第1回大阪マラソン〜OSAKA MARATHON 2011〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
大阪マラソン 2011

第1回大阪マラソン~OSAKA MARATHON 2011~2011年10月30日(日曜日)に開催された第1回目の大阪マラソンである。出場募集は2011年2月15日に開始し、即日にエントリー数が3万人を超えた。

募集要項[編集]

大会名称
  • 日本語: 第1回大阪マラソン~OSAKA MARATHON 2011~[1]
  • 英語: Osaka Marathon 2011
開催日時
大阪マラソン EXPO2011

ランナーの受付と同時に開催するイベント。スポーツメーカーなどが出展するイベントブースや展示即売会、府内市町村などが出展する観光ブース、大阪の食を紹介するコーナーなどを設置する。

  • 日時: 2011年10月28日(金曜日)から29日(土曜日) 11:00から20:00
  • 場所: インテックス大阪 1・2・3号館
開催時間
  • 08:55 車椅子スタート
  • 09:00 フルマラソン・チャレンジランスタート
  • 10:50 チャレンジラン終了
  • 16:00 フルマラソン終了
コース
参加料、定員、制限時間など
種目 申し込み方法 カテゴリー 定員 制限時間 参加料※1
フルマラソン 個人 登録
一般
車椅子
28,000人 7時間 10,500円(国内)
12,500円(国外)
グループ 一般 10万円※2
チャレンジラン 個人 一般 2,000人 1時間50分 5,500円(国内)
6,500円(国外)
登録…日本陸上競技連盟登録競技者、一般…日本陸上競技連盟未登録者等。
※1500円のチャリティー込。※2グループチャリティー(3,500円)と人数分のオリジナルグッズ費用込。
表彰
  • 男女各1~8位
  • 年代別5歳刻みの男女各1~3位(上記の表彰者を除く)
  • 車椅子は男女各1~8位
  • チャレンジランの表彰はなし
参加資格
  • マラソン
いずれも1993年4月1日以前に生まれた者で、一般・登録部門はフルマラソンを6時間30分以内に完走できる男女。車椅子部門はレース仕様車で2時間20分以内に完走できる男女計30人。
  • チャレンジラン(8.8km)
1996年4月1日以前に生まれ、1時間20分以内に完走できる男女。

エントリー結果[編集]

エントリー数は171,744人で倍率は5.5倍。最高齢は96歳だった。[2]

年代別エントリー数
年代 マラソン チャレンジラン
18歳未満 --- 243
18歳~29歳 25,378 2,566
30代 50,300 5,463
40代 45,102 5,012
50代 22,182 2,220
60代 8,814 952
70代 1,356 235
80代 55 18
90歳以上 2 0
年齢不明 237 79
日本国外 1,396 134
154,822 16,922
合計 171,744
都道府県別エントリー数
順位 都道府県 エントリー数 順位 都道府県 エントリー数 順位 都道府県 エントリー数 順位 都道府県 エントリー数
1 大阪府 72,046 13 広島県 2,007 25 富山県 855 37 大分県 331
2 兵庫県 16,610 14 徳島県 2,000 26 石川県 822 38 長崎県 311
3 東京都 15,446 15 三重県 1,856 27 山口県 804 39 福島県 290
4 京都府 6,868 16 静岡県 1,750 28 栃木県 550 高知県
5 神奈川県 6,415 17 岡山県 1,724 29 群馬県 528 41 山形県 277
6 奈良県 5,672 18 愛媛県 1,331 30 新潟県 515 42 宮崎県 260
7 愛知県 5,001 19 北海道 1,122 31 島根県 487 43 山梨県 259
8 埼玉県 4,428 20 茨城県 977 32 鳥取県 484 44 秋田県 239
9 千葉県 4,325 21 福井県 938 33 熊本県 463 45 青森県 230
10 滋賀県 3,217 22 長野県 911 34 宮城県 440 46 佐賀県 186
11 和歌山県 2,156 23 香川県 902 35 鹿児島県 394 47 岩手県 144
12 福岡県 2,147 24 岐阜県 862 36 沖縄県 344

運営結果[編集]

出走者・完走者
出走者 完走者 完走率
マラソン(42.195km) 27,161人 26,175人 96.4%
チャレンジラン(8.8km) 2,002人 1,996人 99.7%
合計 29,163人 28,171人 96.6%
上位選手
男子選手 タイム 女子選手 タイム
1位  エリジャ・サング (KEN) 2:12:43  リディア・シモン (ROU) 2:32:48
2位  アレクセイAソコロフ (RUS) 2:13:15  嶋原清子 (JPN) 2:33:36
3位  サリム・キムタイ・キプサング (KEN) 2:14:18  吉住友里 (JPN) 2:40:31
シカゴマラソン賞[3]
  • 大阪在住男子1位:久本駿輔 (2:29:18)
  • 大阪在住女子1位:杉本光子 (3:05:02)
沿道応援者数
1,008,500人

テレビ中継[編集]

大阪マラソンを後援している毎日放送(MBS)がエリート部門、読売テレビ(ytv)が市民ランナー部門の生中継をそれぞれ組み込んだ特別番組を関西ローカルで放送した。なお、視聴率はビデオリサーチの関西地区調査分による。

MBS大阪マラソン2011 走り出した情熱のランナー』(10:00 - 11:24)

  • 通常は『サンデージャポン』(TBS制作)の同時ネットに充てている放送枠を差し替える形で、『ちちんぷいぷい』のスタジオから、河田直也(MBSアナウンサー)の進行で放送。スタジオゲストは角淳一(フリーアナウンサー転身後初のテレビ出演)・千葉真子ハイヒール・モモコトミーズ健ET-KINGで、同局アナウンサーによるマラソンコース4地点からの中継リポートや、中継車・フィニッシュ地点(インテックス大阪)からの実況を随所で挿入した。中継では、同局のテレビ・ラジオ番組から参加した「チャレンジランナー」に焦点を当てた。放送中には、フルマラソン男子の部でエリジャ・サング(ケニア)が先頭でゴールに到着した瞬間を、近藤亨(同局アナウンサー)の実況で放送。ET-KINGは、特別番組のタイトルにもなった自作の楽曲「情熱のランナー」(同局における当マラソンテーマソング)をスタジオで披露した。視聴率は13.4%で、日曜午前の番組にしては高かった。

ytv大阪マラソン2011〜3万人の感動フィニッシュ生中継SP〜』(15:00 - 16:30)

ラジオ中継[編集]

大阪マラソンを後援している放送局で唯一、ラジオ放送部門を運営している毎日放送(MBSラジオ)では、当日午前中のレギュラー番組『日曜出勤生ラジオ』内でフルマラソンの模様を随時中継。『せやねん!』(MBSテレビ)を代表してフルマラソンに参加していた上泉雄一(MBSアナウンサー)が、走りながら沿道の様子を実況していた。

脚注[編集]

  1. ^ 大阪マラソン大会要項
  2. ^ “大阪マラソン 被災3県から874人”. 読売新聞大阪: p. 18. (2011年3月18日) 
  3. ^ 第35回シカゴマラソン(2012年10月開催)招待