コンテンツにスキップ

阿知波信介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あちは しんすけ
阿知波 信介
本名 阿知波 信雄
生年月日 (1940-03-21) 1940年3月21日
没年月日 (2007-05-04) 2007年5月4日(67歳没)
出生地 日本の旗 日本島根県益田市
死没地 日本の旗 日本鹿児島県霧島市
職業 俳優芸能プロモーター
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 多岐川裕美1984年 - 1997年
著名な家族 多岐川華子(長女)
主な作品
テレビドラマ
ウルトラセブン
テンプレートを表示

阿知波 信介(あちは しんすけ、1940年3月21日 - 2007年5月4日[1])は、日本俳優芸能プロモーター。本名、阿知波 信雄(あちは のぶお)。元妻は女優多岐川裕美、娘はタレント多岐川華子。元娘婿は俳優の仁科克基(俳優の松方弘樹と女優の仁科亜希子の息子)。

島根県益田市出身[2]島根県立益田高校卒業。明治大学政治経済学部卒業[2]

俳優活動の後マネージャーへ転身、田中プロモーション副社長、アクターズプロモーション副社長、兼アクターズエージェンシー社長を務めた。

来歴・人物

[編集]

元々は司会者志望で、大学卒業後に同郷である漫談家徳川夢声に弟子入りを希望したが、徳川の勧めでテレビタレントセンターに所属[2]。この間、美容研究家である竹腰美代子の体操の門下生となり、竹腰のリサイタルに出演する[2]

日本テレビテレビドラマ『夫婦百景』や、東宝映画太平洋奇跡の作戦 キスカ』などの出演を経て、1965年11月より開始した子供向け番組『おはよう!こどもショー』に体操のお兄さんとしてレギュラー出演。当時の紹介記事では「個性がそのまま出るので、この番組出演を機会に大きく飛躍したい」と述べている[2]

1967年円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマウルトラセブン』のソガ隊員役で活躍するが、それ以降俳優として大成することはなく、俳優業を引退した。それでも、岡本喜八作品には端役ながら6作品に出演しており、『ウルトラセブン』ともども、ありしの日の姿をDVDなどで見ることのできる機会は多い。

三船プロダクションに入り、新人女優の多岐川裕美のマネージャーとなる。その後多岐川と結婚。同社から田中プロモーションが分裂した際に行動を共にし、さらに再分裂した際は竜雷太を社長に担いで秋野暢子、多岐川らとアクターズプロモーションを設立した。1988年、多岐川との間に娘・華子が生まれるが、1997年に離婚。多岐川とは結婚後、所属事務所であるアクターズプロモーションの副社長と所属女優という間柄になり、離婚後もこの関係は続いた。

2007年5月2日から行方不明となり、2日後の5月4日に鹿児島県霧島市犬飼滝で遺体で発見された。67歳没。鹿児島県警は状況から自殺と断定した。2004年脳梗塞により入院、死去する前の数年は高血圧に悩まされていたという[3][4]。アクターズプロモーションは同月、破産申請。負債総額は5億とも言われる。

エピソード

[編集]

出演作品

[編集]

映画

[編集]

テレビドラマ

[編集]

バラエティ

[編集]

プロデュース作品

[編集]

阿知波信介(に該当する役)を演じた俳優

[編集]
テレビドラマ

出典

[編集]
  1. ^ アクターズプロモーション社長の阿知波信介さん死去」『asahi.com』2007年5月7日。2009年8月4日閲覧。オリジナルの2016年6月5日時点におけるアーカイブ。
  2. ^ a b c d e f g 『福島民報』1965年11月14日付朝刊、11面。
  3. ^ 自殺か、阿知波信介氏が死去」『産経新聞 ENAK』2007年5月7日。2009年8月4日閲覧。
  4. ^ 芸能プロ社長・阿知波信介氏が自殺…多岐川裕美の元夫」『ZAKZAK』2007年5月7日。2009年8月4日閲覧。オリジナルの2017年7月4日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ ウルトラセブンイズム 2002, p. 78.
  6. ^ a b c 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」
  7. ^ ウルトラセブンイズム 2002, p. 60, 「CAST INTERVIEW 阿知波信介」.

参考文献

[編集]
  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『ウルトラセブンイズム』辰巳出版〈タツミムック〉、2002年11月15日。ISBN 4-88641-779-5 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]