増田一樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

増田 一樹(ますだ かずき、1954年11月3日 - )は、毎日放送(MBS)所属の元アナウンサーで、現在はコンプライアンス室勤務。

愛称は「マスリーナ」。「毎日放送の森田健作」とも呼ばれている。

来歴・人物[編集]

兵庫県芦屋市出身。1978年関西学院大学経済学部卒業後、入社。同期には元アナウンサー室長、テレビプロデューサーで、現在は大学教授である高垣伸博

TBS系列の音楽番組ザ・ベストテン」で近畿地方の"追っかけマン"を青木和雄に代わって担当した(後任は関岡香〔旧姓・鈴江〕)。ラジオ番組にも深夜番組を中心に出演し、暖かい口調で人気を博し、リスナーから「マスリーナ」の愛称で親しまれた。

1995年1月17日阪神・淡路大震災の時、泊り勤務だった事から同局のラジオ・テレビで第一報を伝えた(本人曰く、その後5時間半に渡りテレビでの震災報道を伝えていた)。

1995年より、ラジオ報道、宣伝部、放送運営センターと異動になった後、2003年に再びアナウンサー室に復帰。アナウンサー室次長兼デスク業務担当(簡単に言えば、アナウンサーの番組出演及び予定表の管理をしている番人)専業であるため番組に出演する事は殆どなかったが、2007年10月から「ぼくらが大好きだったTV主題歌シリーズ」(MBSマンデースペシャル枠)に不定期で出演していた。

2008年7月、コンプライアンス室に異動した。

現在も独身で、妹が2人いる。

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

関連人物[編集]