板井昭浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

板井 昭浩(いたい あきひろ、1961年昭和36年)11月26日 - )は、朝日放送総合ビジネス局イベント事業部長。元ラジオディレクター・テレビプロデューサー。神戸市垂水区出身。兵庫県立北須磨高等学校から関西学院大学文学部独文科卒業。独身。身長165cm。

来歴・人物[編集]

1984年ABC入社。同期にアナウンサーの三代澤康司松原宏樹らがいる。入社試験の小論文でデヴィッド・ボウイの事について述べたのが功を奏したのではないか、と本人は述懐している[1]

裏方ながら、自身が番組発足当初からディレクターであった「誠のサイキック青年団」にパーソナリティーとして出演していた。1989年の著書『明解サイキック読本 SECRET FILE』には、2万円を出せば匿名で何でも喋るということで「D万野郎」と呼ばれているが、編成本部に異動してからは、2001年から同局と吉本興業による年末の目玉特番として知られる「M-1グランプリ」の制作に携わったりと、多忙になったこともあり、その後は呼ばれていない。

洋楽に造詣が深く、同番組内で「他(の番組)ではかからない、かけたくない」という「今週の一曲」の選曲を行っていた。邦楽では岡村靖幸電気グルーヴを好んでいる。自身でも趣味でバンド活動をしていた時期もあった。テレビ製作部門に異動となってからは、レイティング期間中のみ出演となっていた。「ABCアシッド映画館」にも年始には「ぼんちゃん」の名で出演していたが、異動後は出演していない。テレビブロスにコラムを連載していたことがある。

その後、編成局企画戦略部次長に昇進し、2010年11月1日より現職。

担当番組[編集]

関連人物[編集]

出版物[編集]

  • 大東京の勘違い―東京がナンボのもんや!!東京人は何様のつもりや!!

以下の書籍は全て北野誠竹内義和らとの共著。

  • 明解サイキック読本 SECRET FILE
  • 真実主義 明解サイキック読本II
  • 大濃告 DAIKOIKOKU 明解サイキック読本III
  • 誠のサイキック青年団 
  • サイキッカー 明解サイキック読本IV
  • コン哲 サイキッカー外伝 コンプレックス哲学
  • サイキック10年ファイル 1988 - 1998
  • コン哲 サイキッカー外伝 コンプレックス哲学2
  • 聖戦・サイキック15thアニバーサリー
  • 16年目のサイキック読本

脚注[編集]

  1. ^ 青心社「明解サイキック読本」より。[要ページ番号]

外部リンク[編集]