八木治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やぎ じろう
八木 治郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本
生年月日 (1925-04-20) 1925年4月20日
没年月日 (1983-04-18) 1983年4月18日(57歳没)
最終学歴 東京大学文学部中国文学科
職歴 NHK→フリー
活動期間 1949年 - 1983年
ジャンル アナウンサー、司会者
出演番組・活動
過去 私の秘密
万国びっくりショー
人に歴史あり
ウィークエンドモーニングショー
八木治郎ショー
八木治郎ショー・いい朝8時
野生の王国

八木 治郎(やぎ じろう、1925年4月20日 - 1983年4月18日)は、テレビ番組司会者。元NHKアナウンサー

来歴・人物[編集]

東京生まれ。幼・少年期を現在の千葉県香取市で過ごした。千葉県立佐原中学校(旧制)から陸軍士官学校を経て1949年東京大学文学部中国文学科卒業。

同年NHK(日本放送協会)に入局。同期入局には小川宏大塚利兵衛福島幸雄穂坂俊明らがいる。熊本長崎勤務を経て、1953年にラジオの『音楽夢くらべ』で本格的にアナウンサーを開始。報道芸能社会番組などを担当。人気クイズ番組『私の秘密』では高橋圭三がNHKを退局しフリーになってからは、後任として1962年から4年間司会を務めた。その頃から派手さはないが、「ムード派の八木」と呼ばれるようになった。

1965年11月にNHKを退局しフリーとなり、翌1966年1月から毎日放送(MBS)制作番組『八木治郎ショー』(1970年1月放送開始)の前身である『ウィークエンドモーニングショー』の司会を務め、民放モーニングショーの先駆的存在となる。その他にも『万国びっくりショー』(フジテレビ)、『人に歴史あり』(東京12チャンネル)他数々のテレビ番組の司会、『野生の王国』(MBS制作)のナレーションなどを務めた。

1983年4月16日の『八木治郎ショー・いい朝8時』出演後、福岡市内の会社からの依頼で、大阪から福岡へ出張。翌17日に市内のホールで開かれたパネルディスカッションのパネラーの1人を務めた後、中洲の料理店で陸軍士官学校の同期生3人との食事中に突然倒れ、市内の病院に運ばれたが、クモ膜下出血との診断を受け、人工呼吸等が施されたものの意識は戻らないまま翌日の夜に死去した。57歳没。

倒れた日と同じ日に、MBS制作番組『アップダウンクイズ』(TBS系列の人気番組対抗特集としてMBSアナウンサー(当時)の野村啓司とペアで回答者として出演。番組は4月上旬に収録)が放送され、同番組が最後のテレビ番組出演となった。翌週の同番組では、司会の小池清が八木の急死に関してのコメントを読み上げた。

同月23日に放送された『いい朝8時』の八木治郎追悼特集では、八木の妻の八木一子と小川宏が生出演した。

また、八木の生前に3か月分のナレーションの収録を終えていた『野生の王国』については、そのまま放映が行われ、番組の放送中に「八木治郎氏は4月18日に亡くなりました」との旨のテロップが付された。なお、『野生の王国』は小池清が八木の後任ナレーションを務めた。

担当した番組[編集]

NHK時代[編集]

フリー以後[編集]

コマーシャル[編集]

著書[編集]

  • 『話し上手の秘密』実業之日本社 実日新書 1964
  • 『魅力ある話し方』実業之日本社 実日新書 1970
  • 『司会スピーチ入門 :うなずく好感 あふれる愛敬』日本文芸社 1972
  • 『人の心をつかむ話し方 :話し上手・48のヒント』大和出版 1980
  • 『八木治郎のスピーチの方法とコツ』西東社 1980
  • 『話しで人を酔わせる 今夜のスピーチの隠し味』ベストセラーズ ワニの本 1982

関連人物[編集]