TOMORO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOMORO
出生名 向井朋郎
出身地 日本の旗 日本北海道小樽市
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー実業家
レーベル 日本クラウン
事務所 TOMOlution
公式サイト http://tomoro-japan.net/

TOMORO[1](トモロウ)は、北海道小樽市生まれ、神奈川県横浜市出身の実業家ラッパータレントモデル。映像制作会社、広告代理店、飲食店の経営・プロデュース業を手がけているとする。[2][3]六本木ヒルズ在住[4]

TOMOROは音楽レーベル「tomolution entertainment system」のオーナー、プロデューサーである傍ら、明日花キララ及びSAYALAを歌手として輩出した[5][6]

2012年にクラウンレコードよりメジャーデビュー[7]

略歴[編集]

小樽出身で中学校の時に横浜市に家族で引っ越した。横浜高校に進学し、野球部に入部したが同期には涌井秀章がおり、高校1年で勝負にならないことを思い知らされ[8]、挫折して退部した。その後、高校在学中より横浜駅西口近辺にて洋服の転売を仲間とともに始めた。また、TOMOROはこの頃よりクラブでラッパーとしての活動も始めた[2]

その後は勉強に集中し、TOMOROの話によると偏差値を30くらいから63まで上げたという[9]。建築デザインの分野で優れている芝浦工業大学の建築工学科に進学した[2]。大学時代はフリーペーパーのページデザインなどでお金を稼ぎ、10代のときに作った曲を集めたアルバムをリリース、売上は1000枚だった[10]

2009年4月[11]、21歳の時に映像制作会社を起業した[10]

六本木ヒルズに史上最年少で事務所を設立し[1][12]、TOMOROもその後、音楽活動と並行した飲食店の立ち上げやプロデュース事業を行った[10]

2011年3月31日、横浜BLITZで開催された東日本大震災チャリティーイベントの呼びかけ人を務めた[13]

2014年3月、TOMOROはMay J.とのコラボレーションした新曲のミュージックビデオに加藤夏希を出演させ、「PARTY OUT feat. May J. / with 加藤夏希」というタイトルでリリースする[1][14]

2015年2月、インドネシアバリ島でライブツアーを開催[1][15]

2015年2月には明日花キララとのコラボレーションした新曲をiTunes Store限定で配信リリースする[4][5]

2016年、明日花キララのソロシンガーデビュー曲「愛してるよ」[6]を作詞、作曲、プロデュースし、UULAランキングにおいて初登場1位を獲得した[1]

映画「新宿スワン2」への衣装協力[1]

2016年11月、「日本の文化や伝統を学びたい」と思い、日本舞踊(青柳流)を習得し「黒田節」で初舞台を踏んだ[1]

2018年1月9日、TOMOROは東京都港区内の飲食店の経営権をめぐってトラブルになった知人に対し、出資金数千万円の返還を求めて脅すなどしたとして警視庁麻布署により逮捕された。[16]

人物[編集]

ソ連軍から脱北したカラフト島民子孫で[11]、愛称は「朋ちゃん」。主に六本木ロサンゼルス、横浜で活動している[11]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. LOVEドッきゅん♥2♥feat. club Prince〜六本木PARTY★SONG〜(2012年8月1日)
  2. PARTY MAKER feat. HI-D(2013年9月11日)
  3. ちゃっぴー(2013年10月2日)
  4. PARTY OUT feat. May J.(2013年11月13日)
  5. HEIWA(2013年11月21日)
  6. 二人愛 feat. SAYALA(2013年12月18日)
  7. BEAUTIFUL SUNNY SUNDAY!!(2014年8月27日)
  8. LOVE MY HOOD feat. 明日花キララ(2015年2月18日)
  9. ROPPONGI DREAM 〜W REMIX〜 feat. 加弥乃(AKB48)、梅本静香多岐川華子桜のどか(仮面女子)、岸明日香森下悠里(2015年12月12日)映画『W〜二つの顔を持つ女たち〜』エンディング主題歌

参加作品

  1. 元気玉 -GENKIDAMA THE BEST vol.1-「Hava your style / TOMORO」(2013年7月3日)
  2. 伏岡嘉則「ENCHANT DANCE feat. TOMORO」(2013年7月20日)
  3. 元気玉 -GENKIDAMA THE BEST vol.2-「二人愛 feat. SAYALA / TOMORO」(2014年6月4日)
  4. DJ SHIMA☆YURI J-POP MIX CD「 STAND UPP JAPAN!! / TOMORO」(2014年6月25日)
  5. LGYankees「六本木交差点 with TOMORO」(2016年2月10日)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g TOMORO公式ホームページ.tomolution entertainment system.2017年5月6日閲覧
  2. ^ a b c “「二人愛 feat. SAYALA」インタビュー 1/3”. 音楽ナタリー. ナターシャ. http://natalie.mu/music/pp/tomoro 2015年4月30日閲覧。 
  3. ^ “「なんでんかんでん」川原社長 投資のためにパラパラ挑戦”. スポーツニッポン. (2012年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/28/kiji/K20120728003775970.html 2015年4月30日閲覧。 
  4. ^ a b “カリスマプロデューサーTOMORO、セクシー女優の明日花キララと電撃コラボ”. 夕刊フジ (産業経済新聞社). (2015年2月2日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150202/enn1502021540018-n1.htm 2015年6月14日閲覧。 
  5. ^ a b “TOMORO、新曲で明日花キララとコラボ”. 音楽ナタリー. ナターシャ. (2015年2月11日). http://natalie.mu/music/news/138301 2015年4月30日閲覧。 
  6. ^ a b 明日花キララが“六本木のカリスマ”プロデュースでソロデビュー 音楽ナタリー.ターシャ.(2016年1月13日) 2017年5月6日閲覧。
  7. ^ お友だちがデビュー!”. 桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ!! (2012年8月2日). 2012年8月25日閲覧。
  8. ^ “日本橋の清掃キャラ「満月マン」に大騒動! 「中の人」が正体明かして「マスコミ取材に怒りの反論」”. 現代ビジネス. (2014年10月2日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40619?page=2 2015年4月30日閲覧。 
  9. ^ “「二人愛 feat. SAYALA」インタビュー 1/3”. 音楽ナタリー. ナターシャ. http://natalie.mu/music/pp/tomoro 2015年5月10日閲覧。 
  10. ^ a b c “「二人愛 feat. SAYALA」インタビュー 2/3”. 音楽ナタリー. ナターシャ. http://natalie.mu/music/pp/tomoro/page/2 2015年4月30日閲覧。 
  11. ^ a b c TOMORO”. チューンコアジャパン. 2015年4月30日閲覧。
  12. ^ [1]W二つの顔を持つ女たち(2015年12月)2017年5月7日閲覧
  13. ^ “横浜BLITZでチャリティーライブ-ヒップホップやダンスで復興支援”. 横浜経済新聞. (2011年3月28日). http://www.hamakei.com/headline/5970/ 2015年6月14日閲覧。 
  14. ^ TOMORO、May J.とのコラボ曲PVに加藤夏希出演音楽ナタリー.ナターシャ.(2014年3月5日)2017年5月6日閲覧
  15. ^ [2]TOMORO OFFICIAL WEB SITE リリースライブ情報(2015年2月21日)2017年5月7日閲覧
  16. ^ 自称“六本木のカリスマ”「TOMORO」容疑者を逮捕 出資金返済求め知人脅した疑い産経ニュース(2018年1月10日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]