福本容子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福本 容子(ふくもと ようこ、1962年8月14日 - )は、日本ジャーナリスト毎日新聞論説委員。

来歴[編集]

熊本県長洲町出身。長洲町立清里小学校、熊本県立玉名高等学校・附属中学校早稲田大学教育学部英語英文学科卒。1987年毎日新聞社入社。英字新聞記者、経済部記者を担当した後、マサチューセッツ工科大学へ留学し1992年に同修士課程(政治経済学)修了。復職後は欧州総局特派員として欧州・英国経済全般やOPECWTOなどを担当した後、2005年から2008年まで経済部副部長(デスク)を務める。2008年からは毎日新聞経済部編集委員 兼 論説委員。2009年よりTBSひるおび!」金曜コメンテーター。

人物[編集]

  • 趣味はカラオケとフラワーショップ巡り。
  • いわゆる日本海呼称問題について、日本海の単独呼称にこだわるべきでなく、韓国が主張する「東海(トンへ)」という呼称も併称すべきであると主張している。[10]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ここは日本も(お札を)サイン入りにしてみたら? 日銀を大胆に変えると言うアベノミクスだから、やっぱり安倍さんのサインだ。そしたら、さすがにお札を刷りまくって、ばらまいてインフレになることもないはず。自分の名前入りのお札が、値打ちを失うのは安倍さんだって嫌だろうから」“発信箱:お札のサイン=福本容子(論説室)”. 毎日新聞. (2013年2月8日). http://mainichi.jp/opinion/news/20130208k0000m070175000c.html 
  2. ^ 「『愛国心』『強い国』を唱える政権が円を大切にしないのだって理解に苦しむ。お札に載せる英雄のリスト作りから始める?」“発信箱:通貨を愛する=福本容子(論説委員)”. 毎日新聞. (2013年5月3日). http://mainichi.jp/opinion/news/20130503k0000m070113000c.html 
  3. ^ 「成長戦略の柱として『攻める農業』を唱える安倍政権。都道府県が農村の狭くバラバラな農地を借り上げ、広い農地に整備して企業とかに貸す、というけれど、ワクワク感がない。『攻め』『戦略』と軍隊みたいな発想がどうも前世紀的だ」“発信箱:農業は横から縦に?=福本容子(論説委員)”. 毎日新聞. (2013年5月31日). http://mainichi.jp/opinion/news/20130531k0000m070132000c.html 
  4. ^ 「安倍晋三首相が消費税の『来年4月8%』を決めた。同時に約2%にあたる5兆円を使い景気対策をする。毎年の借金を少しでも減らそうと我慢する増税なのに、景気対策の名の下、ばらまく」“発信箱:金づちとクギ抜き=福本容子(論説委員)”. 毎日新聞. (2013年10月4日). http://mainichi.jp/opinion/news/20131004k0000m070129000c.html 
  5. ^ 「安倍政権が経済界に賃上げを直接働きかけている。……でもね、と思う。給料をもっと上げてって首相が民間企業に求める話だろうか? 賃上げって、国の政策が失敗しないようにやるものなの?……海外の投資家に、もっと日本を買って、と売り込む安倍さん。ますます難解になるアベノミクスである。それはそうと、日銀が物価上昇率2%を目標に、お金をどんどこ刷れば賃金は上がる、が元祖アベノミクスの教えじゃなかったっけ?」」“発信箱:賃上げはいいけれど=福本容子”. 毎日新聞. (2013年11月1日). http://mainichi.jp/opinion/news/20131101k0000m070146000c.html 
  6. ^ 「日本でも、あいまいで、使う側に便利な法律を安倍政権が作ろうとしている。……今抵抗しないと、取り返しがつかなくなる」“発信箱:好都合なあいまいさ=福本容子(論説委員)”. 毎日新聞. (2013年11月15日). http://mainichi.jp/opinion/news/20131115k0000m070101000c.html 
  7. ^ 「閣僚の会議に議事録作成を義務付ける法律さえ作っていない人たちを信じてと言われても」“発信箱:60年先の約束=福本容子(論説委員)”. 毎日新聞. (2013年11月29日). http://mainichi.jp/opinion/news/20131129k0000m070120000c.html 
  8. ^ 「『来年(今年のこと)もアベノミクスは買い』と首相が取引所で宣伝、は大人げない」“発信箱:何が“買い”か=福本容子”. 毎日新聞. (2014年1月17日). http://mainichi.jp/opinion/news/20140117k0000m070180000c.html 
  9. ^ 「アベゲドンは安倍首相と、世界の終わりを意味するハルマゲドンをかけた造語である。いよいよ危なくなってきた。……『誤訳』とか『誤解』でかたづけていいの? 要は世界の心配をどれだけ理解し真摯(しんし)に向き合うか。『アベノミクスに投資を』と言う前に、まずアベゲドンの雲を払い切ることだ」“発信箱:「アベゲドン」=福本容子”. 毎日新聞. (2014年1月31日). http://mainichi.jp/shimen/news/20140131ddm005070010000c.html 
  10. ^ 「折り合いのつけ方を工夫しながら、お互い得になることをやっている。両方の顔を立ててか、細長い海峡の日本語名は「英仏海峡」だ。これでいい気がする。さて、韓国が日本との間にある海の名前で一生懸命だ。「シー・オブ・ジャパン(日本海)」だけでなく「イーストシー(東海)」もアメリカの公立学校の教科書に書いて、と訴えている。だけど、外国を巻き込んだり、コンサルタント会社を雇って反論をしたり、それで勝った負けたと言っても、お互いがもっと嫌いになれば、勝者って誰? コンサルタント会社が得するだけだ。」“発信箱:ドーバー・ソール=福本容子”. 毎日新聞. (2014年2月14日). http://mainichi.jp/opinion/news/20140214k0000m070128000c.html 

外部リンク[編集]