jp/interview/detail/1592534 2017年1月6日閲覧。 
  8. ^ Next Generation 原菜乃華 映画『ピラメキ子役恋ものがたり~子役に憧れるすべての親子のために~』2015年2月21日(土)公開”. 株式会社研音 (2014年12月24日). 2017年2月11日閲覧。
  9. ^ ““おはガール”原菜乃華が映画主演 酒井麻衣監督作品『はらはらなのか。』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年6月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2073253/full/ 2017年2月11日閲覧。 
  10. ^ “南沙良が「無限ファンデーション」で原菜乃華や小野花梨と共演、即興劇に挑戦”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/294233 2018年8月12日閲覧。 
  11. ^ 原菜乃華主演舞台『まっ透明なAsoべんきょ~』6月24日(水)開幕”. 研音 (2015年6月23日). 2018年8月14日閲覧。
  12. ^ The Works KEIICHI UEMURA”. 植村啓一. 2014年6月1日閲覧。
  13. ^ 研音ネクジェネ夏祭り - 川口春奈を輩出した研音Next Generationによるイベントを開催!”. 2014年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  14. ^ 「音夏祭~研音ガールズイベント~」開催決定!”. 2018年2月22日閲覧。
  15. ^ 研音の若手女優によるイベント「音夏祭 ~研音ガールズイベント~」今年も開催決定!8月20日(土)、21日(日)”. 2015年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  16. ^ 第6期マリアメイト卒業!!”. アンジュパブリッシング. 2014年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]