柏木宏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かしわぎ ひろゆき
柏木 宏之
プロフィール
出身地 日本の旗 兵庫県神戸市大阪府豊中市育ち)
生年月日 (1958-02-24) 1958年2月24日(59歳)
最終学歴 関西外国語大学卒業
勤務局 毎日放送
活動期間 1983年 - 現在
ジャンル 情報番組ニュース番組
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

柏木 宏之(かしわぎ ひろゆき、1958年2月24日 - )は、毎日放送(MBS)のアナウンサー室次長兼チーフアナウンサー

来歴・人物[編集]

神戸市出身で大阪府豊中市育ち。大阪府立渋谷高等学校(2年生までは池田市立)を経て、関西外国語大学外国語学部スペイン語学科へ進学。大学時代には、毎日放送の学生アルバイトとして、角淳一笑福亭鶴光がパーソナリティを務めていた時代の『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)木曜日のADを務めていた。

大学卒業後の1983年に、アナウンサーとして毎日放送へ正式に入社した。ちなみに、現在も同局のスポーツアナウンサーである赤木誠1981年入社)は柏木の2年先輩に当たるが、柏木より年下である。なお、アナウンサーを志したきっかけは「台風情報をやってみたい」とのことからという[1]

毎日放送への入社後は、1年目の10月から『アップダウンクイズ』(MBSテレビ)のタイトルコール・出場者紹介・結果発表アナウンスを担当したことを皮切りに、MBSテレビ・ラジオが制作する情報・演芸・クイズ番組へ多々出演。『MBSヤングタウン』でも、西川のりおなどと共に日曜日のパーソナリティを務めていた。

また、番組・提供クレジット・ラジオCMのナレーターとしても活動。ナレーションでは、粘っこい口調を伴う柔らかな大阪弁をたびたび披露することで知られる。現に、MBSラジオが関西ローカルで放送するCMや提供クレジットでは、同僚の関岡香田丸一男などと並んでナレーターに起用されることが多い。2013年からは、『S☆1』(TBS制作・JNN系列全国ネットのスポーツニュース)で「プロ野球名物アナ応援実況スペシャル」を放送する場合に、関西圏で開催された阪神タイガースおよびオリックス・バファローズ主催試合のダイジェストを上記の口調で全国に伝えていた。

上方落語などの演芸や文学への造詣が深く、古くからの友人に戸田学(作家・上方演芸研究家)がいる。2005年4月からは、アナウンサーとしての活動を続けながら、奈良大学通信教育部文化財歴史学科にも在籍。MBSラジオで長らく寄席番組(『ザ・上方寄席』→『MBS1179寄席』)の席亭(進行役)を務めるかたわら、自身も寄席で落語を披露することもある。かつて同局で放送していた『ドラマの風』(ラジオドラマ)では、案内役として出演するかたわら、一部の回で原作や脚本を担当していた。

2018年の誕生日で毎日放送の定年である60歳に達するが、定年後も「シニアスタッフ」(嘱託社員)の立場でアナウンサーとしての活動を続ける予定。

現在の担当番組[編集]

  • MBSニュース(テレビ・ラジオとも不定期、宿直勤務に就くこともある)
ラジオ
テレビ(ナレーション)
  • ちちんぷいぷい ※不定期
  • せやねん!(土 9:25~12:54)※かつみ・さゆり企画(「メチャ売れ」「探せ!不動産」「ココに技あり」)
  • 痛快!明石家電視台 ※一部の企画を不定期で担当。2016年まで「MBSアナウンサー(大集合)スペシャル」のナレーターも務めていたが、2017年の同企画にはゲスト扱いでスタジオへ出演している。

過去の出演番組[編集]

テレビ

以下はTBSテレビ制作の全国ネット番組

ラジオ

関連人物[編集]

MBS関係
  • 野村啓司(かつての上司、現在はフリーパーソナリティー)
  • 結城哲郎(かつての上司、2017年3月までスポーツアナウンサーとしてGAORAへ出向した)
  • 増田一樹(アナウンサーとしての先輩、現在はコンプライアンス室所属)
  • 高垣伸博(先輩・上司、元アナウンサー室長)
  • 関岡香(ラジオCMなどで共演の機会が多い部下)
  • 田丸一男
  • 来栖正之
  • 千葉猛
  • 亀井希生(『僕らが大好きだったテレビ主題歌』などのパーソナリティを担当)
MBS以外の放送局関係者
タレント
フリーアナウンサー

脚注[編集]

  1. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年10月号 92-95ページ「ラジオクイズ50問」、1987年12月号 120ページ「ラジオクイズ解答編」

外部リンク[編集]