桂枝曾丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 枝曾丸(かつら しそまる)は、上方落語名跡。当代は2代目。

  1. 初代桂 枝曾丸(生没年不詳) - のちの笑福亭米鶴。初代桂文枝門人・桂梅丸の門下で、後に2代目笑福亭松鶴の門下に移り、米鶴と名乗る。その他は不詳[1]
  2. 2代目桂 枝曾丸は、下記を参照。

2代目 桂 枝曾丸かつら しそまる
2代目 桂 枝曾丸
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。
生年月日 (1968-09-12) 1968年9月12日(50歳)
出生地 日本の旗 日本和歌山県和歌山市[2][3]
師匠 5代目桂文枝[2][3]
名跡 1. 桂小味(1987年)
2. 桂小茶久(1987年 - 1998年)
3. 2代目桂枝曾丸(1998年 - )
出囃子 かっぽれ[2]
活動期間 1987年 -
活動内容 上方落語
所属 桂枝曾丸事務所[2]
公式サイト http://www.sisomaru.com/
備考
上方落語協会会員[2]

2代目桂 枝曾丸(かつら しそまる、 1968年9月12日 - )は、日本の落語家。本名:山本 通広(やまもと みちひろ)[2]。個人事務所「桂枝曾丸事務所」所属[2]

略歴[編集]

和歌山県和歌山市中之島出身。和歌山県立和歌山西高等学校卒業[2]後の1987年12月[3]、3代目桂小文枝(後の5代目桂文枝)に入門。桂小味を名乗り、まもなく桂小茶久と改名[3]1998年11月、地元名産品の梅干しに入れるシソにちなみ、2代目桂枝曾丸を襲名。

同郷の漫画家マエオカテツヤとの共作による「和歌山弁落語」や、南方熊楠紀伊国屋文左衛門などの郷土ゆかりの人物を題材にした新作人情噺を手がけることで知られる[3]2002年アルゼンチンで独演会を開催した[3]ほか、2004年法務省の「社会を明るくする大使」に任命されて以来、地域の青少年育成活動、更生保護活動、人権啓発活動などに取り組んでいる[3]

受賞歴[編集]

[3]

  • 2008年 法務大臣感謝状
  • 2009年 和歌山県知事表彰
  • 2010年 和歌山市文化奨励賞

出演番組[編集]

[3]

過去

CD[編集]

DVD[編集]

  • 桂枝曾丸 和歌山弁落語劇場(ミュージックマート・エンタテインメント、2006年5月31日

連載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月亭春松編『落語系圖』[要ページ番号]
  2. ^ a b c d e f g h 上方落語家名鑑 桂枝曾丸 上方落語協会
  3. ^ a b c d e f g h i プロフィール 桂枝曾丸公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]