阪本時彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さかもと ときひこ
阪本 時彦
プロフィール
愛称 時さん
出身地 日本の旗東京都台東区
生年月日 (1942-09-22) 1942年9月22日(76歳)
最終学歴 日本大学
職歴 毎日放送アナウンサー→アナウンサー室長
活動期間 1965年 -
ジャンル 情報 他
出演番組・活動
過去 あどりぶランド

阪本 時彦(さかもと ときひこ、1942年9月22日 - )は、元毎日放送アナウンサー・フリーアナウンサー。愛称は「時さん」。

来歴・人物[編集]

東京都台東区出身。1965年日本大学卒業後、毎日放送へ入社。同期に吉田智子がいる。

MBSラジオの生ワイド番組でパーソナリティを担当したアナウンサーの草分け的存在。特に、ABCラジオの『おはようパーソナリティ中村鋭一です』に対抗する目的で平日の早朝に開始した『おはようリスナー阪本時彦です』では、中村のように阪本の主張や個性を押し出そうとした。しかし、この路線にはMBSの局内で議論があったばかりか、阪本本人も「ふっきれない部分を抱えたまま船出した」という。中村に対抗して東京出身・巨人ファンという部分を売りにしようとしたものの、温厚な紳士である阪本は「後発の弱みもあって、健闘も及ばなかった」[1]

後にアナウンス部長・アナウンサー室長を歴任。アナウンサー室長時代は管理職に専念していたため、アナウンサー総出演の番組だった『あどりぶランド』(MBSテレビ)が1998年3月に終了してからは、『MBSニュース』以外の番組にほとんど出演しなかった。

2002年に毎日放送を定年で退職してからも、MBSラジオの『ラジオの達人』に出演していた。現在は吹田ケーブルテレビで部長を務めるかたわら、講演活動を展開。イベントやシンポジウムの司会も担当している。

出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ

ラジオ

  • MBSグアムグアムリクエスト
  • おはようリスナー阪本時彦です
  • 飛び出せ歌謡ショー
  • MBSジャンボサタデー
  • 毎日放送ラジオ大通り→時さんのラジオ大通り
  • 日産ラジオスペシャル 時さんの土曜リクエスト
  • おはようゴールデンエイジ
  • ラジオの達人
  • 毎日ニュース→MBSニュース(随時)

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 井上章一『阪神タイガースの正体』(太田出版、2001年)P325~326。「 」の箇所は『毎日放送の四〇年』(1991年)からの引用。この番組に代わってスタートしたのが『ありがとう浜村淳です』である。