フルカワユタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルカワ ユタカ
生誕 (1978-02-28) 1978年2月28日(41歳)
出身地 日本の旗 日本山口県山口市
学歴 電気通信大学卒業
ジャンル ロック
担当楽器 ボーカル
ギター
共同作業者 DOPING PANDA
1997年 - 2012年
公式サイト フルカワユタカ公式サイト

フルカワ ユタカ1978年2月28日 - )は、日本のミュージシャン古川裕Yutaka Furukawaと表記することもある。自称・愛称ともに「ロックスター」、または「スター」。山口県山口市出身。山口県立山口高等学校電気通信大学卒。A型。身長174cm。

来歴[編集]

1997年に3ピースロックバンドDOPING PANDAを結成。2012年4月の解散まで、作詞・作曲、ボーカルギターとして活動した。

DOPING PANDA解散後の2012年8月にソロ活動を開始。

2013年1月に渋谷クアトロで初のソロ・3daysライブを行い、同年11月13日にアルバム「emotion」をリリース。2014年1月から3月にかけて、初のソロツアー「emotion tour 2014」で全国14ヵ所を回った。

2016年3月5日-4月30日、Base Ball Bearのライブツアー「Base Ball Bear Tour『LIVE BY THE C2』」でサポートギターを務める。[1]

2016年の夏フェス以降、LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSのギタリストとして参加。[2]

2017年2月には、ソロ2ndアルバムのツアー「And I'm a Rock Star TOUR」を行い、東京・名古屋・大阪を回った[3]

翌年の2018年は、自身の音楽活動20周年・ソロ活動5周年のダブル周年イヤーとなるため、前後に多数の記念ライブやイベントが組まれた。

まず2017年11月には、自身の音楽活動の集大成的なライブ「フルカワユタカ SHELTER 3days」を東京・下北沢SHELTERにて開催。チケットは全日SOLD OUTした。1日目は「バック・トゥ・ザ・インディーズ」[4]、2日目は「フルカワユタカはこう弾き語った」[5]、3日目は「無限大ダンスタイム'17」[6]と銘打ち、各日で多彩なパフォーマンスを見せた。

2018年1月28日には、自身初の主催フェス「5x20(ファイブバイトゥエンティ)」を東京・新木場STUDIO COASTで実施[7]。大成功を収めた。なお、当日のアンコールでは、解散したDOPING PANDA限定復活[8]、Twitterのトレンドや各種音楽ニュースサイトに速報が掲載されるなど大きな話題を呼んだ。

2018年1月から4月にかけて、ソロ3rdアルバムのツアー「Yesterday Today Tomorrow TOUR」を行い、全国12ヶ所を回った(うち7ヶ所はバンドセット、5ヶ所はアコースティック。アコースティックの京都と札幌は特に人気が高かったため、追加公演を行った)。

引き続き、精力的に音楽活動を続けている。

人物[編集]

  • ベーシストであるフルカワミキとは苗字・本名の片仮名表記を名義としている点が共通だが、両者に血縁関係は無い。
  • 15歳の時に音楽をやろうと決め、ギターを始める。初期は洋楽ハードロック、特にレッド・ツェッペリンヴァン・ヘイレンの影響を強く受け、高校3年間はひたすらギターの練習をしていた[9]
  • ライブ時のギターはデビュー時から一貫してフェンダー・テレキャスターを使用している。
  • アイデンティティはギタリスト[10]。ギタリストにしては珍しく、ギターを2本しか所持していない。どちらもマスタービルダー[11]のマーク・ケンドリック(Mark Kendrick)が作った同じタイプのフェンダー・テレキャスターである。
  • 邦楽ではユニコーン奥田民生が好きで、音楽ニュースサイトナタリーの企画で奥田と対談したり、アンプを譲り受けたこともある[12]
  • ミュージシャン仲間では、ART-SCHOOL木下理樹誕生日が1年違いで同じの須藤寿などと親交が深い。
  • 音楽情報サイト「BARKS」にコラムを連載している[13]。ミュージシャン仲間やメイニア(DOPING PANDAやフルカワユタカのファンは「メイニア」と総称される。特にDOPING PANDAのファンは「ドーパメイニア」、フルカワユタカのファンは「ユタカメイニア」とも呼ばれる)からの人気が高い。

サポートメンバー[編集]

エフェクターは
  • カディオ @kahadio - ドラム担当。
  • 神林翔太 @kanbashota - ドラム担当。
    • カディ林ではない。
    • 寒椿でもない。
  • 岸本亮 @MELTEN_JABBER -ピアノ担当。
    • インストゥルメンタルバンド fox capture plan のリーダー。
    • 「フルカワユタカ SHELTER 3days」の2日目にて、ドラムの神林翔太とともに3ピースを編成した際に出演。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年11月8日 days goes by NIW-136 オリコン最高114位 (2017年11月20日付)。

2~12曲目はデモ音源

2nd 2018年6月6日 ドナルドとウォルター NIW-141A
  1. ドナルドとウォルター
  2. too young to die
  3. Lost & Found
  4. Me, Dogs and Mother Mary
  5. セレナーデ
  6. すばらしい日々
オリコン最高69位 (2018年06月18日付)。

1曲目は、feat.原昌和(the band apart) 2~6曲目は、新曲を含むアンプラグド(アコースティック)音源。

2曲目はソロデビュー曲。3,4曲目は、Doping Panda時代の楽曲。

5曲目は新曲。6曲目はユニコーンのカバー。

3rd 2018年12月5日 クジャクとドラゴン /

インサイドアウトとアップサイドダウン

NIW-143
  1. クジャクとドラゴン feat.安野勇太(HAWAIIAN6)
  2. インサイドアウトとアップサイドダウン feat.ハヤシヒロユキ(POLYSICS)
  3. too young to die [bonus track]
  4. LOVERS SOCA [bonus track]
  5. 僕はこう語った [bonus track]
  6. DAMN DAMN [bonus track]
  7. Lost & Found [bonus track]
  8. Me, Dogs And Mother Mary [bonus track]
  9. セレナーデ [bonus track]
  10. すばらしい日々 [bonus track]
  11. lime light [bonus track]
  12. next to you [bonus track]
  13. シューティングゲーム [bonus track]
  14. ドナルドとウォルター [bonus track]
ボーナストラックは、アコースティックライブの音源を収録。CDのみの収録であり、配信はなし。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年1月26日 too young to die ライブ会場販売限定、インターネット配信限定。

現在は販売および配信を停止しており、「幻のソロ0枚目の音源」となっている。

2nd 2013年11月13日 emotion XQIY-1120 SMALLER RECORDINGS
trailerオリコン最高81位

1枚目の「too young to die」は非公式アルバムのため、2ndのこちらが公式には「デビューアルバム」「1枚目のアルバム」と言及される。

3rd 2017年1月11日 And I'm a Rock Star NIW-128A オリコン最高86位

プラスティックレイディは、「りぶ」に提供した楽曲のセルフカバー。物理盤(CD)にのみ収録(※2019年配信開始)。

4th 2018年1月10日 Yesterday Today Tomorrow NIW-137


1,3,5,8の作詞はmususu氏

4のベースはタロティ、ドラムはHAYATO

7の作詞は須藤寿(髭)

5th 2019年7月3日 epoch NIW-147
  1. コトバとオト feat. Base Ball Bear
  2. ゲッコウとオドリコ
  3. クジャクとドラゴン feat. 安野勇太(HAWAIIAN6)
  4. コーラとアメスピ
  5. セイギとミカタ
  6. インサイドアウトとアップサイドダウン feat. ハヤシヒロユキ(POLYSICS)
  7. ボトルとサイダー
  8. デストラクションとクリエイション
  9. ドナルドとウォルター feat. 原昌和(the band apart)
  10. ロックスターとエレキギター

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年11月4日 I don't wanna dance NIW113 オリコン最高151位 (2015年11月16日付)。

trailer

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2007年12月12日 BoALOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA AVCD-31367B
AVCD-31368
avex trax
2008年10月15日 ART-SCHOOL『ILLMATIC BABY』 PCCA-2770 全曲ストリングスアレンジ・プロデュース ポニーキャニオン
2009年3月11日 土屋アンナ『NUDY xxxremixxxxxxx!!!!!!!!』 CTCR-14620 2. LUCY (digiping panda mix) remixed by Yutaka Furukawa(DOPING PANDA) MAD PRAY
2012年7月4日 NILE LONG『NILE LONG』 NIW-79 4.Once In The Moonlight -afrobell Mix by yutaka furukawa- Niw! Records
2012年9月26日 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET『The Great Escape』 COCP-37553 9.フェアウェル(作詞作曲) 日本コロムビア
2012年10月3日 MEGWEAR I AM KICS-1832
KICS-91832
6.LOVE EMOTION(作詞作曲編曲) スターチャイルド
2013年3月20日 NILE LONG『Diggin' It Up』 NIW-88 全曲プロデュース・レコーディングエンジニア Niw! Records
2015年2月4日 りぶ『singing Rib』 VICL-64284 15.プラスティックレィディ(作詞作曲) ビクターエンタテインメント
2016年11月22日 Charisma.com『unPOP』 WPCL-12466 3. もや燃やして(作曲/wいつか) LIVE会場 / WMD 限定発売
2018年1月24日 BRIAN SHINSEKAI『Entrée』 VICL-64870 3. 東京ラビリンス ft. フルカワユタカ(ギター) ビクターエンタテインメント
2018年5月23日 Sawagi『Kabo Wabo』 NIW-140 2. City Bounce(Remix/Rock Star Solo mix) Niw! Records

※RemixはYou Tube限定公開。 SawagiメンバーのTwitterで「こちらRock Starことフルカワユタカ氏にとんでもないギターを注入していただいたSawagiの新曲でございます。凄すぎます。ヴァンヘイレンです。 これはまじ真似できない。」と激賞された。

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
西 弾 Beast
三石 直和 too young to die
高村 佳典 I don't wanna dance

サバク
真夜中のアイソレーション

北山 大介 days goes by
青木 亮二 ぼくはこう語った

「ドナルドとウォルター」

「クジャクとドラゴン」

「コトバとオト」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2013年1月26日-30日(3公演) - Yutaka Furukawa QUATTRO 3days ~first communication~
  • 2013年4月5日-6月30日(4公演) - YUTAKA FURUKAWA & FRONTIER BACKYARD 共同企画「ダブル・ミーニング」
  • 2013年9月13日-22日(3公演) - yutaka furukawa presents 関東 Short Circuit
  • 2013年11月29日-12月21日(3公演) - yutaka furukawa one-man show in Nov/Dec
  • 2014年1月26日-3月28日(14公演) - フルカワユタカ「emotion tour 2014」
  • 2014年4月26日-5月9日(3公演) - フルカワユタカ electric communication Vol.1
  • 2015年5月17日 - 無限大ダンスタイム 2015
  • 2015年12月2日,4日(2公演) - 無限大ダンスタイム EAST & WEST
  • 2017年2月10日-28日 - And I'm a Rock Star TOUR(band set 3公演)、And I'm a Rock Star TOUR extra(acoustic 4公演)
    • ツアーファイナルの28日は w/須藤寿(髭)
  • 2017年6月4日 - Play With 〜with Newest B〜
  • 2017年7月28日 - Play With 〜with Melancholy A〜
  • 2017年11月28日-30日(3公演) - フルカワユタカ SHELTER 3days
  • 2018年1月13日-3月11日 - yesterday today tomorrow TOUR(band set 6公演)、yesterday today tomorrow TOUR extra(acoustic 5公演+追加2公演)
  • 2018年1月28日 - 5✕20
  • 2018年2月28日 - 2✕28
    • w/ 須藤寿(髭)
  • 2018年4月13日 - yesterday today tomorrow TOUR ファイナル
    • w/ the special guests
  • 2018年6月29日 - 5×20 additional, PlayWith シックス ~with SICS~
  • 2018年7月18日-9月26日(11公演) - アコースティックツアー「僕はこう弾き語った」
  • 2018年8月31日 - 5×20 additional, PlayWith シックス ~with 6 & STOMPIN' BIRD~
  • 2018年10月19日 - フルカワユタカ ワンマンショー in 札幌
  • 2018年10月28日、10月29日、10月31日(3公演)- フルカワユタカpresents 5×20 additional「PlayWith tour2018」
  • 2019年1月26日-4月21日 - ワンマンツアー「ロックスターとエレキギター」(全国14公演)
  • 2019年1月29日、30日 - Sgリリース記念特別企画 「ユウタとユタカ」(acoustic LIVE)
    • w/安野勇太(HAWAIIAN6)
  • 2019年2月28日 - フルカワユタカ×須藤寿 生誕祭 III
    • w/須藤寿(髭)

出演イベント[編集]

  • 2011年6月4日 - SAKAE SPRING 2011
  • 2013年5月27日 - Niw! Records 10th Anniversary -Niw! Standard-
  • 2013年10月10日 - ART-SCHOOL presents「SHELTER 10days」
  • 2013年10月27日 - hibiya yaon 90th anniversary MUSIC MONSTERS SPECIAL 2013 ~Today, Tomorrow & Forever~
  • 2013年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2014年2月23日 - DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2014 winter-
  • 2014年2月27日 - 須藤寿&フルカワユタカ生誕前夜祭
  • 2014年5月2日,3日 - ART-SCHOOL NEW ALBUM「YOU」Release tour 2014
  • 2014年5月11日 - FM802 25th Anniversary 802GO! presents Rockin'Radio! -OSAKAJOH YAON- supported by SPACE SHOWER TV
  • 2014年6月8日 - the band apart「BONGO e.p.」release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
  • 2014年8月23日 - Keishi Tanaka presents "ROOMS"
  • 2014年8月24日 - MONSTER baSH 2014
  • 2014年11月8日 - 音楽と人 LIVE 2014 Vol.5「TOKYO ACOUSTIC SESSION」
  • 2015年1月18日 - ソロウフェロウ
  • 2016年5月12日 - 東京キネマ倶楽部プレゼンツ~ヨカノスゴシカタ 3~
  • 2016年10月2日 - SHELTER 25th Anniversary ~THE REAL THINGS~
  • 2017年3月8日 - ツタロックpresents「順不同vol.1」
    • w/ ent
  • 2017年3月25日,26日 - IMAIKE GO NOW 2017
  • 2017年5月15日 - SHELTER × Niw! Records presents "EARLY SUMMER DIG"
  • 2017年7月8日 - PLAYTHINGS IN THE SKY -THE ACOUSTIC SESSIONS
  • 2017年7月21日-8月25日 - LOW IQ 01 LIVE TOUR 2017 "Other Stories Noticed"
  • 2017年10月31日 - 吉祥寺SHUFFLE 10th Anniversary
  • 2018年2月16日 - 「Yesterday Today Tomorrow」発売記念 フルカワユタカ at 代官山蔦屋書店
  • 2018年2月24日 - 夢チカLIVE VOL.127
    • w/ INKYMAP, Selfarm, Mr.Nuts
  • 2018年3月17日,18日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM
  • 2018年3月24日,25日 - IMAIKE GO NOW 2018
    • フルカワユタカ(バンドセット,アコースティック), LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS の3ステージ出演。ユタカ祭りとなった。
  • 2018年5月18日-6月26日(全15公演)- LOW IQ 01 LIVE TOUR 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS and LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS+ のG, Choとして参加
    • w/ LOW IQ 01, DAZE(fam、THE FIREWOOD PROJECT、The Yasuno N°5 Group), +はさらに渡邊忍(ASPARAGUS、Noshow)を加えた4人編成
  • 2018年6月1日 - 中村郁実の坊主の弾き語り修行
    • w/ おおはた雄一、住岡梨奈、中村郁実
  • 2018年7月7日 - PLAYTHINGS ✕ rawer than raw
  • 2018年7月14日 - JOIN ALIVE 2018
    • ソロ夏フェスバージンを北海道に捧げた。
  • 2018年7月25日 - F.A.D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol.57
  • 2018年7月27日 - red cloth 15th ANNIVERSARY
  • 2018年8月6日 - EIGHT SIX live
  • 2018年9月8日 - BAYCAMP2018
  • 2018年9月22日・23日 - 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018
  • 2018年9月27日 - OTODAMA SEA STUDIO 2018 supported by POCARI SWEAT ~ACOUSTIC SESSION 2018~
  • 2018年9月29日 - JUNGROOVE PRESENTS “REALITIES vol2”
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月7日 - 気仙沼サンマフェスティバル2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月10日 - 東北ライブハウス大作戦ツアー 〜relationship FRANCE〜2018 東京編
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月13日 - 阿波国 THE SOLAR BUDOKAN 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月13日 - 木下理樹生誕祭2018~BAN NEN~
  • 2018年10月14日 - ECHOES2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年11月1日 - VAM-VIDEO ADDICT MADNESS PRESENTS”GOOD PEOPLE SCENE-3″
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年11月10日 - KOHTEISENSHI
    • w/ HAWAIIAN6
  • 2018年11月25日 - 語り-gatari- 平成三十年 秋 第一話 世田谷 supported by Rolling Stone Japan
  • 2018年11月30日 - 東京都Words Of Love 公開収録イベント ゲスト
  • 2018年12月2日 - POWER STOCK 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年12月7日 - F.A.D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol.65
    • w/avengers in sci-fi
  • 2018年12月13日 - MASTER OF MUSIC 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS+での出演
  • 2018年12月18日 - 代官山蔦屋書店『クジャクとドラゴン/インサイドアウトとアップサイドダウン』発売記念アコースティックライブ&サイン会
  • 2018年12月27日 - Hawaiian 6 Hatano presents 「弾き語り VS 語り」
  • 2018年12月31日 - LIVE DI:GA JUDGEMENT 2018
  • 2019年2月9日 - LOW IQ 01 20th Anniversary DRUMMERS SESSION
  • 2019年2月16日 - y's presents『貴ちゃんナイト vol.11』
    • w/百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)、渡會将士(brainchild’s / FoZZtone)、MC:中村貴子        

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Base Ball Bearから湯浅将平が脱退、ツアーはフルカワユタカ迎えて敢行
  2. ^ フルカワユタカとLOW IQ 01はこう語った -net radio vol.5-
  3. ^ 株式会社ロッキング・オン. “フルカワユタカ、約3年ぶりにアルバム発売。タイトルは『And I'm a Rock Star』-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/151618” (日本語). rockinon.com. 2018年5月4日閲覧。
  4. ^ “【ライブレポート】フルカワユタカ、SHELTER 3days初日「みんなを大きなステージへ」 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000150075 2018年5月4日閲覧。 
  5. ^ “【ライブレポート】フルカワユタカ、SHELTER 3days二日目「じんわりやっていきます」 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000150078 2018年5月4日閲覧。 
  6. ^ “【ライブレポート】フルカワユタカ、SHELTER 3days最終日「ロックスターでいるから」 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000150079 2018年5月4日閲覧。 
  7. ^ フルカワユタカ presents 「5×20」”. フルカワユタカ presents 「5×20」. 2018年5月4日閲覧。
  8. ^ ジュン音楽用 (2018-02-01), フルカワユタカ5×20, https://www.youtube.com/watch?v=a-Glt7LN-08&t=2732s 2018年5月4日閲覧。 
  9. ^ 【インタビュー】Yutaka Furukawa (DOPING PANDA)
  10. ^ “【連載】フルカワユタカはこう語った 第2回『僕はギタリストだ』 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000121810 2018年5月4日閲覧。 
  11. ^ ギター・マガジン編集部. “「マスタービルダー」10人の肖像/憧れの「フェンダーカスタムショップ」ギター徹底解剖! | Fender Custom Shop”. ギター・マガジン. http://rittor-music.jp/guitar/magazine/fendercustom/996 2018年5月4日閲覧。 
  12. ^ DOPING PANDA Presents『The idiot TV×natalie TV』
  13. ^ “【連載】フルカワユタカはこう語ったの音楽まとめ | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/keywords/furukawa_katatta.html 2018年5月4日閲覧。