八木早希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やぎ さき
八木 早希
プロフィール
本名 井上 早希
愛称 やぎさき、さきっぺ、やぎちゃん
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ
日本の旗 日本 大阪府大阪市阿倍野区育ち
生年月日 (1978-11-28) 1978年11月28日(38歳)
血液型 B型
最終学歴 同志社大学文学部英文科
職歴 毎日放送(2001年 - 2011年)
三桂(2011年 - 2014年)
活動期間 2001年 - 現在
ジャンル 情報バラエティ番組報道番組
配偶者 開業医
公式サイト 八木早希公式サイト
出演番組・活動
現在 たかじん胸いっぱい』(関西テレビ
過去

ちちんぷいぷい
チョアヨ!韓国

NEWS ZERO』金曜日(日本テレビ)など
その他 韓国観光名誉広報大使(2006年12月より)
近畿大学特別講師、四條畷学園短期大学客員教授(2011年度より)

八木 早希(やぎ さき(本名:井上 早希 いのうえ さき、旧姓:八木)、1978年11月28日 - )は、フリーアナウンサー。元・毎日放送(MBS)アナウンサー

来歴[編集]

アメリカ合衆国生まれの大阪市阿倍野区育ち。身長167cmで、血液型はB型。左利き。

6歳まではロサンゼルス、小学4年生から6年生まで韓国で生活し、高校2年秋から3年夏休みの約1年間はアメリカ・シアトルに留学する。英検1級取得に加え、韓国語も堪能なトライリンガル(日本語・英語・韓国語)である。

大阪府立住吉高等学校から同志社大学文学部英文科へ進学。学生時代には、アナウンサーを養成する生田教室に通いつつ、朝日放送でアルバイトを経験した。

大学卒業後の2001年4月1日、アナウンサーとして毎日放送へ入社。同期入社のアナウンサーに、山中真小野陶子(2006年末に退社)、仙田和吉ラジオ日本から中途採用扱いで移籍)がいる。入社後は、MBSテレビ平日午後の情報番組『ちちんぷいぷい』で長らくアシスタントを務めるなど、情報・音楽系の番組を中心に幅広く活動。2006年には、JNNJRN系列各局の優秀なアナウンサーに与えられるアノンシスト賞(2006年度ラジオ「フリートーク」部門)を受賞した。自身がパーソナリティを務めたMBSラジオの番組『チョアヨ!韓国』でのトークが評価されたことによる。

2011年3月31日付で毎日放送を退職した[1]後に、翌4月1日からフリーアナウンサーとしての活動を始める。通常は地元・関西を中心に活動しているが、転身初日から2014年3月28日まで『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の金曜日でキャスターを担当するなど、東京での活動機会も少なくない。

フリーアナウンサーへの転身後は、東京に本社を置く芸能事務所・三桂に所属してきたが、2014年4月末で同社とのマネジメント契約を解除。翌5月からは、「Blossom Out」という事務所および、同名の個人サイトを開設している。

プライベートでは、毎日放送アナウンサー時代の2007年5月に、当時大学病院へ勤務していた整形外科医(後に独立・開業)と結婚[2]。結婚10年目の2016年4月11日に第1子の妊娠(6か月)を公表[3]すると、7月2日には、フリーアナウンサー転身後から司会を務める『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)の中で産前産後休暇に入ることを発表した[2][4]。なお、7月31日に第1子の男児を出産[5]。10月からは、育児と並行させながら、フリーアナウンサーなどの活動を再開している。

人物[編集]

毎日放送への入社後に母校の同志社大学で講演したことが縁で、大学の後輩・井上雅雄に対して、「毎日放送でスポーツアナウンサーを募集しているから、実際にスポーツしている人たちからもアナウンサー試験を受けてみたら?」とアナウンサー職への挑戦を勧めた。井上は大学を卒業した2003年に同局へ入社。主にスポーツアナウンサーとして活動している。

毎日放送のアナウンサー時代には、担当番組の取材・収録で、韓国を100回以上訪問(パーソナリティを務めていたMBSラジオMBSたびぐみ とっておき旅ラジオ』での発言より)。2006年12月3日には、韓国観光公社が新たに創設した「韓国観光名誉広報大使」に任命される(任期は2年間)。2008年6月には、 第1回ソウル観光大賞「最優秀ジャーナリスト賞」を受賞した。また、トライリンガルとして、出演番組で英語・韓国語の通訳や外国人俳優・アーティストへのインタビュアーを務めることが多かった。アナウンサーとしてのデビューがやしきたかじん冠番組たかじんONE MAN』(MBSテレビ)のアメリカ取材であったのも、通訳を兼ねて取材に同行したことによる。なお、結婚の際にはたかじんへ相談。たかじんはこの結婚に際して、仲人と結婚式のプロデュースを務めた。この結婚式の模様は、“たかじんプロデュース”の一環として、後日同番組で放送されている。

2004年10月13日からは、MBSテレビ制作・TBS系列のクイズ番組『クイズ!家族でGO!!』で、三宅裕司のアシスタントとして全国ネットの番組にデビュー。番組がわずか3か月で終了した後も、『お笑いLIVE10!』(TBS制作)における近畿地区(主に大阪)からの生中継や、MBS制作の『知っとこ!』における生中継(2010年3月27日放送分)でリポーターとして全国ネット番組に登場していた。その一方で、2004年12月18日には『ナンボDEなんぼ』、2005年6月4日には『たかじん胸いっぱい』(『胸いっぱいサミット!』の母体に当たるたかじんの冠番組、いずれも関西テレビ制作)に、それぞれゲストで出演している。

2008年10月17日には、『チョアヨ!韓国』の番組本を出版。同月19日には、ジュンク堂の三宮店と大阪本店で、サイン会を実施した。サイン会は2009年にも開かれている。また、同番組放送中の2006年4月からは、MBSラジオがポッドキャスト向けに配信する韓国語講座の講師も担当。番組終了後も、「チャムケンチャナヨ!韓国語」とタイトルを改めながら、2011年3月の退職まで続けた。

2009年1月23日、『ちちんぷいぷい』金曜日の総合司会であった先輩アナウンサー・西靖がインフルエンザで出演できなかったため、女性アナウンサーとして同番組で初めての総合司会を務めた。

毎日放送のアナウンサーとして最後に出演した番組は、同期入社の山中とともに木曜日のパーソナリティを務めていた『MBSたびぐみ とっておき旅ラジオ』の2010年度最終回(同年3月24日)。なお同局では、10年間の勤務の末に退職した八木を、今後「名誉職員」として扱うという[6]

毎日放送を退職した翌日(2011年4月1日)から2014年3月28日までは、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の金曜日でスタジオ進行キャスターを担当(2012年7月から2013年3月まではサブキャスターに一旦昇格[7])。その後は、全国向けに放送する他のテレビ番組でも、MCや進行役を務めるようになった。ただし、毎日放送からの退職を機に前述の『たかじん胸いっぱい』でもレギュラー出演を始めたことを皮切りに、在阪局で複数のレギュラー番組を抱えている。

主な出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ

第1子の出産を間近に控えた2016年7月から産前産後休暇に入ったため、『胸いっぱいサミット』を7月から9月まで、『ぐるっと関西おひるまえ』を7月8日から9月30日まで休演[8]。出産後の同年10月から、両番組への出演を再開している[9]

ラジオ
連載
  • 幻冬舎GINGER』「30才美容委員会」(2013年4月 - )
  • 産経新聞関西版夕刊「女子的 トライアングル」(2014年4月 - 、3週に1回のペースでコラムを執筆)
その他

以下は、MBSアナウンサー時代に出演していた『ちちんぷいぷい』など、MBSテレビの関西ローカル番組内を中心に放送。

  • NTT DoCoMoインフォマーシャル「スマホ大使」(2011年11月 - )当初は「フリーアナウンサー」の肩書も出していた。2013年からは、関西テレビの関西ローカル向けバージョンも放送中。
  • ネイチャーラボ「トゥビーホワイト」インフォマーシャル(2013年1月 - )
  • パナソニック「食器洗浄機」インフォマーシャル(2014年10月 - )[12]

過去[編集]

MBS時代[編集]

テレビ
ラジオ
  • MBSたびぐみ とっておき旅ラジオパーソナリティ(ナイターオフ番組、2009年度は火曜日、2010年度は木曜日担当)
    • 毎日放送へ入社後初めて、同期の山中と2人だけで担当したレギュラー番組。同局での最終出演番組でもあった。
    • フリーアナウンサー転身後の2011年12月17日には、山中がパーソナリティを務める土曜版にゲストとして出演。
  • MBSヤングタウン日曜日 (2008年夏頃から不定期で出演)
  • MBSニュース(不定期)
  • e-NITE WEST (2001年10月 - 2002年3月)
  • 健康コミュニケーション (日曜 9時 - 9時15分 2003年4月 - 2006年9月)
  • 上野誠の万葉歌ごよみ (土曜 5時15分 - 5時30分、2006年8月 - 2008年3月)
  • MBSサウンドキングダム (水曜 22時 - 27時、2008年4月 - 2009年3月)
  • チョアヨ!韓国 (日曜 25時 - 25時30分、2004年10月 - 2009年3月)
  • MBSニュース最終便 (金曜)当時のキャスター・吉竹史の代役として出演
  • MBSうたぐみ Smile×Songs (2006年4月6日- 2010年9月27日 月曜22時 - 24時30分、番組開始からパーソナリティを担当)
    • 開始から半年は、火曜パーソナリティも務めていた。
  • 毎日カルチャースペシャル ラジオウォーク
    • 第21回 (2002年2月11日)
    • 第25回 (2006年2月11日)
    • 韓国・慶州ウォーク〜新羅千年の都は今〜 (2006年5月21日)
    • 第26回 (2007年2月12日)
    • 第27回 (2008年2月11日)
    • 第29回 (2010年2月11日)初めて総合司会を担当
    • 第30回 (2011年2月11日)フリーアナウンサーに転身するため、この回の総合司会をもって番組を卒業。

フリー転向後[編集]

テレビ
ラジオ

著書[編集]

  • 八木早希のチョアヨ!旅する韓国語(2008年10月17日、アルクISBN 978-4-7574-1466-2
    • 出版後に2度、書店でサイン会を実施した(前述)。
  • マニアックソウル〜古家正亨&八木早希のソウルよくばり散歩(2010年11月10日、ソウル特別市)非売品
    • 日本語版の公式観光ガイドブックで、毎日放送時代のポッドキャスト配信コンテンツ「チャムケンチャナヨ!韓国語」で共演した古家正亨との共著。
  • 八木早希のシンナヨ!ふれあう韓国語(2011年7月15日、アルク)ISBN 978-4757419995
    • フリーアナウンサー転身後初の著書で、『八木早希のチョアヨ!旅する韓国語』の続編。
  • 八木早希韓国ガイド 暮らすように旅するソウル(2011年11月27日、ワニブックスISBN 978-4847090257
  • 誰とでも自然と親しくなれる30のルール(2012年2月17日、朝日新聞出版ISBN 978-4022509437

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八木早希さん:来春退社へ 毎日放送人気アナ(毎日.jp 2010年11月25日付)
  2. ^ a b “八木早希アナ 産休入りを報告「秋ごろに復帰できれば」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/02/kiji/K20160702012888320.html 2016年7月2日閲覧。 
  3. ^ “八木早希アナが第1子妊娠 つわりなく「親孝行な子」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年4月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/12/kiji/K20160412012388750.html 2016年4月12日閲覧。 
  4. ^ “八木早希アナ産休へ、川田裕美が『胸いっぱい』ファミリーに新加入”. ORICON STYLE. (2016年7月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2074367/full/ 2016年7月1日閲覧。 
  5. ^ “元MBS八木早希アナ 第1子男児出産!結婚10年目で待望ママに”. スポニチアネックス. (2016年8月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/02/kiji/K20160802013081680.html 2016年8月2日閲覧。 
  6. ^ 10年間ありがとうございました(毎日放送時代の公式ブログ「What-chama-Call-it?」2011年3月31日付の最終更新分より)
  7. ^ 2012年3月に金曜日サブキャスター(および月 - 木曜日スタジオ進行キャスター)だった松尾英里子が日本テレビ寿退職に伴い降板。月 - 木曜日サブキャスターの鈴江奈々が金曜日も担当することとなったが、鈴江は日曜日に『真相報道 バンキシャ!』も担当していたことから金曜日出演は暫定措置だったようで、日本テレビ入社2年目の徳島えりかを使える目処がたった同年7月からは鈴江に替わって徳島が金曜日スタジオ進行キャスターとして加入し、八木はサブキャスターへ。2013年4月からは出産を控えた鈴江に替わって右松健太がサブキャスターとして月曜日から金曜日まで担当することになり、八木はスタジオ進行キャスターに戻った(徳島は降板)。しかし、2014年4月1日から久野静香(いずれも日本テレビアナウンサー)を金曜日の進行キャスターに起用することが決まったため、八木は同月3月28日放送分で降板した。
  8. ^ 八木早希アナ 産休入りを報告「秋ごろに復帰できれば(『スポーツニッポン2016年7月2日付記事)
  9. ^ 八木早希アナ 産休から復帰 12キロ増も2カ月で元に戻る(『スポーツニッポン』2016年10月6日付記事)
  10. ^ 第79回〜第90回(最終回)。スペシャル「四国霊場開創1200年 鉄道遍路旅」(前編:2014年7月13日/後編:2014年11月2日)、「京都気ままに途中下車」(2015年3月8日)、「世界遺産エクスプレス」(2015年7月19日)、「九州縦断世界遺産の旅」(2015年10月4日)では旅人として出演している。
  11. ^ あべのマーケットパーク キューズモール公式Twitter・2011年5月13日のツイートより。同施設のある阿倍野区出身という縁で、同施設が営業を開始した同年4月26日には、オープニングセレモニーやAHN MIKAトークショーの司会も務めた。
  12. ^ 八木早希オフィシャルブログ2014年10月20日付記事「Panasonic」より。
  13. ^ フリーアナの八木早希&梅田淳、NHKでドラマ初出演&初共演(『ORICON STYLE2016年11月18日付記事)

外部リンク[編集]