人に歴史あり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人に歴史あり
ジャンル トーク番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 東京12チャンネル
出演者 八木治郎
オープニング 木下忠司
水曜21時台
放送時間 水曜 21:00 - 21:30(30分)
放送期間 1968年5月15日 - 1970年3月
金曜22時台
放送時間 金曜 22:00 - 22:30(30分)
放送期間 1970年4月 - 1976年3月
水曜22時台
放送時間 水曜 22:00 - 22:30(30分)
放送期間 1976年4月 - 1981年9月23日
テンプレートを表示

人に歴史あり』(ひとにれきしあり)は、1968年5月15日から1981年9月23日まで東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送されていたトーク番組である。塩野義製薬の一社提供。協力:文藝春秋

概要[編集]

毎回当時の日本を代表する著名人を1人取り上げ、その人物本人や周囲を取り巻く関係者による証言・インタビューを通して検証していく[何の?]というものであった。インタビュアーを務めていたのは八木治郎で、八木は毎回テーマソングに合わせて「人の世の潮騒の中に生まれて、去り行く時の流れにも消しえぬ一筋の足跡がある。今日は○○さん(その回に登場するゲスト)の歴史を振り返ってみたいと思います」というナレーションを入れていた。

1981年10月1日に東京12チャンネルが社名をテレビ東京に変更するのに伴う番組改革の一環として[要出典]、同年9月23日放送分をもって終了した。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 水曜 21:00 - 21:30 (1968年5月15日 - 1970年3月)
  • 金曜 22:00 - 22:30 (1970年4月 - 1976年3月)
  • 水曜 22:00 - 22:30 (1976年4月 - 1981年9月23日)

スタッフ[編集]

  • テーマソング演奏・歌:木下忠司
  • 作・構成:血脇啓寿

放送局[編集]

パロディ[編集]

1993年6月29日放送のフジテレビドリフ大爆笑』で、高木ブーの半生にスポットを当てた本番組のパロディコント「人に歴史あり 高木友之助(高木の本名)」が行われた。スポットライトに照らされたスーツ姿の高木がウクレレを持って登場し、牧原が高木の生い立ちから青春時代、ザ・ドリフターズ結成までを語りあげた。そして最後に「高木友之助 死去」のテロップが出ると高木が「なんで?」と語った。

オープニングの音楽には本家と同じ木下忠司の物を使用していたが、ナレーションはフジテレビアナウンサーの牧原俊幸が行っていた。

東京12チャンネル 水曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
なつかしの歌声(つなぎ番組時代)
人に歴史あり
(1968年5月15日 - 1970年3月)
サントリー名画劇場
※21:00 - 22:25
【水曜21:30枠から移動】
東京12チャンネル 金曜22:00枠
人に歴史あり
(1970年4月 - 1976年3月)
チャンネル泥棒!快感ギャグ番組!
空飛ぶモンティ・パイソン

(1976年4月9日 - 1976年9月24日)
※22:00 - 22:54
東京12チャンネル 水曜22:00枠
人に歴史あり
(1976年4月 - 1981年9月23日)