ババ抜き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ババ抜き
最後にジョーカーを持っている人が負けの上がりゲーム
Joker black 02.svg
ジョーカーは特別なカードでババとも呼ばれる
別名英:Lose with the Joker、Old Maid
種類上がりゲーム(Going-out game)
人数2人以上(3人以上が好ましい)[1]
必要技能駆け引き
枚数51、53枚
デッキアングロアメリカン
順番時計回り
関連ゲーム
ジジ抜き

ババ抜き(Old Maid、Lose with the Joker、Joker Game)とは、複数人で行うトランプの遊び方のひとつ。始めに同数のカードを人数分配り、一枚ずつ他者から抜き取り同じ札があれば捨て、最後にジョーカーを持っている人が負け。

遊び方[編集]

ジョーカーを1枚加えた53枚のカードを使う。 2人以上からプレイできるが、3人以上が好ましい。

  1. プレイヤーに全てのカードを伏せたまま均等に配る。
  2. プレイヤーは各々手札を確認し、同位の札を2枚ずつペアにして場に捨てる(Kと、Kというように)。
    • ここで手札がなくなった者は勝ち抜けとなる。
  3. 手元にペアとなる同位の札がなくなったところで、最初のプレイヤー(カードを配った人の左隣の人)が右隣の人の手札を裏に見たまま、任意の1枚を取る。札を取った時、手札に同位の札があったらペアにして場に捨て、無ければそのまま手札に加える。
  4. 時計回りの順に、各プレイヤーは右隣の人の手札を一枚取っていく。
  5. 順に手札を取ってペアを捨てていき、手札がなくなった者から順に勝ち抜けていく。
  6. 最後まで手札、すなわちジョーカーを持っていた者が負け。

ローカルルール[編集]

  • 続けてゲームを行う場合、前のゲームの敗者が次のゲームで最初にジョーカーを持つ。
  • 続けてゲームを行う場合、前回一番最初に上がった者は不要なカードを2枚、前回の敗者に渡すことができる、大富豪に近い要素を取り入れたルール。

備考[編集]

元々はジョーカーを加えるのではなく、クイーンを1枚抜いて51枚のカードを使って行われていた。古い書物にはこの形で紹介されている。

「Old Maid」は、1枚のクイーンが「Match」の相手がおらず、独り売れ残ることから名付けられた。日本では1907年(明治40年)に書かれた『世界遊戯法大全』にこれの和訳として「お婆抜き」の名前で紹介されている。

派生して、クイーンではなくランダムにカードを1枚抜いてそれを確認せずに行う方法をジジ抜きという。ババ抜きと違い、1枚残るカードが誰にもわからないのでゲーム終盤まで予想できない。世界遊戯法大全ではこちらは「お爺抜き」として紹介されている。 また、ジョーカーを加え任意の1枚を抜いて行う「ジジババ抜き」という遊びもある。

比喩[編集]

最後に悪い物を持ったまま損害を被る事、運悪く損害を被る事を「ババを引く」などと、ババ抜きに例えて表現する事がある。また、掴まされた偽札を他人に回す事の隠喩としても使われる。

脚注[編集]

  1. ^ 本間正夫『トランプゲーム』西東社、1996年12月30日、29頁。ISBN 4-7916-0719-8

関連項目[編集]