生きてるだけで、愛。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生きてるだけで、愛。
著者 本谷有希子
発行日 2006年7月31日
発行元 新潮社
ジャンル 長編小説
恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変型
ページ数 142
公式サイト shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-301771-4
ISBN 978-4-10-137171-9文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

生きてるだけで、愛。』(いきてるだけで、あい)は、本谷有希子による恋愛小説。雑誌『新潮2006年6月号に掲載、前日譚である短編「あの明け方の」とあわせ同年7月31日新潮社から刊行された。2009年3月1日新潮文庫より文庫化されている。

表題作が第135回芥川龍之介賞候補[1]、単行本が第20回三島由紀夫賞候補になる[2]

2018年に映画化予定[3]

解説[編集]

内容は「恋愛小説らしくない恋愛小説」で、深い読後感が得られると絶賛された[要出典]

躁鬱病を抱え、過眠に悩まされている女の自立への過程も描かれており、“恋愛小説”という感じをあまりさせないが、新しい“愛”の姿が、作品全体で25歳の等身大で描かれている。

ストーリー[編集]

生きてるだけで、愛。
「過眠」と「メンヘル」。母親譲りの躁鬱を繰り返す寧子(主人公)は、コンパのなり行きで同棲し始めた津奈木の部屋で暮らしていた。そこへ津奈木の元恋人が現れ、津奈木と別れるように要求され、寧子に“自立”を迫る。
あの明け方の
 

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

映画[編集]

生きてるだけで、愛。
監督 関根光才
脚本 関根光才
原作 本谷有希子
製作 甲斐真樹
松井智
藤本款
森原俊朗
出演者 趣里
菅田将暉
田中哲司
西田尚美
松重豊
石橋静河
織田梨沙
仲里依紗
音楽 世武裕子
撮影 重森豊太郎
編集 田巻源太
制作会社 スタイルジャム
製作会社 ハピネット
スタイルジャム
配給 クロックワークス
公開 2018年秋(予定)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年秋公開予定。主演は趣里。映像ディレクターの関根光才が脚本、監督を担当し、本作が長編劇場映画のデビュー作となる[3][4]

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『乱暴と待機』に続き、本谷有希子の小説の3作目の映画化となる[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 関根光才
  • 原作 - 本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
  • 脚本 - 関根光才
  • 製作・プロデューサー - 甲斐真樹
  • 製作 - 松井智、藤本款、森原俊朗
  • アソシエイト・プロデューサー - 佐藤公美、金井隆治
  • 協力プロデューサー - 高口聖世巨、白川直人
  • 撮影 - 重森豊太郎
  • 照明 - 中須岳士
  • 音楽 - 世武裕子
  • 美術 - 井上心平
  • 録音 - 山本タカアキ
  • 編集 - 田巻源太
  • スタイリスト - 立花文乃
  • ヘアメイク - 田中マリ子
  • 助監督 - 久保朝洋
  • 制作担当 - 中村哲也
  • 製作幹事 - ハピネットスタイルジャム
  • 制作プロダクション - スタイルジャム
  • 配給 - クロックワークス

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]