原菜乃華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はら なのか
原 菜乃華
生年月日 (2003-08-26) 2003年8月26日(18歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 161 cm
血液型 A型[1]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2009年 -
事務所 トライストーン・エンタテイメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
はらはらなのか。
罪の声
胸が鳴るのは君のせい
ドラマ
ナイト・ドクター
真犯人フラグ
ナンバMG5
バラエティ
おはスタ』2016年度 - 2017年度前半おはガール
テンプレートを表示

原 菜乃華(はら なのか、2003年8月26日 - )は、日本女優、元子役東京都出身[2]トライストーン・エンタテイメント所属。

来歴[編集]

2009年J-beansネットスカウトオーディションに合格し[3]、同事務所に所属。日本タレント名鑑では、デビュー作としてテレビ朝日タクシードライバーの推理日誌』26が記載されているが[3]TBSテレビ月曜ゴールデン浅見光彦シリーズ』(克子少女役)のほうが先に放送された。

2014年初めころ、研音に移籍。

週刊プレイボーイ』2017年1月23日号にて、2017年注目する8人「スゴカワ2017」として特集される[4]

2018年3月31日、研音Next Generation終了により一旦事務所から離れる。その後同年12月、トライストーン・エンタテイメントに移籍。

2022年、1700人を超えるオーディションの中から、同年11月公開予定のアニメーション映画『すずめの戸締まり』(新海誠監督)の主人公・岩戸鈴芽役に選ばれた[5]

人物[編集]

  • 10歳下の妹がいる[6]
  • 特技は、泣く演技、水泳[2]
  • 「菜乃華」という名前は祖母が命名したらしく、「菜の花」をイメージしたらしい。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • ピラメキーノG(2010年、テレビ東京)
  • ピラメキーノ だるだるダルサンタナイト(2010年12月、テレビ東京)
  • ピラメキーノ(2011年、テレビ東京)
  • おはスタ(2016年4月7日 - 2017年9月29日、テレビ東京) - おはガール
  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 身の程をわきまえなさい!(2015年10月26日)
    • ハートウォーミングスカッと こんなママでかわいそう…(2016年1月25日) - 斎藤美久 役
    • 隣のゴシップ好きオンナ(2017年5月15日) - 桑原佐江 役
    • ウラオモテの激しい顧問(2017年9月11日) - 追川里香 役

映画[編集]

舞台[編集]

  • まっ透明なAsoべんきょ〜(2015年6月24日 - 28日、ザ・ポケット) - 主演・キノコ 役[24]

配信ドラマ[編集]

  • 代償 第2話 - 第4話(2016年11月18日 - 、Hulu) - 木崎美果 役

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

MV[編集]

イベント[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 成人した克子役は藤田朋子で、結婚によりフルネームは笹倉克子となっている。克子は「高千穂伝説殺人事件」の登場人物・長田幹夫(演 - 鈴木一真)の幼少期に生き別れた妹という設定が本作では加えられている。劇中では、幼少期に両親が自殺し、その後は室口雄吾(演 - 寺田農)の養女となったことが語られる。
  2. ^ 第4話のヒロイン役で、幼少期を担当。成人した由佳役は京野ことみ

出典[編集]

  1. ^ 原菜乃華 (2016年4月27日). NEW FACE GIRL 原菜乃華. インタビュアー:斉藤貴志. HUSTLE PRESS.. https://hustlepress.co.jp/hara20160427_interview/ 2018年8月12日閲覧。 
  2. ^ a b 原 菜乃華 - KEN-ON Group Official Website”. 2017年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月1日閲覧。
  3. ^ a b 原菜乃華”. 日本タレント名鑑. 2014年5月31日閲覧。
  4. ^ “スゴカワ2017”. 週プレモバイル. (2017年1月10日). https://s-wpb.shueisha.co.jp/profile/detail.php?prof_id=1334&k=%E3%81%95 2017年1月10日閲覧。 
  5. ^ 新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』ヒロイン声優に原菜乃華を抜てき”. オリコン (2022年7月5日). 2022年7月5日閲覧。
  6. ^ Hara Nanoka 菜乃華 [@hara_nanoka_] (2015年8月30日). "原 菜乃華です❗️ はじめましての方も、そうでない方もいると思いますが、まずは 自己紹介 したいと思います‼️…". Instagramより2022年7月5日閲覧
  7. ^ “【注目の人物】12歳で妊娠、出産シーン…“泣ける”演技に反響が止まらない 現役おはガール・原菜乃華が「逸材」の予感”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月18日). https://mdpr.jp/interview/detail/1592534 2017年1月6日閲覧。 
  8. ^ “『二つの祖国』小栗旬・高良健吾・新田真剣佑、“超豪華な3兄弟”誕生”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2128638/ 2019年2月1日閲覧。 
  9. ^ 松坂慶子×杏 スペシャルドラマ「おもひでぽろぽろ」出演者決定!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年12月7日). 2020年12月11日閲覧。
  10. ^ “比嘉愛未、堀田真由、原菜乃華、三谷作品へ初出演!SPドラマ『死との約束』”. RBB TODAY (イード). (2021年2月12日). https://www.rbbtoday.com/article/2021/02/12/186228.html 2021年3月24日閲覧。 
  11. ^ 本堂絢奈役・原菜乃華さん インタビュー”. 死との約束. フジテレビ. 2021年3月24日閲覧。
  12. ^ 一ノ瀬颯、野呂佳代、櫻井海音、原菜乃華、宮世琉弥がドラマ「ナイト・ドクター」に出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年5月24日). 2021年5月24日閲覧。
  13. ^ 西島秀俊主演「真犯人フラグ」に佐野勇斗、桜井ユキ、生駒里奈ら31名出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年9月6日). 2021年9月6日閲覧。
  14. ^ 第3話ストーリー|恋の病と野郎組 Season2 - 日本テレビ
  15. ^ "宇梶剛士、ヤンキー役初挑戦「オヤジですが…」 間宮祥太朗主演『ナンバMG5』で鈴木紗理奈&原菜乃華と"家族"に". ORICON NEWS. oricon ME. 2022年3月8日. 2022年3月8日閲覧
  16. ^ 『ナンバMG5』特別編6・29放送決定 主要キャスト集結し“最終回のその後”描く”. ORICON NEWS (2022年6月21日). 2022年6月23日閲覧。
  17. ^ ドラマストリーム『村井の恋』【公式】 [@drama_streamtbs] (2022年3月11日). "🔥#村井の恋毎日投稿ッ‼️‼️🔥新ドラマ『 #村井の恋 』\追加キャスト発表第②弾📢/【村井の幼馴染み】弥生🦍役は #原菜乃華 さんッ…‼️〈以下略〉" (ツイート). Twitterより2022年3月11日閲覧
  18. ^ Next Generation 原菜乃華 映画『ピラメキ子役恋ものがたり~子役に憧れるすべての親子のために~』2015年2月21日(土)公開”. 株式会社研音 (2014年12月24日). 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月11日閲覧。
  19. ^ ““おはガール”原菜乃華が映画主演 酒井麻衣監督作品『はらはらなのか。』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年6月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2073253/full/ 2017年2月11日閲覧。 
  20. ^ “南沙良が「無限ファンデーション」で原菜乃華や小野花梨と共演、即興劇に挑戦”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/294233 2018年8月12日閲覧。 
  21. ^ “小栗旬×星野源「罪の声」の特報公開、新キャストに市川実日子、梶芽衣子、松重豊ら”. 映画ナタリー. (2020年6月24日). https://natalie.mu/eiga/news/384574 2020年7月14日閲覧。 
  22. ^ “美 少年の浮所飛貴&白石聖主演、映画「胸が鳴るのは君のせい」韓国で2月9日に公開決定…予告映像を解禁”. K-style. (2022年1月24日). https://news.kstyle.com/m/article.ksn?articleNo=2185607 2022年1月24日閲覧。 
  23. ^ 美 少年・浮所飛貴主演「胸が鳴るのは君のせい」追加キャスト発表 板垣瑞生がライバル、原菜乃華が元カノに”. モデルプレス (2021年1月14日). 2021年1月14日閲覧。
  24. ^ 原菜乃華主演舞台『まっ透明なAsoべんきょ~』6月24日(水)開幕”. 研音 (2015年6月23日). 2016年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月14日閲覧。
  25. ^ “新海誠監督の新作に原菜乃華抜てき「まだ夢なんじゃないか」映画「すずめの戸締まり」ヒロイン役”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年7月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202207040000923.html 2022年7月5日閲覧。 
  26. ^ The Works KEIICHI UEMURA”. 植村啓一. 2014年6月1日閲覧。
  27. ^ “miwa、アニメ「BORUTO」オープニング曲MVは瀬戸内舞台のドラマ仕立て”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年11月21日). https://natalie.mu/music/news/356482 2020年1月28日閲覧。 
  28. ^ 研音ネクジェネ夏祭り - 川口春奈を輩出した研音Next Generationによるイベントを開催!”. 研音. 2014年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  29. ^ 「音夏祭~研音ガールズイベント~」開催決定!”. 研音. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  30. ^ 研音若手女優のイベント「音夏祭 ~研音ガールズイベント~」8月1日、2日開催!”. 研音. 2015年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  31. ^ “福原遥ら若手女優大集合!「音夏祭~研音ガールズイベント~」開催決定”. cinemacafe.net (イード). (2016年4月27日). https://www.cinemacafe.net/article/2016/04/27/40040.html 2022年7月5日閲覧。 
  32. ^ 第6期マリアメイト卒業!!”. アンジュパブリッシング. 2014年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]