華子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
多岐川華子から転送)
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:人物の画像提供をお願いします。2017年1月
はなこ
華子
Replace this image JA.svg
華子
プロフィール
別名義 多岐川 華子(旧芸名)
愛称 華ちゃん
生年月日 1988年9月16日
現年齢 28歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 A型
公称サイズ(2016年1月[1]時点)
身長 / 体重 161 cm / 43 kg
BMI 16.6
スリーサイズ 80 - 58 - 87 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2004年
ジャンル グラビア
モデル内容 一般、水着
他の活動 女優、タレント
事務所 トライストーン・エンタテイメント
モデル: テンプレート - カテゴリ

華子(はなこ、1988年9月16日 - )は、日本女優タレントグラビアアイドル本名、大内 華子(おおうち はなこ)[注 1][要出典]。旧芸名、多岐川 華子(たきがわ はなこ)。

神奈川県出身。堀越高等学校卒業[2]トライストーン・エンタテイメント所属。母は女優の多岐川裕美、父は元俳優でアクターズプロモーション元社長の阿知波信介[注 2]

略歴[編集]

女優の多岐川裕美を母に持ち、「世間知らずのお嬢様」として裕福に育つ[3][4]。両親の影響から、幼い頃から芸能界を志し、14歳の時、「母のようにチヤホヤされたい」との憧れから芸能界入りを志して、猛反対する母に内緒で10社以上の芸能事務所に履歴書を送りオーディションを受けるものの全滅、気づいた母の紹介により芸能事務所に所属する。芸能界入りからわずか3ヶ月後の2004年、15歳の時に寿がきやのコマーシャルに出演、芸能活動を開始する[3][5][4]

2005年には、写真集『Girl Friend』でグラビアデビューを飾り、母親譲りの清楚なルックスで注目を浴びた。以後、『sabra』等の雑誌グラビアやロッテSANKYOなどのテレビコマーシャルで活躍、2006年には、『旅の贈りもの 0:00発』で映画初主演を努め、女優としても活動を開始。また、バラエティ番組では、天然ボケを交えたユニークなキャラクターで注目を浴び、『踊る!さんま御殿!!』など人気番組にも数多く出演、バラエティータレントとしても活動する。

しかし、私生活での2012年10月の仁科克基とのスピード離婚の後、離婚の話をするバラエティ番組への出演を断り続けたことで仕事が激減する[3][5][6]2013年3月、『志村けんの激ウマ列島』(テレビ朝日)に出演する。この番組を機に志村ファミリーに加入。[要出典]過食症となって体重も10kg増加し、2015年の夏頃には一時芸能活動を辞めようと決意するものの、「やっとスタート地点に立ったのに、努力もしないで、また逃げるの?」と母に諭されて一念発起し、「自分を変えよう」と生まれて初めて不動産会社での事務のアルバイトも経験する[3][5][6]

サンミュージックブレーンからサンミュージックプロダクションを経て、2016年4月より母・多岐川裕美が所属するトライストーン・エンタテイメントへ事務所を移籍。母の名を借りず「ゼロからスタート」の意を込めて、同時に芸名を多岐川華子から華子へと改名する[7][2][5][6][4]

私生活[編集]

2010年1月に交際を公表[8]していた俳優の仁科克基[注 3]と同年10月6日に婚約を発表[9]。翌2011年1月11日に婚姻届を提出し結婚[10][注 4]、1月21日にグアムで挙式した[11]

結婚当初から性格の不一致を感じており、結婚後1年足らずの2011年末に些細な喧嘩をきっかけに双方の不満が衝突し、華子が家を出て別居[12]。2012年7月に離婚に向けて協議中の旨が報道され[13]、同年10月22日に離婚届を提出して正式に離婚[14][15]。この離婚は、仁科が、7月2日早朝、華子に「おはよう」とメールを送ったことに対して、「離婚したい」と返信したことが発端となっている[16]と報じられたが、華子は「それは違うんですよ」「メールではないんです」と否定[17]。後に2014年に仁科がTBS系『嵐を呼ぶあぶない熟女』に出演した際には、仁科のキャバクラ通いが離婚の原因であるとされた[18]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

紀行番組[編集]

CM[編集]

スチール[編集]

  • 建設業年度末労働災害防止強調月間 ポスター(2006年3月)

その他[編集]

  • SOLATOイメージガール(2008年)

作品[編集]

写真集[編集]

  1. Girl Friend(2005年1月22日、ワニマガジン社、撮影:矢西誠二)ISBN 978-4898297865
  2. 夢翔女(2005年9月、音楽専科社、撮影:HashimotoMasashi)ISBN 978-4872791952
  3. はな。(2008年8月21日、ワニブックス、撮影:渡辺達生ISBN 978-4847041167

DVD[編集]

  1. Love and Light〜ラブ アンド ライト〜(2005年、ネオプレックス)
  2. Pure Eyes(2005年、音楽専科社)
  3. プリズム(2006年、リバプール)
  4. 華やかな瞬間(2008年、フォーサイド・ドット・コム)
  5. ハナ。(2008年、ワニブックス)

カレンダー[編集]

  1. 多岐川華子 2006年 カレンダー (2005年10月3日) エトワール(株式会社ハゴロモ) ISBN 978-4777420612
  2. 多岐川華子 2009年 カレンダー (2008年10月6日) エトワール(株式会社ハゴロモ) ASIN B001ESSN8S

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2010年から2012年までの姓は、仁科(にしな)。出生から1997年までの姓は、阿知波(あちは)。
  2. ^ 両親は1997年に離婚、両親の離婚後は母親の裕美の元で育った。
  3. ^ 俳優・松方弘樹と女優・仁科亜季子の長男。
  4. ^ 仁科亜季子は姑、仁科仁美は小姑、岩井友見仁科幸子は義理の叔母、十代目岩井半四郎は義祖父となった。

出典[編集]

  1. ^ 多岐川 華子”. タレントリスト. サンミュージックプロダクション. 2016年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月19日閲覧。
  2. ^ a b “多岐川華子が心機一転「華子」に改名、「本気で頑張ります」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年4月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/05/kiji/K20160405012348620.html 2016年5月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d ““親の顔に泥塗った二世タレント”時給1150円でバイト生活「世間知らずは恥をかく」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年12月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/12/kiji/K20161212013897310.html 2016年12月14日閲覧。 
  4. ^ a b c テレビ朝日しくじり先生 俺みたいになるな!!』 2016年12月12日放送分より
  5. ^ a b c d “華子 過食症で10kg増…失意の引退止めた母・多岐川裕美の言葉”. 女性自身 (光文社). (2016年12月13日). http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/26834 2016年12月14日閲覧。 
  6. ^ a b c “多岐川裕美の長女・華子、スピード離婚後の現在は「週5」でバイト”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年12月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161212-OHT1T50230.html 2016年12月14日閲覧。 
  7. ^ 2016年4月5日の発言
  8. ^ “多岐川華子も交際宣言! 「一生この人を支えていきたい」と結婚意識”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年1月15日). http://www.oricon.co.jp/news/72486/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  9. ^ “多岐川華子、指輪輝かせ婚約報告会見 仁科克基はブログで婚約報告”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年10月6日). http://www.oricon.co.jp/news/80772/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  10. ^ ““2世カップル”仁科克基・多岐川華子が入籍”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年1月11日). http://www.oricon.co.jp/news/83795/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  11. ^ “『with』独占取材!多岐川華子「結婚に母は反対していた」” (プレスリリース), 講談社, (2011年2月28日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000001719.html 2016年5月19日閲覧。 
  12. ^ “大物芸能人“2世夫婦”がスピード離婚"!仁科克基&多岐川華子”. ZAKZAK (産経デジタル). (2012年7月24日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120724/enn1207241124006-n1.htm 2016年5月20日閲覧。 
  13. ^ ““2世カップル”仁科克基&多岐川華子 わずか1年半スピード離婚へ”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年7月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2014749/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  14. ^ 仁科克基&多岐川華子 離婚成立 デイリースポーツonline
  15. ^ ““仁科克基&多岐川華子が離婚届提出 “2世カップル”1年9ヶ月でピリオド”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年10月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2018043/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  16. ^ 仁科克基、離婚は突然メールでと明かすDAILY SPORTS ONLINE2012年11月18日配信(配信日に閲覧))
  17. ^ “多岐川華子、“メールで離婚”を全面否定”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2018937/full/ 2016年5月19日閲覧。 
  18. ^ “仁科克基、元妻の多岐川華子と「再婚したい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年4月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2036732/full/ 2016年5月20日閲覧。 
  19. ^ 『愛の…』”. 片岡鶴太郎日記 (2006年1月28日). 2011年5月21日閲覧。
  20. ^ 多岐川裕美の娘・華子が“世間知らずしくじり”を告白Smartザテレビジョン,2016年12月5日閲覧

外部リンク[編集]