佐藤誠 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう まこと
佐藤 誠
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 大阪府吹田市
生年月日 (1948-03-19) 1948年3月19日(70歳)
最終学歴 関西学院大学卒業
所属事務所 NHK大阪放送局専属契約
職歴 元NHKアナウンサー(函館甲府奈良→大阪→鳥取→大阪)
活動期間 1971年 -
ジャンル 地域
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

佐藤 誠(さとう まこと、1948年3月19日 - )は、NHKの元エグゼクティブアナウンサー神戸松蔭女子学院大学教授。

経歴[編集]

大阪府立春日丘高等学校を経て関西学院大学卒業後、1971年入局。2005年に役職定年となったあとは嘱託職専門委員として大阪局に在籍。誕生日の関係により2007年度いっぱいで60歳定年となったことを機にNHKでの勤務を終えた。しかしその後は専属パーソナリティとして残り、番組出演を継続している。

定年まで東京アナウンス室での勤務経験がない(ただし過去に数回、出張の形で東京のスタジオから番組を担当したことはある)。

エピソード[編集]

前記のとおり、東京勤務の経験がない(東日本である北海道および山梨県での勤務は経験している)。その代わり、巧みな関西弁の口調で多くのリスナーからの信頼も厚い。そのことを物語るエピソードも多い。

1995年、NHK大阪開局70周年特別番組『ええもんでっせ!!大阪弁』の企画・コーディネーターを務めた。

また阪神・淡路大震災10周年にあたる2005年には、1月16~17日の『関西発ラジオ深夜便』と、17日夜に放送された特別番組『語り継ごう・次の時代へ』の司会を務めた。軽快な話術で広く親しまれている佐藤ではあるが、重々しいテーマである震災記念番組もそつなくこなした。ところが、佐藤がメインパーソナリティを務める翌週の『かんさい土曜ほっとタイム』へ、リスナーから「佐藤さん、やればできるじゃないですか!」と、揶揄いじみた投書を受けた。彼ほどの職歴を持つアナウンサーに対してかなり無礼極まりない投書ではあったが、ネタになることも厭わない親近感を示すエピソードといえる。

『かんさい土曜ほっとタイム』では、佐藤のみならず他の出演者も関西弁丸出しの「ぼやき川柳アワー」が大変好評である。そのため2007年度は、関西限定ではあるが、このコーナーが独立した番組『テレビ de ぼやき川柳』としてテレビでも放送された。同番組でも佐藤が進行を担当した(その後については同番組の記事を参照)。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

外部リンク[編集]