野村啓司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のむら けいじ
野村 啓司
プロフィール
愛称 啓ちゃん
出身地 日本の旗京都府京都市
生年月日 (1948-06-09) 1948年6月9日(70歳)
職歴 毎日放送アナウンサー→アナウンサー室長→専任局長兼チーフパーソナリティ→専任パーソナリティ
活動期間 1971年 -
ジャンル 情報バラエティ番組
出演番組・活動
現在熟メン!野村啓司です』 
過去すてきな出逢い いい朝8時
クイズ!!ひらめきパスワード
ノムラでノムラだ♪』 

野村 啓司(のむら けいじ、1948年6月9日 - )は、関西を中心に活動するフリーアナウンサー。元・毎日放送(MBS)アナウンサー、同局専属パーソナリティ。ニックネームは「啓ちゃん」。

来歴・人物[編集]

京都府京都市生まれで、京都府立山城高等学校から関西学院大学へ進学。高校の先輩に吉田義男(元阪神タイガース内野手・監督)、田村高廣浜村淳山城新伍釜本邦茂がいる。

大学時代には、放送部(関学総部放送局)で活動するかたわら、生田教室でアナウンス技術の研鑽に励んでいた。ちなみに、安藤豊(元・RKB毎日放送アナウンサー)は、関学総部放送局での1年先輩。野村の同級生で、学内の合唱団に所属していた佐藤誠NHK大阪放送局専属パーソナリティ、NHKの元・エグゼクティブアナウンサー)は、野村の誘いをきっかけに生田教室へ通い始めたという。

大学卒業後の1971年に、アナウンサーとして毎日放送へ入社した[1]。同期入社のアナウンサーに、平松邦夫(元・大阪市長)と近藤光史(現在はフリーアナウンサー)。アナウンサー以外の同期生に、現在同局の会長を務める河内一友や、元・テレビプロデューサー御藤良基(現在は光明寺住職)などがいる。

1980年代から1990年代前半にかけて『すてきな出逢い いい朝8時』『クイズ!!ひらめきパスワード』(いずれも毎日放送制作・JNN系全国ネットのテレビ番組)などで司会を担当したことから、同局の看板アナウンサーとして全国区の知名度を得た。特に『いい朝8時』には、前身の『八木治郎ショー・いい朝8時』時代からおよそ16年にわたってレギュラーで出演していた[2]

また、関西ローカルのテレビ番組では、『乾杯!トークそんぐ』(深夜の音楽番組)で長らく司会を担当していた。平日の夕方にワイドニュース『MBSナウ』が放送された時期には、角淳一(当時は毎日放送アナウンサー)とともに同番組の年末特別企画に出演。その年話題になった場所に出向いては、炬燵に入ってトークを展開することが恒例になっていた。

2001年に、毎日放送のアナウンサー室長へ就任。2005年6月の人事異動で、ラジオ局専任局長兼チーフパーソナリティになったのを機に、アナウンサー室を離れた。2006年10月に、肩書をラジオ専任局長へ変更。2008年6月に定年を迎えた。その後も、同局の専属パーソナリティとして、平日夕方のラジオ番組『ノムラでノムラだ♪』(2009年4月6日から2014年3月27日までのタイトルは『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』)でメインパーソナリティを務めた。

2013年9月で毎日放送との専属パーソナリティ契約期間を満了したことを機に、フリーアナウンサーへ転身。転身後も『ノムラでノムラだ♪』など、MBSラジオ制作の番組(後述)への出演を続けている。

その一方で、『ノムラでノムラだ♪』シリーズの終了(2015年3月26日)を受けて、同月30日からはラジオ大阪で『熟メン!野村啓司です』(月 - 水曜日18:00 - 19:45)のパーソナリティを担当。小川恵理子松竹芸能所属のタレント[3])とのコンビで、毎日放送以外の放送局が制作する番組に、初めてレギュラーで出演している[4]

『ノムラでノムラだ♪』などの出演番組では、阪神タイガースファンであることを公言。歌謡曲演歌への造詣も深く、毎日放送の専属パーソナリティ時代からは歌手としても活動している。2008年6月には、『ノムラでノムラだ♪』の企画で、リスナーへの公募による歌詞から生まれたオリジナルソング「退職記念日」「時を止めて」を発表[5]。「時を止めて」では、当時の水曜アシスタント・森川美穂歌手)とのデュエットを披露した。さらに2011年6月27日には、「茶碗」(中村泰士の作詞・作曲による楽曲)を発表している[6][7](いずれもインターネット限定で音源を配信)。

『ノムラでノムラだ♪』シリーズの放送期間中からは、同番組で山本学(日本写真家協会所属の写真家)を定期的にゲストに招いていたことから、風景写真のカメラ撮影が趣味に加わっている。同番組公式サイト内の「ノムラのカメラ散歩」では、撮影した写真の一部を、パソコンの壁紙用の画像として放送期間中に毎月公開。『熟メン!』では、リスナーが参加できる撮影会を随時開催しているほか、野村が撮影した写真の一部をinstagram上の公式アカウント(#外部リンクを参照)で随時公開している。

実娘の彰子は宝塚歌劇団78期生で、1992年から1995年まで娘役の女優として雪組に在籍。家族の命名による「夕奈あき(ゆうな あき)」という芸名で活動していた。

現在の担当番組[編集]

ラジオ[編集]

以下の番組は、いずれもMBSラジオで放送。

  • 人生という宝物(2012年1月 - 、日曜17:45 - 17:59)
  • 野村啓司の懐メロ♪ジュークボックス(2016年4月1日 - 、金曜24:10 - 25:05)

過去の担当番組[編集]

テレビ[編集]

全国ネット

一部地域ネット

関西ローカル

  • あどりぶランド(MBSアナウンサーが総出演のバラエティ番組
  • 乾杯!トークそんぐ(番組終了後もコンサートで司会を担当)
  • 毎日放送開局40周年記念特別番組(1990年9月)
  • ちちんぷいぷい(金曜日「歌碑ものがたり」オープニングナレーター)
    • 2006年4月から、『ノムラでノムラだ♪』が放送されていなかった金曜日に、中継リポーターとして隔週で登場。2008年1月からは月1回、『ノムラでノムラだ♪』の本番前に、月曜14時台の企画『あの歌をこの場所で聴きたい』にも出演した。同年10月から2009年3月までは、VTR出演ながら、月曜17時台に月1~2回放送された「人気もんで行こッ!」にも登場。2013年には、月曜日で放送されていた「お初にございます」のナレーターを務めた。なお、番組自体は他のTBSテレビ系列局の一部でも前半の同時ネットを実施しているが、以上のコーナーは後半の関西ローカルパートで放送されていた。

ラジオ[編集]

CM[編集]

いずれもMBSラジオ・関西ローカル限定で放送

関連人物[編集]

  • 近藤光史
  • 平松邦夫
  • 角淳一
  • 青木和雄 - 毎日放送のアナウンサー → 専属パーソナリティを経て、フリーアナウンサーとしてラジオ大阪で冠番組のパーソナリティを担当。毎日放送時代には、野村の同僚(先輩アナウンサー)でもあった。
  • 中村泰士
  • 福島暢啓 - 毎日放送のアナウンサー。野村とは30数年の後輩で、「昭和歌謡マニア」という縁から、同局の番組やイベントで共演することがある。『ちちんぷいぷい』でかつて担当していたロケコーナー(「お初にございます」→ 「歌碑ものがたり」)には、野村の声による口上が使われていた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NHKや朝日放送も受験したが、不合格(『熟メン!野村啓司です』2015年5月11日放送分より、本人談)。
  2. ^ 1980年10月に、八木治郎司会の『八木治郎ショー・いい朝8時』としてスタート。八木が急逝した1983年5月から、立川清登うつみ宮土理の司会による『すてきな出逢い いい朝8時』として放送された。
  3. ^ 『ノムラでノムラだ♪』シリーズの2010年3月までの裏番組である『元気イチバン!!芦沢誠です』(ABCラジオ)にてアシスタントを務めていた。
  4. ^ ラジオ大阪『愛してラジオ大阪』公式ブログ2015年3月18日付記事「3月30日(月)から新しい番組がスタート!」
  5. ^ 野村啓司アナ 「退職記念日」披露(『スポーツニッポン2008年6月25日付記事)
  6. ^ 「茶碗」野村啓司
  7. ^ 『ノムラでノムラ♪ EXトラ!』2011年6月27日【月曜日】スペシャルゲスト:作詞・作曲家の中村泰士さん
  8. ^ 『ノムラでノムラだ♪ EXトラ!』として放送していた2009年度のナイターオフ期間には、「ノムラでノムラだ♪ Go!Go!エキストラ」を内包する形で放送時間を延長した火~金曜日に、同番組の出演者で唯一全編にわたって出演していた。