フルカワユタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルカワ ユタカ
生誕 (1978-02-28) 1978年2月28日(40歳)
出身地 日本の旗 日本山口県山口市
学歴 電気通信大学卒業
ジャンル ロック
担当楽器 ボーカル
ギター
共同作業者 DOPING PANDA
1997年 - 2012年
公式サイト フルカワユタカ公式サイト

フルカワ ユタカ1978年2月28日 - )は、日本のミュージシャン古川裕Yutaka Furukawaと表記することもある。自称・愛称ともに「ロックスター」、または「スター」。山口県山口市出身。山口県立山口高等学校電気通信大学卒。A型。身長174cm。

来歴[編集]

1997年に3ピースロックバンドDOPING PANDAを結成。2012年4月の解散まで、作詞・作曲、ボーカルギターとして活動した。

DOPING PANDA解散後の2012年8月にソロ活動を開始。

2013年1月に渋谷クアトロで初のソロ・3daysライブを行い、同年11月13日にアルバム「emotion」をリリース。2014年1月から3月にかけて、初のソロツアー「emotion tour 2014」で全国14ヵ所を回った。

2016年3月5日-4月30日、Base Ball Bearのライブツアー「Base Ball Bear Tour『LIVE BY THE C2』」でサポートギターを務める。[1]

2016年の夏フェス以降、LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSのギタリストとして参加。[2]

2017年2月には、ソロ2ndアルバムのツアー「And I'm a Rock Star TOUR」を行い、東京・名古屋・大阪を回った[3]

翌年の2018年は、自身の音楽活動20周年・ソロ活動5周年のダブル周年イヤーとなるため、前後に多数の記念ライブやイベントが組まれた。

まず2017年11月には、自身の音楽活動の集大成的なライブ「フルカワユタカ SHELTER 3days」を東京・下北沢SHELTERにて開催。チケットは全日SOLD OUTした。1日目は「バック・トゥ・ザ・インディーズ」[4]、2日目は「フルカワユタカはこう弾き語った」[5]、3日目は「無限大ダンスタイム'17」[6]と銘打ち、各日で多彩なパフォーマンスを見せた。

2018年1月28日には、自身初の主催フェス「5x20(ファイブバイトゥエンティ)」を東京・新木場STUDIO COASTで実施[7]。大成功を収めた。なお、当日のアンコールでは、解散したDOPING PANDA限定復活[8]、Twitterのトレンドや各種音楽ニュースサイトに速報が掲載されるなど大きな話題を呼んだ。

ちなみに1月28日は、奇しくも(なのか、フルカワユタカならではの「ちなんで」なのか)2012年にDOPING PANDAがその解散を告知した月日であった[9]

2018年1月から4月にかけて、ソロ3rdアルバムのツアー「Yesterday Today Tomorrow TOUR」を行い、全国12ヶ所を回った(うち7ヶ所はバンドセット、5ヶ所はアコースティック。アコースティックの京都と札幌は特に人気が高かったため、追加公演を行った)。

引き続き、精力的に音楽活動を続けている。

人物[編集]

  • ベーシストであるフルカワミキとは苗字・本名の片仮名表記を名義としている点が共通だが、両者に血縁関係は無い。
  • 15歳の時に音楽をやろうと決め、ギターを始める。初期は洋楽ハードロック、特にレッド・ツェッペリンヴァン・ヘイレンの影響を強く受け、高校3年間はひたすらギターの練習をしていた[10]
  • ライブ時のギターはデビュー時から一貫してフェンダー・テレキャスターを使用している。
  • アイデンティティはギタリスト[11]。ギタリストにしては珍しく、ギターを2本しか所持していない。どちらもマスタービルダー[12]のマーク・ケンドリック(Mark Kendrick)が作った同じタイプのフェンダー・テレキャスターである。
  • フルカワユタカにとって、ギターとは「人生」である[13]
  • 邦楽ではユニコーン奥田民生が好きで、音楽ニュースサイトナタリーの企画で奥田と対談したり、アンプを譲り受けたこともある[14]
  • ミュージシャン仲間では、ART-SCHOOL木下理樹誕生日が1年違いで同じの須藤寿などと親交が深い。
  • 音楽情報サイト「BARKS」にコラムを連載している[15]。音楽仲間やメイニア(DOPING PANDAやフルカワユタカのファンは「メイニア」と総称される。特にDOPING PANDAのファンは「ドーパメイニア」、フルカワユタカのファンは「ユタカメイニア」とも呼ばれる)からの人気が高い。本人も、文章を書くことが好きであるようだ。
  • コラムで言葉を紡ぐことで、以前はあまりなかった歌詞へのこだわりが生じた。歌詞がどうしても思いつかず、ファミレスで唐揚げを刺したフォークを握りしめたまま天井を見つめ続けたこともある[16]
  • 高所[17]と注射と辛いものが苦手。乗り物に弱く、車内での読み書きは苦手[18]。野球とカツ丼が好き。料理や読書が趣味。天然(最近は他のミュージシャンから指摘されることもあり、自覚してきた)。天然っぷりとステージ上でのロックスターぶりとのギャップが、非常に大きな魅力のひとつ。
  • 黒縁メガネがトレードマーク。メガネをとるとより男前であることは、メイニアからも複数のミュージシャンからも指摘されている。ごく稀に、ライブ中に激しく動いてメガネが飛んでいったり、あまりの熱気に外して曇りを拭いたりすることがある。メイニアの間では、そのレアな姿は「メガネレススター」と呼ばれ、貴重なものとなっている。そのイケメンぶりは、男性の観客からも「かっこいい!!」と声があがるほどである。
  • 「年に5回ほど、鏡の前で自分の顔がカッコいいと思う」とライブのMCで語った。
  • 「現在の自分の声がとても気に入っている」とライブのMCで語った。
  • 給料日は、毎月25日。
  • 2018年4月現在、最初はイヤイヤ始めたInstagramが大変楽しいようだ。「いいねが気になって何度も見てしまう」とライブのMCで語った。
  • 2018年4月現在、ゾーンに入っている[19]
  • 2018年6月現在、愛されたい。
  • 2018年8月現在、モフモフしている。

サポートメンバー[編集]

エフェクターは
  • カディオ @kahadio - ドラム担当。
  • 神林翔太 @kanbashota - ドラム担当。
    • カディ林ではない。
    • 寒椿でもない。
  • 岸本亮 @MELTEN_JABBER -ピアノ担当。
    • インストゥルメンタルバンド fox capture plan のリーダー。
    • 「フルカワユタカ SHELTER 3days」の2日目にて、ドラムの神林翔太とともに3ピースを編成した際に出演。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2017年11月8日 days goes by NIW-136 オリコン最高114位 (2017年11月20日付)。

2~12曲目はデモ音源

2nd 2018年6月6日 ドナルドとウォルター NIW-141A
  1. ドナルドとウォルター
  2. too young to die
  3. Lost & Found
  4. Me, Dogs and Mother Mary
  5. セレナーデ
  6. すばらしい日々
オリコン最高69位 (2018年06月18日付)。

1曲目は、feat.原昌和(the band apart) 2~6曲目は、新曲を含むアンプラグド(アコースティック)音源。

2曲目はソロデビュー曲。3,4曲目は、Doping Panda時代の楽曲。

5曲目は新曲。6曲目はユニコーンのカバー。

3rd 2018年12月5日 クジャクとドラゴン /

インサイドアウトとアップサイドダウン

NIW-143
  1. クジャクとドラゴン feat.安野勇太(HAWAIIAN6)
  2. インサイドアウトとアップサイドダウン feat.ハヤシヒロユキ(POLYSICS)
  3. too young to die [bonus track]
  4. LOVERS SOCA [bonus track]
  5. 僕はこう語った [bonus track]
  6. DAMN DAMN [bonus track]
  7. Lost & Found [bonus track]
  8. Me, Dogs And Mother Mary [bonus track]
  9. セレナーデ [bonus track]
  10. すばらしい日々 [bonus track]
  11. lime light [bonus track]
  12. next to you [bonus track]
  13. シューティングゲーム [bonus track]
  14. ドナルドとウォルター [bonus track]
ボーナストラックは、アコースティックライブの音源を収録。CDのみの収録であり、配信はなし。

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年1月26日 too young to die ライブ会場販売限定、インターネット配信限定。

現在は販売および配信を停止しており、「幻のソロ0枚目の音源」となっている。

2nd 2013年11月13日 emotion XQIY-1120 SMALLER RECORDINGS
trailerオリコン最高81位

1枚目の「too young to die」は非公式アルバムのため、2ndのこちらが公式には「デビューアルバム」「1枚目のアルバム」と言及される。

3rd 2017年1月11日 And I'm a Rock Star NIW-128A オリコン最高86位

プラスティックレイディは、「りぶ」に提供した楽曲のセルフカバー。物理盤(CD)にのみ収録。

4th 2018年1月10日 Yesterday Today Tomorrow NIW-137

1,3,5,8の作詞はmususu氏

4のベースはタロティ、ドラムはHAYATO

7の作詞は須藤寿(髭)

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年11月4日 I don't wanna dance NIW113 オリコン最高151位 (2015年11月16日付)。

trailer

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2007年12月12日 BoALOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA AVCD-31367B
AVCD-31368
avex trax
2008年10月15日 ART-SCHOOL『ILLMATIC BABY』 PCCA-2770 全曲ストリングスアレンジ・プロデュース ポニーキャニオン
2009年3月11日 土屋アンナ『NUDY xxxremixxxxxxx!!!!!!!!』 CTCR-14620 2. LUCY (digiping panda mix) remixed by Yutaka Furukawa(DOPING PANDA) MAD PRAY
2012年7月4日 NILE LONG『NILE LONG』 NIW-79 4.Once In The Moonlight -afrobell Mix by yutaka furukawa- Niw! Records
2012年9月26日 須藤寿GATALI ACOUSTIC SET『The Great Escape』 COCP-37553 9.フェアウェル(作詞作曲) 日本コロムビア
2012年10月3日 MEGWEAR I AM KICS-1832
KICS-91832
6.LOVE EMOTION(作詞作曲編曲) スターチャイルド
2013年3月20日 NILE LONG『Diggin' It Up』 NIW-88 全曲プロデュース・レコーディングエンジニア Niw! Records
2015年2月4日 りぶ『singing Rib』 VICL-64284 15.プラスティックレィディ(作詞作曲) ビクターエンタテインメント
2016年11月22日 Charisma.com『unPOP』 WPCL-12466 3. もや燃やして(作曲/wいつか) LIVE会場 / WMD 限定発売
2018年1月24日 BRIAN SHINSEKAI『Entrée』 VICL-64870 3. 東京ラビリンス ft. フルカワユタカ(ギター) ビクターエンタテインメント
2018年5月23日 Sawagi『Kabo Wabo』 NIW-140 2. City Bounce(Remix/Rock Star Solo mix) Niw! Records

※RemixはYou Tube限定公開。 SawagiメンバーのTwitterで「こちらRock Starことフルカワユタカ氏にとんでもないギターを注入していただいたSawagiの新曲でございます。凄すぎます。ヴァンヘイレンです。 これはまじ真似できない。」と激賞された。

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
西 弾 Beast
三石 直和 too young to die
高村 佳典 I don't wanna dance

サバク
真夜中のアイソレーション

北山 大介 days goes by
青木 亮二 ぼくはこう語った

「ドナルドとウォルター」

「クジャクとドラゴン」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2013年1月26日-30日(3公演) - Yutaka Furukawa QUATTRO 3days ~first communication~
  • 2013年4月5日-6月30日(4公演) - YUTAKA FURUKAWA & FRONTIER BACKYARD 共同企画「ダブル・ミーニング」
  • 2013年9月13日-22日(3公演) - yutaka furukawa presents 関東 Short Circuit
  • 2013年11月29日-12月21日(3公演) - yutaka furukawa one-man show in Nov/Dec
  • 2014年1月26日-3月28日(14公演) - フルカワユタカ「emotion tour 2014」
  • 2014年4月26日-5月9日(3公演) - フルカワユタカ electric communication Vol.1
  • 2015年5月17日 - 無限大ダンスタイム 2015
  • 2015年12月2日,4日(2公演) - 無限大ダンスタイム EAST & WEST
  • 2017年2月10日-28日 - And I'm a Rock Star TOUR(band set 3公演)、And I'm a Rock Star TOUR extra(acoustic 4公演)
    • ツアーファイナルの28日は w/須藤寿(髭)
  • 2017年6月4日 - Play With 〜with Newest B〜
  • 2017年7月28日 - Play With 〜with Melancholy A〜
  • 2017年11月28日-30日(3公演) - フルカワユタカ SHELTER 3days
  • 2018年1月13日-3月11日 - yesterday today tomorrow TOUR(band set 6公演)、yesterday today tomorrow TOUR extra(acoustic 5公演+追加2公演)
  • 2018年1月28日 - 5✕20
  • 2018年2月28日 - 2✕28
    • w/ 須藤寿(髭)
  • 2018年4月13日 - yesterday today tomorrow TOUR ファイナル
    • w/ the special guests
  • 2018年6月29日 - 5×20 additional, PlayWith シックス ~with SICS~
  • 2018年7月18日-9月26日(11公演) - アコースティックツアー「僕はこう弾き語った」
  • 2018年8月31日 - 5×20 additional, PlayWith シックス ~with 6 & STOMPIN' BIRD~
  • 2018年10月19日 - フルカワユタカ ワンマンショー in 札幌
  • 2018年10月28日、10月29日、10月31日(3公演)- フルカワユタカpresents 5×20 additional「PlayWith tour2018」
  • 2019年1月26日-4月21日 - ワンマンツアー「ロックスターとエレキギター」(全国14公演)

出演イベント[編集]

  • 2011年6月4日 - SAKAE SPRING 2011
  • 2013年5月27日 - Niw! Records 10th Anniversary -Niw! Standard-
  • 2013年10月10日 - ART-SCHOOL presents「SHELTER 10days」
  • 2013年10月27日 - hibiya yaon 90th anniversary MUSIC MONSTERS SPECIAL 2013 ~Today, Tomorrow & Forever~
  • 2013年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2014年2月23日 - DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2014 winter-
  • 2014年2月27日 - 須藤寿&フルカワユタカ生誕前夜祭
  • 2014年5月2日,3日 - ART-SCHOOL NEW ALBUM「YOU」Release tour 2014
  • 2014年5月11日 - FM802 25th Anniversary 802GO! presents Rockin'Radio! -OSAKAJOH YAON- supported by SPACE SHOWER TV
  • 2014年6月8日 - the band apart「BONGO e.p.」release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
  • 2014年8月23日 - Keishi Tanaka presents "ROOMS"
  • 2014年8月24日 - MONSTER baSH 2014
  • 2014年11月8日 - 音楽と人 LIVE 2014 Vol.5「TOKYO ACOUSTIC SESSION」
  • 2015年1月18日 - ソロウフェロウ
  • 2016年5月12日 - 東京キネマ倶楽部プレゼンツ~ヨカノスゴシカタ 3~
  • 2016年10月2日 - SHELTER 25th Anniversary ~THE REAL THINGS~
  • 2017年3月8日 - ツタロックpresents「順不同vol.1」
    • w/ ent
  • 2017年3月25日,26日 - IMAIKE GO NOW 2017
  • 2017年5月15日 - SHELTER × Niw! Records presents "EARLY SUMMER DIG"
  • 2017年7月8日 - PLAYTHINGS IN THE SKY -THE ACOUSTIC SESSIONS
  • 2017年7月21日-8月25日 - LOW IQ 01 LIVE TOUR 2017 "Other Stories Noticed"
  • 2017年10月31日 - 吉祥寺SHUFFLE 10th Anniversary
  • 2018年2月16日 - 「Yesterday Today Tomorrow」発売記念 フルカワユタカ at 代官山蔦屋書店
  • 2018年2月24日 - 夢チカLIVE VOL.127
    • w/ INKYMAP, Selfarm, Mr.Nuts
  • 2018年3月17日,18日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM
  • 2018年3月24日,25日 - IMAIKE GO NOW 2018
    • フルカワユタカ(バンドセット,アコースティック), LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS の3ステージ出演。ユタカ祭りとなった。
  • 2018年5月18日-6月26日(全15公演)- LOW IQ 01 LIVE TOUR 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS and LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS+ のG, Choとして参加
    • w/ LOW IQ 01, DAZE(fam、THE FIREWOOD PROJECT、The Yasuno N°5 Group), +はさらに渡邊忍(ASPARAGUS、Noshow)を加えた4人編成
  • 2018年6月1日 - 中村郁実の坊主の弾き語り修行
    • w/ おおはた雄一、住岡梨奈、中村郁実
  • 2018年7月7日 - PLAYTHINGS ✕ rawer than raw
  • 2018年7月14日 - JOIN ALIVE 2018
    • ソロ夏フェスバージンを北海道に捧げた。
  • 2018年7月25日 - F.A.D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol.57
  • 2018年7月27日 - red cloth 15th ANNIVERSARY
  • 2018年8月6日 - EIGHT SIX live
  • 2018年9月8日 - BAYCAMP2018
  • 2018年9月22日・23日 - 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018
  • 2018年9月27日 - OTODAMA SEA STUDIO 2018 supported by POCARI SWEAT ~ACOUSTIC SESSION 2018~
  • 2018年9月29日 - JUNGROOVE PRESENTS “REALITIES vol2”
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月7日 - 気仙沼サンマフェスティバル2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月10日 - 東北ライブハウス大作戦ツアー 〜relationship FRANCE〜2018 東京編
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月13日 - 阿波国 THE SOLAR BUDOKAN 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年10月13日 - 木下理樹生誕祭2018~BAN NEN~
  • 2018年10月14日 - ECHOES2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年11月1日 - VAM-VIDEO ADDICT MADNESS PRESENTS”GOOD PEOPLE SCENE-3″
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年11月10日 - KOHTEISENSHI
    • w/ HAWAIIAN6
  • 2018年11月25日 - 語り-gatari- 平成三十年 秋 第一話 世田谷 supported by Rolling Stone Japan
  • 2018年11月30日 - 東京都Words Of Love 公開収録イベント ゲスト
  • 2018年12月2日 - POWER STOCK 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSでの出演
  • 2018年12月7日 - F.A.D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol.65
    • w/avengers in sci-fi
  • 2018年12月13日 - MASTER OF MUSIC 2018
    • LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS+での出演
  • 2018年12月18日 - 代官山蔦屋書店『クジャクとドラゴン/インサイドアウトとアップサイドダウン』発売記念アコースティックライブ&サイン会
  • 2018年12月27日 - Hawaiian 6 Hatano presents 「弾き語り VS 語り」
  • 2018年12月31日 - LIVE DI:GA JUDGEMENT 2018
  • 2019年2月16日 - y's presents『貴ちゃんナイト vol.11』
    • w/百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)、渡會将士(brainchild’s / FoZZtone)、MC:中村貴子        

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Base Ball Bearから湯浅将平が脱退、ツアーはフルカワユタカ迎えて敢行
  2. ^ フルカワユタカとLOW IQ 01はこう語った -net radio vol.5-
  3. ^ 株式会社ロッキング・オン. “フルカワユタカ、約3年ぶりにアルバム発売。タイトルは『And I'm a Rock Star』-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/151618” (日本語). rockinon.com. 2018年5月4日閲覧。
  4. ^ “【ライブレポート】フルカワユタカ、SHELTER 3days初日「みんなを大きなステージへ」 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000150075 2018年5月4日閲覧。 
  5. ^ “【ライブレポート】フルカワユタカ、SHELTER 3days二日目「じんわりやっていきます」 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000150078 2018年5月4日閲覧。 
  6. ^ “【ライブレポート】フルカワユタカ、SHELTER 3days最終日「ロックスターでいるから」 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000150079 2018年5月4日閲覧。 
  7. ^ フルカワユタカ presents 「5×20」”. フルカワユタカ presents 「5×20」. 2018年5月4日閲覧。
  8. ^ ジュン音楽用 (2018-02-01), フルカワユタカ5×20, https://www.youtube.com/watch?v=a-Glt7LN-08&t=2732s 2018年5月4日閲覧。 
  9. ^ Inc., Natasha,. “DOPING PANDAが4月で解散 - 音楽ナタリー” (日本語). 音楽ナタリー. 2018年6月10日閲覧。
  10. ^ 【インタビュー】Yutaka Furukawa (DOPING PANDA)
  11. ^ “【連載】フルカワユタカはこう語った 第2回『僕はギタリストだ』 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000121810 2018年5月4日閲覧。 
  12. ^ ギター・マガジン編集部. “「マスタービルダー」10人の肖像/憧れの「フェンダーカスタムショップ」ギター徹底解剖! | Fender Custom Shop”. ギター・マガジン. http://rittor-music.jp/guitar/magazine/fendercustom/996 2018年5月4日閲覧。 
  13. ^ フルカワユタカ|LiveFans Radio:@FM 80.7 - 菅野結以 - ライブを愛する人のためのMUSIC PROGRAM” (日本語). livefans.jp. 2018年6月10日閲覧。
  14. ^ DOPING PANDA Presents『The idiot TV×natalie TV』
  15. ^ “【連載】フルカワユタカはこう語ったの音楽まとめ | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/keywords/furukawa_katatta.html 2018年5月4日閲覧。 
  16. ^ “【連載】フルカワユタカはこう語った 第19回『フルカワユタカはうまく語れない』 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000146797 2018年6月10日閲覧。 
  17. ^ フルカワユタカさんはInstagramを利用しています:「明日は名古屋ジャミンで一年ぶりのワンマンライヴです。でら怖い。でら怖い。
    #今は自分で宣伝する時代ですって
    #時代って何
    #でらべっ^_^」
    ” (日本語). Instagram. 2018年6月11日閲覧。
  18. ^ “【連載特別編】フルカワユタカとハヤシヒロユキ[POLYSICSはこう語った -net radio vol.7- | BARKS”] (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000156110 2018年6月10日閲覧。 
  19. ^ “【連載】フルカワユタカはこう語った 第22回『ゾーン』 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000153653 2018年5月4日閲覧。