福本容子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福本 容子(ふくもと ようこ、1962年8月14日 - )は、日本ジャーナリスト毎日新聞論説委員。

来歴[編集]

熊本県長洲町出身。長洲町立清里小学校、熊本県立玉名高等学校・附属中学校早稲田大学教育学部英語英文学科卒。1987年毎日新聞社入社。英字新聞記者、経済部記者を担当した後、マサチューセッツ工科大学へ留学し1992年に同修士課程(政治経済学)修了。復職後は欧州総局特派員として欧州・英国経済全般やOPECWTOなどを担当した後、2005年から2008年まで経済部副部長(デスク)を務める。2008年からは毎日新聞経済部編集委員 兼 論説委員。2009年よりTBSひるおび!」金曜コメンテーター。

人物[編集]

  • 趣味はカラオケとフラワーショップ巡り。
  • いわゆる日本海呼称問題について、日本海の単独呼称にこだわるべきでなく、韓国が主張する「東海(トンへ)」という呼称も併称すべきであると主張している。[1]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「折り合いのつけ方を工夫しながら、お互い得になることをやっている。両方の顔を立ててか、細長い海峡の日本語名は「英仏海峡」だ。これでいい気がする。さて、韓国が日本との間にある海の名前で一生懸命だ。「シー・オブ・ジャパン(日本海)」だけでなく「イーストシー(東海)」もアメリカの公立学校の教科書に書いて、と訴えている。だけど、外国を巻き込んだり、コンサルタント会社を雇って反論をしたり、それで勝った負けたと言っても、お互いがもっと嫌いになれば、勝者って誰? コンサルタント会社が得するだけだ。」“発信箱:ドーバー・ソール=福本容子”. 毎日新聞. (2014年2月14日). http://mainichi.jp/opinion/news/20140214k0000m070128000c.html 

外部リンク[編集]