石橋静河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしばし しずか
石橋 静河
石橋 静河
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
生年月日 (1994-07-08) 1994年7月8日(27歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 163 cm[1]
職業 女優ダンサー
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2015年[1] -
著名な家族 石橋凌(父)
原田美枝子(母)
優河(姉)
事務所 Plage
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
きみの鳥はうたえる
人数の町
ばるぼら
あのこは貴族
テレビドラマ
半分、青い。
この恋あたためますか
ウェブドラマ
東京ラブストーリー
 
受賞
東京国際映画祭
東京ジェムストーン賞
2017年映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
ブルーリボン賞
新人賞
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017年)
その他の賞

キネマ旬報ベストテン
新人女優賞
2017年『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス


日本映画批評家大賞
新人女優賞(小森和子賞)
2017年『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
主演女優賞
2018年きみの鳥はうたえる
テンプレートを表示

石橋 静河(いしばし しずか、1994年7月8日[1][2] - )は、日本女優[1]ダンサー

東京都出身[1][2]Plage(プラージュ)所属。父は俳優石橋凌、母は女優の原田美枝子、姉はシンガーソングライター優河。姉の上に兄もいる。

経歴[編集]

俳優の石橋凌原田美枝子の間に次女として生まれる[3]。4歳よりクラシックバレエを始め、15歳でボストンカルガリーのバレエスクールに留学後、2013年に帰国し[4]コンテンポラリーダンサーとして活動する[2]

これらの体験からバレエ志望であり、両親の仕事を見て簡単な世界ではないと女優を夢見てはいなかったが[5]、アメリカ・カナダへのバレエ留学中に演劇の面白さに衝撃を受ける[6]。コンテンポラリーダンサーとして活動しつつ「もっといろんな人、いろんな面白いことに出会いたい」と考えていた時に「芝居をやってみては」と事務所から声をかけられて、2015年始めより女優としての活動を開始し[2][7]、同年9月上演のROGO『銀河鉄道の夜 2015』でデビュー[1][8]。翌2016年には野田秀樹演出の舞台『逆鱗』に出演する[2]

2017年公開の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(第67回ベルリン国際映画祭フォーラム部門入選、第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位)にて、池松壮亮とW主演で初主演を果たし多くの新人賞を受賞。特にブルーリボン賞新人賞は1976年に母親の原田美枝子も受賞しており、史上初の親子受賞となった[9]

2018年3月にNHK総合(九州沖縄ブロック)で放送のNHK福岡放送局制作の地域発ドラマ『You May Dream』でテレビドラマに初出演し、シーナ&ザ・ロケッツシーナ役を演じて福山翔大とともにダブル主演[10][11]。同年度前期のNHK連続テレビ小説半分、青い。』で朝ドラにも初出演し[12]佐藤健演じるヒロインの幼なじみ・萩尾律の嫁・より子役を演じて注目を集める[13][14]

人物[編集]

特技は英会話とダンス、趣味はギター[1]。映画『うつくしいひと サバ?』では劇中でコンテンポラリーダンスを披露している[13]

姉の優河はシンガーソングライターで、2017年にユニクロのCMで共演している[15]

出演[編集]

舞台[編集]

  • ROGO『銀河鉄道の夜 2015』(2015年9月、演出:古川康大)[8]
  • NODA・MAP第20回公演『逆鱗』(2016年1月 - 4月、演出:野田秀樹
  • ベッド&メイキングス第6回公演『こそぎ落としの明け暮れ』(2019年3月15日 - 4月14日)[16]
  • KAAT『ビビを見た!』(2019年7月4日 - 15日、演出:松井周) - ビビ 役[17]
  • コムレイドプロデュース『神の子』演出:赤堀雅秋 (2019年12月-2020年1月)
  • KAAT『未練の幽霊と怪物―「挫波」「敦賀」―』 (2021年6月5日 - 26日、演出・岡田利規)
  • KAAT『近松心中物語』 (2021年9月4日 - 20日ほか地方公演、演出・長塚圭史) - お亀 役

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

配信ドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

PV[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 古舘佑太郎とダブル主演[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 石橋 静河”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e “石橋静河、初主演作で超えた父凌、母原田美枝子の娘”. 日刊スポーツ. (2017年5月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1828254.html 
  3. ^ 半澤孝平 (2017年4月18日). “石橋凌&原田美枝子の次女・石橋静河、初主演映画も親譲りの存在感!”. スポーツ報知. オリジナルの2017年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170418211151/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170417-OHT1T50240.html 
  4. ^ 半澤孝平 (2017年11月15日). “『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』主演・石橋静河がTIFF東京ジェムストーン賞受賞!「努力を忘れず頑張りたい」と抱負”. シネマトリビューン. http://cinetri.jp/news/yozora_ishibashi/ 
  5. ^ 女優 石橋静河 未来はわからない。だから美しい。”. アエラスタイルマガジン (2020年11月6日). 2020年12月20日閲覧。
  6. ^ “石橋静河が明かす「両親のこと」「ダンサーから女優を志すまで」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2017年5月13日). http://www.jprime.jp/articles/-/9645 2018年9月18日閲覧。 
  7. ^ “石橋静河:理想の女性像は母? 石橋凌と原田美枝子の娘「夜空はいつでも最高密度の青色だ」で初主演”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年5月28日). https://mantan-web.jp/article/20170528dog00m200026000c.html 2018年9月18日閲覧。 
  8. ^ a b ROGO (2015年6月24日). “銀河鉄道の夜2015 公演情報”. ROGO「銀河鉄道の夜 2012〜2020」公式Blog. 2018年9月8日閲覧。
  9. ^ a b “【ブルーリボン賞】新人賞・石橋静河「母と同じ賞うれしい」76年度受賞の原田美枝子と親子受賞は史上初”. スポーツ報知. (2018年1月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180123-OHT1T50131.html 2018年1月24日閲覧。 
  10. ^ a b シーナ&ロケッツのドラマ、新鋭・石橋静河&福山翔大の出演決定”. oricon (2017年11月27日). 2018年1月16日閲覧。
  11. ^ a b “「愛とロックンロールに満ちたドラマ」 NHK「You May Dream」、3月2日放送”. 西日本新聞. (2018年2月27日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/397289/ 2018年9月18日閲覧。 
  12. ^ a b “「半分、青い。」律が結婚!相手は清でも鈴愛でもなく…石橋静河 朝ドラ初出演「たくさんの発見」”. スポーツニッポン. (2018年6月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/27/kiji/20180627s00041000095000c.html 
  13. ^ a b c 大内啓輔 (2018年9月3日). “「半分、青い。」で注目の石橋静河、若き実力派女優としての活躍”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0103293 2018年9月18日閲覧。 
  14. ^ a b “古舘佑太郎&石橋静河 青春ストーリーで注目2世初共演 来年公開映画「いちごの唄」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年9月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/03/kiji/20180903s00041000071000c.html 2018年9月18日閲覧。 
  15. ^ UNIQLO”. 優河オフィシャルブログ (2017年9月19日). 2018年1月16日閲覧。
  16. ^ 次回公演情報第1弾をアップしました!”. ベッド&メイキングス (2018年7月20日). 2018年7月20日閲覧。
  17. ^ 【速報】松井周演出/「ビビを見た!」舞台化決定!”. KAAT (2019年2月6日). 2019年2月6日閲覧。
  18. ^ “橋本愛、永野芽郁、染谷将太が瀬田なつき監督作「PARKS」に出演”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). https://natalie.mu/eiga/news/212366 2017年12月12日閲覧。 
  19. ^ 石橋静河×池松壮亮で最果タヒの詩集を映画化、監督は「舟を編む」の石井裕也”. 映画ナタリー (2016年8月7日). 2017年4月21日閲覧。
  20. ^ “石橋凌&原田美枝子の次女・石橋静河、ベストセラー詩集の映画化で主演抜てき”. 映画.com. (2016年8月2日). https://eiga.com/news/20160802/4/ 2018年9月18日閲覧。 
  21. ^ 半澤孝平 (2017年6月5日). “映画「きみの鳥は歌える」主演に柄本さんら”. 函館新聞 (函館新聞社). https://digital.hakoshin.jp/life/culture/21463 
  22. ^ “佐藤泰志原作「きみの鳥はうたえる」に柄本佑×染谷将太×石橋静河!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年6月3日). http://eiga.com/news/20170603/9/ 2018年1月24日閲覧。 
  23. ^ 加藤雅也主演、石橋静河&町田啓太ら共演「二階堂家物語」19年1月25日公開決定”. 映画.com (2018年7月20日). 2018年7月20日閲覧。
  24. ^ 石橋静河、伊藤沙莉、唐田えりか、瀧内公美!豪華女優陣が「21世紀の女の子」に結集”. 映画.com (2018年9月20日). 2018年9月20日閲覧。
  25. ^ 物語の核は「銀杏BOYZ」の楽曲! 古舘佑太郎&石橋静河「いちごの唄」製作決定”. 映画.com (2018年9月3日). 2018年9月3日閲覧。
  26. ^ “古舘佑太郎×石橋静河で銀杏BOYZ『いちごの唄』映画化 脚本・岡田惠和「峯田君にも出てもらいます!」”. Real Sound (株式会社blueprint). (2018年9月3日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-244694.html 2019年6月6日閲覧。 
  27. ^ 峯田和伸×岡田惠和「いちごの唄」全キャスト発表! 宮本信子、清原果耶、岸井ゆきのらが参加”. 映画.com (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  28. ^ 綾野剛主演作『楽園』追加キャスト発表 柄本明、村上虹郎、片岡礼子、石橋静河らが出演”. Real Sound (2018年11月23日). 2018年11月23日閲覧。
  29. ^ “HIKARI監督初長編映画『37 Seconds』第69回ベルリン国際映画祭正式招待決定!”. CINEMATOPICS (フォーラムオフィス). (2018年12月23日). http://www3.cinematopics.com/archives/101475 2018年12月24日閲覧。 
  30. ^ “中村倫也主演、離れられない町が舞台のディストピアミステリー 石橋静河共演「人数の町」9月4日公開”. 映画.com. (2020年6月18日). https://eiga.com/news/20200618/11/ 2020年7月11日閲覧。 
  31. ^ 手塚治虫「ばるぼら」稲垣吾郎と二階堂ふみで実写映画化!監督は手塚眞”. Natalie (2018年11月21日). 2018年11月23日閲覧。
  32. ^ “映画「あのこは貴族」に高良健吾、石橋静河、山下リオらの出演が決定”. Webザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年9月24日). https://thetv.jp/news/detail/244139/ 2020年9月24日閲覧。 
  33. ^ “横浜流星×石橋静河×小野翔平×窪塚洋介×笠松将、『DIVOC-12』藤井道人監督チームに出演”. リアルサウンド. (2021年7月14日). https://realsound.jp/movie/2021/07/post-814173.html 2021年7月14日閲覧。 
  34. ^ “仲野太賀&石橋静河:「この恋あたためますか」出演 森七菜&中村倫也と四角関係に?”. MANTANWEB (MANTAN). (2020年9月16日). https://mantan-web.jp/article/20200915dog00m200074000c.html 2020年9月16日閲覧。 
  35. ^ 松たか子×坂元裕二氏の連ドラ 新キャストに市川実日子、高橋メアリージュン、石橋静河ら【コメント】”. ORICON NEWS. 2021年3月4日閲覧。
  36. ^ "伊藤健太郎、石橋静河ら出演 現代版『東京ラブストーリー』フジテレビで地上波放送決定". Real Sound. blueprint. 17 September 2021. 2021年9月17日閲覧
  37. ^ ""前科者"役に石橋静河・大東駿介・古川琴音 有村架純主演ドラマ「前科者 -新米保護司・阿川佳代-」". シネマトゥデイ. 7 July 2021. 2021年7月7日閲覧
  38. ^ 「東京ラブストーリー」2020年舞台に再ドラマ化、カンチ&リカは伊藤健太郎と石橋静河”. 映画ナタリー (2020年1月24日). 2020年1月24日閲覧。
  39. ^ “「東京ラブストーリー」29年ぶりドラマ化 主演は伊藤健太郎”. モデルプレス. (2020年1月24日). https://mdpr.jp/news/detail/1946002 2020年1月24日閲覧。 
  40. ^ 東京ラブストーリー(2020年版)”. 2020年6月6日閲覧。
  41. ^ 環ROY、反転した世界で島地保武&石橋静河が踊る「フルコトブミ」MV”. 音楽ナタリー (2017年6月5日). 2018年7月6日閲覧。
  42. ^ “三井住友カード、新CMとWebドラマ公開!|#三井住友カードのナンバーレス ~人気漫才コンビ・オズワルドが俳優デビュー!青木崇高、石橋静河、江口のりこと共演!~” (プレスリリース), 三井住友カード株式会社, (2021年2月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000032321.html 2021年2月1日閲覧。 
  43. ^ “JR東日本CM「行くぜ、東北。」コミカルダンスの主は石橋静河!”. TVR NEWS (CMニュース・ライダー). (2019年11月21日). https://tv-rider.jp/column/jreast 2019年11月25日閲覧。 
  44. ^ 最新テレビコマーシャルを11月28日(土)から放映開始
  45. ^ “「サントリー天然水」 新TV-CMシリーズ 石橋静河さんがありのままに生きる現代のヒロインを熱演! 新TV-CM楽曲には折坂悠太さんの『さびしさ』を起用 「雨あがる」篇 4月5日(月)から全国でオンエア開始” (プレスリリース), サントリー食品インターナショナル, (2021年4月2日), https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF1103.html?fromid=top 2021年4月6日閲覧。 
  46. ^ “石橋静河が現代のヒロインを熱演! 発売30周年「サントリー天然水」新CM”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2021年4月6日). https://www.walkerplus.com/article/1027228/ 2021年4月6日閲覧。 
  47. ^ 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」主演・石橋静河がTIFF東京ジェムストーン賞受賞”. PONYCANYON NEWS (2017年11月6日). 2017年11月27日閲覧。
  48. ^ 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」第9回TAMA映画賞で最優秀作品賞など3冠獲得”. PONYCANYON NEWS (2017年11月6日). 2017年11月27日閲覧。
  49. ^ 田中麗奈、山路ふみ子映画賞女優賞に「泣きそう」 石橋静河は新人賞で飛躍誓う”. 映画.com (2017年11月6日). 2017年11月27日閲覧。
  50. ^ 第39回ヨコハマ映画祭 2017年日本映画個人賞” (2017年12月2日). 2017年12月4日閲覧。
  51. ^ 第32回高崎映画祭最優秀作品賞は阪本順治監督「エルネスト」に決定”. 映画.com (2017年12月21日). 2017年12月22日閲覧。
  52. ^ キネマ旬報ベスト・テン日本映画1位は『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』”. シネマトゥデイ (2018年1月11日). 2018年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]