Crossfaith

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crossfaith
Crossfaith Rock am Ring 2014 (25).JPG
基本情報
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル メロディックデスメタル
メタルコア[1][2][3][4][5]
エレクトロニカ[1][2]
ハードコア[1][2]
ニュー・メタル[2]
インダストリアル・メタル[2]
ヘヴィメタル[2]
エレクトロニコア[2]
エクストリーム・メタル[2][5]
ラウドロック[5]
電子音楽[3]
ダブステップ[3]
スクリーモ[4][5]
活動期間 2006年 -
レーベル ジャパンミュージックシステム
Ariola Japan(2014年 - )
事務所 ZESTONE RECORDS
SMALLER RECORDINGS
公式サイト www.crossfaith.jp
メンバー Koie(ボーカル
Kazuki(ギター
Hiroki(ベース
Tatsuya(ドラムス
Teru(ヴィジョン・プログラム・ボーカル)

Crossfaith(クロスフェイス)は、大阪で結成された5人組メタルコアバンド[1]

メンバー[編集]

  • Koie小家 健太Koie Kenta - リードボーカル
  • Kazuki武村 和樹Takemura Kazuki - ギター
  • Hiro池川 寛希Ikegawa Hiroki - ベース
  • Tatsu天野 達也Amano Tatsuya - ドラム
  • Teru玉野 輝文Tamano Terufumi - ヴィジョン、プログラム、ボーカル


Groezrock 2013, Belgium
タイムライン

略歴[編集]

  • 2006年
    • 前身となるバンドをスタートさせ、何度かのメンバーチェンジの末、五人編成となる。
  • 2009年
    • 4月29日、1stアルバムThe Artificial theory for the Dramatic BeautyをZESTONE RECORDSよりリリース。
    • 10月18日に「LOUD PARK 09」への出演を果たす。
  • 2010年
    • Koieが「ノー・プラン・B feat Koie(Crossfaith)」(『ザ・チェイス』日本版ボーナストラック)でマナフェストと共演、公式PVにも出演している。
    • 3月16日、マシーン・ヘッドらのツアー“The Black Procession”のオープニングアクトで出演。
  • 2011年
    • 2月、Highfive Management主催のツアー「Keys To Keys Tour」に出演。
    • 4月20日、2ndアルバムThe Dream, The SpaceをZESTONE RECORDSよりリリース。同作品はアメリカでもTragic Hero Recordsから8月2日にリリースされた。
    • 8月20日・27日、キャリア初のワンマン公演「The Dream, The Space Tour One Man Live」を開催。
  • 2012年
    • 6月、「INTO THE ZION TOUR」を開催。ゲストにHER NAME IN BLOOD
    • 6月20日、ZION EPをSMALLER RECORDINGSよりリリース。
    • 11月21日発売号のKerrang!誌に、ライブレビューが掲載され、ポスターが封入された[6][7]
  • 2013年
    • 2月23日、オーストラリア「SOUNDWAVE FESTIVAL 2013」に出演。アジア圏バンド出演は初
    • 5月、Crossfaithワールドデビュー作となるアルバムAPOCALYZEのリリースと、それに伴って"APOCALYZE WORLD TOUR"を行うことを発表。さらにバンド史上初のJAPAN TOURも発表された[8]
    • 8月、Warped Tour 2013にて、最終日の前日にテキサスの会場で行われた参加バンドによるドラム・コンテストで、Tatsuyaが数々の海外バンドを相手に優勝した[9]
    • 8月23日・25日、「Reading and Leeds Festivals 2013」に出演。
    • 8月~9月、「APOCALYZE WORLD TOUR 2013 : JAPAN」を開催。
    • 9月4日、3rdアルバムAPOCALYZEをSMALLER RECORDINGSよりリリース。アメリカではジ・エンド・レコードから3日に、イギリスではSearch and Destroy Records/Sony Musicから9日に発売された。また、特設サイトにて全曲ストリーミングも開始した[10]。同作品は09月16日付オリコンCDアルバム週間ランキング初登場19位、9月21日付Billboard Heatseekers Albumsチャート初登場13位を記録。
    • 12月、「APOCALYZE WORLD TOUR 2013 : JAPAN FINAL SERIES」を開催。
  • 2015年
    • 1月23日、ギタリストKAZUKIが大脳基底核損傷の治療のため活動を休止することが発表。バンドはサポートギターを迎えて活動を継続。
    • 2月1日〜15日、「MADNESS TOUR in JAPAN」を開催。ゲストにArchitects / AA= / AIR SWELL / BOOM BOOM SATELLITES / coldrain / CRYSTAL LAKE / Fear, and Loathing in Las Vegas / HER NAME IN BLOOD / NOISEMAKER / PALM / ROTTENGRAFFTY / ギルガメッシュ / マキシマム ザ ホルモン
    • 3月2日〜23日、「MONSTER ENERGY OUTBURN TOUR 2015」を開催。ゲストにCRYSTAL LAKE / FACT / AIR SWELL / ANGRY FROG REBIRTH / Crossfaith / HER NAME IN BLOOD / NOISEMAKER / ROACH / Survive Said The Prophet / The BONEZ
    • 9月20日〜23日、「Crossfaith Japan Tour 2015」を開催。最終公演の東京・Zepp TokyoにてギタリストKAZUKIが復帰。
    • 9月26日、「 第一回世界遺産巡業特別公演 '日光の編'」を開催。
  • 2017年
    • 2月4日、「New Age Warriors -Japan Tour- FINAL SERIES ONEMAN SHOWS」の最終公演を史上最大規模となる幕張メッセイベントホールで開催。
    • 8月2日、ニューシングル「FREEDOM」、2ndDVD「LIVE IN JAPAN NEW AGE WARRIORS TOUR FINAL AT MAKUHARI MESSE」を発売。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
(オリコン)
収録曲 備考
1st 2014年10月8日 MADNESS BVC7-2/3:初回生産限定盤
BVC7-4:通常盤
15位 メジャーデビューシングル
2nd 2016年7月27日 New Age Warriors BVCL-742:初回生産限定盤
BVCL-744:通常盤
30位
3rd 2017年8月2日 FREEDOM SRCL-9470~9471:初回生産限定盤
SRCL-9472:通常盤
21位
4th 2018年1月24日 WIPEOUT SRCL-9625~9626:初回生産限定盤A
SRCL-9627~9628:初回生産限定盤B
SRCL-9629:通常盤

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
(オリコン)
収録曲 備考
1st 2012年6月20日 ZION EP SLRL-10007 38 SMALLER RECORDINGS

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
(オリコン)
収録曲 備考
1st 2009年4月29日 The Artificial theory for the Dramatic Beauty ZEST-005 ZESTONE RECORDS
2nd 2011年4月20日 The Dream, The Space ZEST-025 67 ZESTONE RECORDS
3rd 2013年9月4日 APOCALYZE SLRL-10011 19 SMALLER RECORDINGS
4th 2015年9月16日 XENO BVC7-6 14 メジャーデビューアルバム
LUSTFORLIVES

デモ[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2008年 Blueprint of reconstruction mri-02685 1000枚限定

その他[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2017年2月10日 New Age Warriors Remix 2ndシングル「New Age Warriors」のリミックス。配信限定。
2018年1月24日 FREEDOM Remix 3rdシングル「FREEDOM」のリミックス。配信限定。

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2009年4月3日 VERSUS LSMR-1011 タワーレコード限定
2009年9月16日 YOUNAMEIT ZEST-010 ZESTONE RECORDS
2010年2月3日 マナフェスト『ザ・チェイス』 TOCP-66933 オリコン最高52位、登場回数8回
2010年8月4日 VERSUS - Round 2 LSMR-1018 タワーレコード限定
2011年3月4日 PUNK GOES POP VOLUM 3 TRVE-0045 TRIPLE VISION ENTERTAINMENT
2011年5月11日 ZEST FOR LIVING Vol.1 ZEST-026 ZESTONE RECORDS
2012年1月18日 ZEST FOR LIVING Vol.02 ZEST-032 オリコン最高183位
2012年3月14日 VANS COMPILATION LOUD SESSION!!!! VANS×BANDS 2 VANS-0002 オリコン初登場66位
2013年11月13日 Pay money To my Pain『gene』 VPCC-81781 オリコン最高7位、登場回数11回
2016年5月25日 SiM vs Crossfaith『GET iT OUT』 DWRC-001 オリコン最高20位、登場回数7回

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
INNI VISION The Evolution」「Jägerbomb」「Photosphere」「Countdown To Hell」「Scarlett」「Leviathan from「ACROSS THE FUTURE 〜The Beginning〜 すべての始まり 」」
maxilla OMEN」「Monolith」「Stars Faded In Slow Motion」「Eclipse」「We Are The Future」「MADNESS」「Rx Overdrive」「Devil's Party
escape into verse Blue
Taichi Kimura Freedom (ft. Rou Reynolds from Enter Shikari)

出演イベント[編集]

  • 2010年01月16日 - SiM presents DEAD POP FESTiVAL vol.0
  • 2010年05月02日 - COMIN'KOBE10
  • 2011年01月22日 - SiM presents DEAD POP FESTiVAL vol.2
  • 2011年02月19日 - SCREAM OUT FEST 2011
  • 2011年04月29日 - LIQUIDROOM presents "UNDER THE INFLUENCE"
  • 2011年05月04日 - COMIN'KOBE11
  • 2011年08月14日 - SUMMER SONIC 2011
  • 2011年09月20日・21日・22日 - EXTREME THE DOJO vol.27
  • 2011年12月01日・02日 - SiM「SEEDS OF HOPE TOUR 2011-2012
  • 2012年01月14日 - SiM presents DEAD POP FESTiVAL 2012
  • 2012年01月20日〜02月04日 - ZESTONE RECORDS presents BROTHERHOOD TOUR 2012
  • 2012年02月18日 - SCREAM OUT FEST 2012
  • 2012年03月15日・16日 - UNDEROATH JAPAN TOUR 2012
  • 2012年04月07日 - SKULLSHIT presents THE LIVE 2012
  • 2012年04月09日 - August Burns Red「HOOK THE TRIGGER VOL.1」
  • 2012年06月05日 - ONE OK ROCK 2012 "Start Walking The World Tour"
  • 2012年07月14日・15日・16日 - Silverstein Japan Tour 2012
  • 2012年07月18日 - PUNKLOID × RED LINE TAG FES NO BLUR CIRCUIT 2012
  • 2012年08月15日 - Destroy Before Reading vol.15
  • 2012年08月18日 - SUMMER SONIC 2012
  • 2012年08月24日 - TREASURE05X 2012 ~burning diamonds~
  • 2012年11月18日 - GRANDLINE 2012
  • 2012年11月21日 - SHIBUYA CYCLONE 15th ANNIVERSARY
  • 2012年11月29日 - ガンギマ&ドンギマ Presents ドギマズン~謝肉祭~ vol.1
  • 2012年12月15日 - OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2012
  • 2012年12月17日 - KINGS ROAD TATTOO STUDIO Presents "COUNTER CULTURE"vol.1
  • 2012年12月27日 - SHUT THE F××K UP!!!Vol.2
  • 2012年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 12/13
  • 2013年04月05日・07日 - SiM「EViLS TOUR 2013」
  • 2013年04月17日 - BLARE DOWN BARRIERS 2013
  • 2013年05月11日 - Ozzfest Japan 2013
  • 2013年05月13日・14日・16日 - The AP Tour Japan 2013
  • 2013年05月21日 - coldrain「THE REVELATION TOUR 2013」
  • 2013年06月11日 - HEY-SMITH "Now Album" JAPAN TOUR.
  • 2013年08月10日・11日 - SUMMER SONIC 2013
  • 2013年09月06日 - ROTTENGRAFFTY "Walk" TOUR 2013-2014
  • 2013年09月23日 - MADOllie2013
  • 2013年10月19日 - LOUD PARK 13
  • 2013年10月25日 - HEY-SMITH "Now Album" JAPAN TOUR FINAL SERIES
  • 2013年10月27日 - TOWER RECORDS presents Bowline 2013
  • 2013年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2014年01月26日 - SiM「PANDORA TOUR 2013-2014 FiNAL 2days -Day.2-"DEAD POP FESTiVAL2014"」
  • 2014年03月21日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM
  • 2014年03月23日 - SAKAI MEETING 2014
  • 2014年04月29日 - COMIN'KOBE14
  • 2014年05月10日 - MADOllie2014 SPRING
  • 2014年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
  • 2014年08月05日 - LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY
  • 2014年08月08日 - HEART-TOWN FESTIVAL(香港)
  • 2014年08月09日 - HEART-TOWN FESTIVAL(台湾)
  • 2014年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
  • 2014年08月16日 - SUMMER SONIC 2014
  • 2014年08月22日・23日 - Reading and Leeds Festivals 2014
  • 2014年08月28日 - Red Bull Live on the Road 2014 Final Stage
  • 2014年11月15日 - KNOTFEST JAPAN 2014
  • 2015年01月24日 - NO MATTER LIVE 2015
  • 2015年06月04日・07日 - ONE OK ROCK 2015 "35xxxv" JAPAN TOUR
  • 2015年06月06日 - 百万石音楽祭2015~ミリオンロックフェスティバル~
  • 2015年08月23日 - WILD BUNCH FEST. 2015
  • 2015年09月05日 - TREASURE05X 2015 ~a great faith~ ~rising force!~
  • 2015年09月29日・30日・10月03日 - HEY-SMITH "お披露目TOUR"
  • 2015年10月12日 - TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by HEY-SMITH & TOWER RECORDS
  • 2015年11月20日 - ROCK-O-RAMA 2015
  • 2015年11月21日 - Ozzfest Japan 2015
  • 2015年11月29日 - ROTTENGRAFFTY "Live Is Beautiful Tour 2015-2016"
  • 2015年12月06日 - HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2015
  • 2015年12月09日 - RED BULL LIVE ON THE ROAD 2015 FINAL STAGE
  • 2015年12月10日 - WANIMA「Are You Coming? Tour」
  • 2015年12月12日 - DR.MARTENS PRESENTS #STANDFORSOMETHING LIVE, STYLE OF TOKYO
  • 2015年12月15日 - MIYAVI Tour 2015 "WE ARE THE OTHERS"-EXTRA
  • 2015年12月19日 - OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2015
  • 2015年12月22日 - uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC vol.5 supported by SPACE SHOWER TV
  • 2015年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 15/16
  • 2016年01月23日・30日 - NO MATTER LIVE
  • 2016年04月09日 - TOWER RECORDS presents Bowline 2016 curated by CROSSFAITH & TOWER RECORDS
  • 2016年04月09日 - TOWER RECORDS presents Bowline EXTRA PARTY"ECLIPSE"produced by Crossfaith
  • 2016年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.16
  • 2016年04月30日 - Music / Art / Tokyo
  • 2016年05月07日・08日 - SiM「THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR 2016」
  • 2016年05月13日 - TOWER RECORDS SAPPORO PIVOT 20th Anniversary NOrth MUSIC, NOrth LIFE. Vol.11
  • 2016年05月15日 - OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016
  • 2016年05月21日 - SAKAI MEETING 2016
  • 2016年06月02日 - SiM vs Crossfaithスペシャルライブ
  • 2016年06月04日 - SATANIC CARNIVAL '16
  • 2016年06月05日 - 百万石音楽祭 2016~ミリオンロックフェスティバル~
  • 2016年06月10日 - Ken Yokoyama「Rumble Of The Month Vol.2」
  • 2016年06月18日・19日 - HEY-SMITH"STOP THE WAR TOUR"
  • 2016年06月25日 - NOISEMAKER "ROAR TOUR 2016"
  • 2016年07月03日 - 京都大作戦2016~吸収年! 栄養満点! 音のお野祭! ~
  • 2016年07月10日 - SiM presents DEAD POP FESTiVAL 2016
  • 2016年07月17日 - JOIN ALIVE 2016
  • 2016年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016
  • 2016年08月20日 - WILD BUNCH FEST. 2016
  • 2016年08月21日 - MONSTER baSH 2016
  • 2016年09月11日 - OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2016
  • 2016年11月06日 - KNOTFEST JAPAN 2016
  • 2016年12月23日 - AIR JAM 2016
  • 2017年04月02日 - YON FES 2017

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ coldrainのMASATOがゲストボーカルで参加している。
  2. ^ The Prodigyのカバー曲である。日本盤のみのボーナストラック。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Crossfaith 邦楽バンド音楽情報│キューブミュージック”. Cube Music. 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Crossfaith|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ a b c Crossfaith reviews, music, news - sputnikmusic・2015年12月3日閲覧。
  4. ^ a b Crossfaithの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2016年3月8日閲覧。
  5. ^ a b c d Crossfaith インタビュー - Qetic・2016年3月8日閲覧。
  6. ^ Crossfaith、先日のKERRANG!誌への掲載に続き、METAL HAMMER誌にて特集が掲載!”. 激ロック. 2013年2月28日閲覧。
  7. ^ Twitter / CrossfaithJapan: Go pick up new @KerrangMagazine! ...”. Twitter / CrossfaithJapan. 2013年2月28日閲覧。
  8. ^ CROSSFAITH、世界照準の新作「APOCALYZE」発売決定”. ナタリー (2013年5月31日). 2013年9月12日閲覧。
  9. ^ “Crossfaithのドラマー、Tatsuya AmanoがVans Warped Tourにて行われたドラム・コンテストでTHE BLACK DAHLIA MURDERのAlan Cassidyを制し優勝!”. 激ロック. (2013年8月5日). http://gekirock.com/news/2013/08/crossfaith_tatsuya_amano_drum.php 2016年12月28日閲覧。 
  10. ^ Crossfaith 最新AL『APOCALYZE』ストリーミング”. Billboard JAPAN (2013年9月11日). 2013年9月12日閲覧。

インタビュー[編集]

外部リンク[編集]