ABCラジオファンキーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ABCラジオファンキーズ
ジャンル バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1987年10月 - 1988年9月
放送時間 月曜日 - 木曜日 23:30 - 27:00(210分)、
金曜日 23:30 - 29:00(330分)
(1988年4月以降は金曜日も27:00までに)
放送局 ABCラジオ
パーソナリティ 担当パーソナリティの項を参照
テンプレートを表示

ABCラジオファンキーズ』は、大阪府ABCラジオ朝日放送)で、1987年10月 - 1988年9月まで放送していた、若者向け深夜放送ラジオ番組である。

放送時間は月曜日から金曜日の23:30 - 27:00までの3時間30分の生放送。なお、1988年3月までは、金曜日のみ29:00までの放送だった。(よってこの時期の金曜日は、もうすぐ夜明けABCの放送がなかった)

1988年4月からは2部制となり、月曜日から金曜日とも23:30 - 25:30(1部)、25:30 - 27:00(2部)の放送時間となった。

オープニングテーマ曲は、ブロウ・モンキーズの曲『The Day After You』[1]

担当パーソナリティ[編集]

1987年10月 - 1988年3月[編集]

金曜日には週替わりで、心斎橋筋2丁目劇場(当時吉本興業大阪心斎橋筋で運営していた劇場)と、朝日放送東京本社(当時は東京芝公園)内のスタジオ(または当時新宿南口にあった新宿コメディシアター)から公開生放送を実施していた。

1988年4月 - 1988年9月[編集]

1部[編集]

2部[編集]

コーナー[編集]

  • 楠&リンゴ(水曜日1部)
    • 僕たちシビレ者 (身の周りの変な人、危ない人などを紹介)
    • さよならトレンド君 (それぞれ自分らしい生き方を探っていたというコーナー)
    • 今どきクイズ
    • アホんだらテレホン (リスナーと電話をつなぎ、不満話や怒り話などを聞いていた)
  • 大岩(芦沢)&尾崎&はじめ・圭祐(金曜日1部)
    • 私は斬る! (色々な話題を採り上げ、斬り込んでいたコーナー。構成作家の青木一郎も出演)
    • コントでクイズ (4人で寸劇を行った後、その中からクイズを出題)
    • 世は不可思議 (寄せられた不思議体験を紹介)
    (出典:[2]

番組出来事[編集]

  • 1988年1月6日深夜のキッチュがパーソナリティの放送の回で、キッチュが友人の漫画家・ひさうちみちおの元へスタジオから電話をかけている時に、ゲストの上岡龍太郎がひさうちの絵について「いいとも悪いとも感じない」「小学校の絵の先生にも褒められん絵や」などと発言、キッチュも「印象に残らないから駄目と言っていいのか」などと応じ、上岡も「けなすつもりで言ったんやない」と返すなど論争になり、はがきコーナーに入ってもキッチュが上岡に「はがきの内容についての批判の仕方がひどい」、それに対して上岡は「リスナーに対する君の考えが間違ってる」など論争が続き、最後にはディレクターが仲裁に入ってキッチュは謝罪したが、上岡は「俺の批評に文句を言うということは、お前が人の考えを自分に合わせようとするのと同じ。もう一度話に来い」と言って帰って行くという放送だった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊ラジオパラダイス 1988年4月号 p.117「お答えしませう」にて紹介
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1988年6月号「中波四十七局全国行脚記録帳 朝日放送の巻」(87ページ)
  3. ^ 月刊ラジオパラダイス 1988年3月号 75ページ、100ページ
ABCラジオ 月〜金 23:30 - 27:00の番組(1987年10月 - 1988年9月)
前番組 番組名 次番組
ABCラジオファンキーズ
ABCラジオシティ (21:15 - 27:00)