ブレゲ (時計)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレゲの腕時計

ブレゲBreguet 発音例)は、1775年アブラアン‐ルイ・ブレゲパリで創業した時計メーカーである。

沿革[編集]

ブレゲの死後は子のアントワーヌ=ルイ・ブレゲ、孫のルイ=クレマン・ブレゲが工房を継承した。だがルイ=クレマンは電気通信で成功をおさめ、電機事業に専念するため1870年に自分の工房で働いていたイギリスの時計師エドワード・ブラウンに工房を売却。その後ブラウン家が3代に渡って運営し、1970年にフランスの宝石細工商ショーメが商標を買い取り[1]ダニエル・ロートらにより本格的に復興した。後にフランス資本のPPRがショーメごと買収した。

PPR傘下時にショーメから独立し、1987年、サウジアラビア系投資会社インベストコープ[2]に売却された。インベストコープ時代にはレマニアとの関係が密接になり、社屋も隣接した。

インベストコープには長期保有の意図がなく[3]LVMHリシュモンスウォッチグループへ売却を持ちかけた結果、スウォッチが1999年にレマニアとブレゲを買収した。現在もスウォッチグループの一社である。

スウォッチ・グループ下で順調に業績を回復し、高級時計ブランドとして復活した。スウォッチ・グループ会長ニコラス・G・ハイエックがブレゲ社長も兼務(現在は息子のニック・ハイエック・ジュニアが後を継いでいる)し、現在もアブラアム=ルイ・ブレゲが手掛けた複雑時計の再現や、シリコン製の部品など新技術開発にも取り組んでいる。1993年からはブレゲの7代目の子孫エマニュエル・ブレゲ(Emmanuel Breguet1962年-)が参加し、ブレゲ歴史遺産研究員としてブレゲ家及び会社の資料の管理に当たるとともにパリ・ヴァンドーム広場にあるブレゲ博物館の館長を務めている。

広告で「Napoleon Bonaparte, from 1798, a client of Breguet's」とナポレオン・ボナパルトが顧客であったことを謳っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ブレゲとプゾー260奇跡の競演―発掘された才色兼備の極致、『クロノス2012年5月号
  2. ^ ブレゲにムーブメントを卸していたレマニア(現ヌーベル・レマニア)、高級時計ブランドエベルを所有していた。
  3. ^ エベルの社長の投資による巨額欠損の担保として保有。