片岡礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かたおか れいこ
片岡 礼子
生年月日 (1971-12-20) 1971年12月20日(50歳)
出生地 日本の旗 日本愛媛県伊予郡松前町
民族 日本人
身長 160 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画ラジオ
活動期間 1991年 - 2002年、2004年 -
配偶者 有り(1998年 - )
事務所 ハイイロ[1]
公式サイト 片岡礼子 オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダー響鬼
あなたの番です
映画
愛の新世界
北京原人 Who are you?
鬼火
ハッシュ!
楽園

ラジオドラマ
『スモーキング・タイム〜煙の行方』
『幕末デェスぺラード 小松藩心中』

ラジオ
片岡礼子のシトラスレター
 
受賞
ブルーリボン賞
主演女優賞
2001年ハッシュ!
その他の賞
キネマ旬報主演女優賞
ヨコハマ映画祭新人賞、最優秀助演女優賞
ギャラクシー賞 ラジオ部門優秀賞
テンプレートを表示

片岡 礼子(かたおか れいこ、1971年12月20日 - )は、愛媛県伊予郡松前町出身の女優。ハイイロ所属[1][2](元:芹川事務所、pdash、カクトエンタテインメント[2])。

来歴[編集]

松前町立岡田小学校[3][4]松前町立岡田中学校愛媛県立伊予高等学校(5期生・生徒会副会長[5])、明星大学理工学部土木工学[6][7][8]卒業。

幼少期 - 高校時代[編集]

小さい頃はおとなしい子どもで、何かものを作ることや、漫画水泳が好きで球技は弱かった[7]。小学4年生から6年生まで金管バンドに所属してトランペットを吹いていた[3][9][10]。また同時期に音楽クラブに入り、アコーディオン小太鼓をしていた[4]。 小学生の頃はマラソンに関して苦手意識があったが、次第に周りの友人が一生懸命スポーツに取り組んだり、速いスピードで走る姿に影響を受け、片岡もベストタイムを出そうと努力したり10年くらいかけて意識が変わっていったという[3]

テレビで放送されたジャッキー・チェンが出演する映画『酔拳』を見て憧れの人となる[7][11]。映画館で初めて見たのは『五福星』。ジャッキー・チェンをきっかけに映画が好きになり、多くの映画をのめり込むように見た[7]。女優になりたいというのはまだなかったが、「映画に何か関わりたい」という気持ちはあった[7]

中学生の頃『ミス南ちゃんコンテスト』に応募して、コンテストに出場したことがある[7]

高校時代に、東京の大学に行くと決めた時は映画に関わる夢を抱える状態だった[6]。両親は女優に反対で、大学の4年間でチャンスをつかめなければ、土木の勉強を活かして愛媛に帰って就職すると約束し、挑戦することにした[6][7]

女優として[編集]

大学1年生の5月民社党4代目の『’91年キャンペーンキャラクター』に選ばれて約2年勤める[7]。大学の軽音学部に籍を置いていた[9]

1992年女子大生モデルとして『週刊朝日』の表紙(撮影:篠山紀信)を飾った[7]。表紙モデルは一度応募したがその時は受からず、次の年に応募したら合格した[7]

1993年橋口亮輔監督の『二十才の微熱』でスクリーンデビュー[7]。大学3年生の夏休みに実家に帰省していた時に、この映画のオーディションを受けないかと連絡が入る。最初は実年齢より年下の高校生「あつみ」の役を受けたが不合格で、もう一度オーディションを受けるチャンスがあり「鈴木頼子」の役で合格した[12]

駆け出しの頃は、出演者がケガなどで舞台に立てない時のための補欠として公演に同行していた[13]

1994年高橋伴明監督の『愛の新世界』で鈴木砂羽と競演し、体当たりの演技で注目を集める[7]

1995年、『KAMIKAZE TAXI』の演技が認められ、第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞[7][12]

1996年頃よりラジオドラマにも積極的に出演。

1997年の『鬼火』の演技でも高い評価を受け、第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞[7]

1998年に結婚し、1999年に第一子を出産する[12]

1999年FMシアター『スモーキング・タイム〜煙の行方』は、第37回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞。後に映画化される『ヴァイブレータ』、オーディオドラマ奨励賞を受賞した『月の記憶』など話題になった作品も多い。

2001年の『ハッシュ!』では、キネマ旬報賞及び第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞[7][12]

2002年1月5日、舞台での稽古中に「脳動静脈奇形による血管出血(脳出血)」で倒れ、一時生死をさまよっていたが、脳の出血部分にできたかさぶたを除去する手術を行い奇跡的に回復した。キネマ旬報の主演女優賞の受賞の知らせもベッドの上で聞いたという。その後、自宅で治療しながら通院するなど懸命にリハビリに励む[11]。夫の実家がある愛媛県の離島に転居し静養に充てる[11][14]

2003年、片岡礼子 公式ホームページが開設。

島で暮らして2年目に『帰郷』の話があり2年ぶりに女優業に復帰した[12]インタビューでは、「この映画を復帰作に選んだというより、映画に選んでもらったという感じ。現場に入るのがすごく不安だったんですが、スタッフや家族が温かく応援してくれて何とかやれました。これまでの私には、アクションでドンパチやったり、周囲を引っかき回したりする片岡さんというイメージがあったと思うんだけど、こういう繊細な役で声をかけてくれた萩生田監督に感謝してます。以前は肩に力が入りすぎていた。映画に追いつけ追い越せっていう感じで。今は少しゆったり構えられるようになったと思う」 と答えた[15]

2006年1月21日よりブログがスタートした[16]

病気で倒れて約10年間は女優業をほぼ休業し、体調回復に努めていた[17]。子育て中心の生活を送り[13]、7年ほど愛媛で暮らした[18]

再び東京に拠点を移し、2013年11月、劇団江戸間十畳Vo.3「明日は天気になる」で久々に舞台へ出る[13]2014年3月宮沢章夫作・演出の「ヒネミの商人」に出演し、同年7月8月三浦大輔作・演出の「母に欲す」に出演[13]

2021年9月27日から、地元愛媛の南海放送ラジオ (Fnam・エフナン)で『片岡礼子のシトラスレター』がスタート[19]。番組では出演作品の裏話や、地元のこと、自身や家族の話をしている[20][21][22]

2022年4月には「エフナン松前町応援サポーター」に就任。サポーターとして情報発信をしている[23]

人物[編集]

趣味・嗜好・特技[編集]

資格[編集]

好きな場所[編集]

アルバイト[編集]

家族[編集]

  • [4][34]、母[4][34]、妹[4]がいる。家族皆音楽を聴くことが大好きで、夜はレコードプレーヤーで聴いていた[4]。父は以前3交代制の仕事をしており、出勤前に必ずサイホンコーヒーを淹れ、夜勤の時は片岡が寝る頃にコーヒーの匂いがしていた[34]
  • 結婚後の家族は同じ愛媛県出身の夫[11]と子供が3人[34][13](息子(長男)、娘[24]、息子[14])。娘とは一緒に着付け教室に行っている[24]

エピソード[編集]

  • 小学生で所属していた金管バンドでは、警察学校パレードや、毎年夏休みに『RNBこども音楽コンクール[35]』に出場した[4][36]。コンクールの参加記念として貰ったト音記号キーホルダーは、思い出として大切に取っている[4]
  • 土木の学部に通おうと決めたのは「水の勉強」をしたいと思ったから。子どもの頃、父親の故郷である愛媛県新居浜市に帰省して、川で朝から晩まで石を投げたり、石を積んで水の流れを変えてみたり、兄弟や近所の子とずっと遊んでいてすごく楽しかった思い出がある[7]
  • 初めてラジオドラマに関わったのは20代の頃で、冒頭や最後に一言という役だった。大学時代に東京で一緒に住む叔母がラジオやラジオドラマが好きであった。片岡がラジオドラマに対して強い思いがあるのは、叔母がいつも点字図書館で借りたテープを聴いて感動している姿を見て素敵だと思ったから。片岡は「恩返し」として何かしたいと思った時に、点字図書館の本を朗読する仕事のオーディションを受ける機会があった。オーディションは不合格だったが、「決まった時間の中で文字を読んで、物語を届けないといけないというのは物凄く技術がいることで、一生懸命やればいいものではない」ということを知った。それから「形は違ったけれどもラジオドラマで叔母に恩返しができるかもしれないと、ラジオドラマを気にするようになった」という[37]
  • 家からピアノの音が聴こえて来るのが憧れだった母が片岡にピアノを習わせてくれたが、幼稚園に通っていた時から3年で辞めた[4]。その後女優になってから『鬼火』のオーディションを受けて、ピアニストの役をすることになる。役が決まり撮影に入るまでの1ヵ月、朝は住んでいる地元の先生、昼は映画のチームが紹介してくれた先生と共に普段ジャズバーとして使っている所へ行って、何時間も練習した[4]。映画では5曲弾くことになり、最後まで弾けると良い曲は1曲、それ以外は途中でも良いのでと弾くシーンで実際に弾けたらということで、朝から夜まで先生に付いて習っていた[4]。大阪での撮影に入ってからは、大阪の芸大出身でプロのピアニストをしている小学生時代の友人に教わっていた[4]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • FMシアター (NHK-FM 土曜日 21:00 - 21:50)
    • 開いた窓 (1996年1月6日)
    • 盆踊り (1997年7月26日)
    • ヴィジョン (1998年1月24日)
    • スモーキング・タイム〜煙の行方 (1999年6月12日)
    • ヴァイブレータ (1999年7月31日)
    • アンヌ・ダーター (1999年8月21日)
    • あなたは誰 (2000年4月15日)
    • ツバメ飛ぶ (2004年9月4日)[52]
    • 夏の影踏み (2005年6月25日)[53]
    • 月の記憶 (2005年11月19日)[53][54]
    • しづ子〜魂の俳句 (2009年11月14日)[55]
    • 探しもの (2015年11月28日)[56]
    • 通い猫アルフィーの奇跡 (2018年1月27日)[57]
    • ヘルプマン -俺たちの介護物語-(2022年9月3日 - 2022年10月8日 全5回放送)[58][59]
  • 青春アドベンチャー (NHK-FM 毎週月 - 金曜日 22:45 - 23:00 10回放送)
    • 新・夢十夜 (1996年2月-3月)
    • 記憶の城 (1997年2月)
    • 嘘の誘惑 (1998年2月)
  • ポップスライブラリー (NHK-FM 毎週月 - 金曜日 24:20 - 25:00 5回放送)
  • 青春ラジオ小説 オートリバース(2020年12月、民放ラジオ99局・radiko
  • 幕末デェスぺラード 小松藩心中(2022年8月28日、南海放送ラジオ F-nam)[60][61]
  • その他
    • 離婚ドライブ

WEBドラマ[編集]

  • 深夜食堂 31話 (Netflix 2016年)
  • #声だけ天使(2018年2月26日、3月5日、AbemaTV) - ミクリヤの秘書ヨシザワ 役

テレビ・情報番組[編集]

PV[編集]

MC[編集]

CM[編集]

  • 白鶴酒造「白鶴・香るからくち」(2000年)
  • シンキ「ノーローン」(2000年)
  • 大塚製薬「Nature Madeマルチビタミン」(2000年)
  • P&Gアリエール 漂白剤プラス」(2001年 - 2002年)
  • 花王
  • セブンイレブン「耳打ちヒソヒソ」篇(2004年3月)
  • NTT「インフォスフィア」
  • 丸井「X'mas」
  • ゆうちょ銀行「父の単身赴任」篇(2016年)
  • リブ・マックス「リブマックスリゾート」(2017年 - 2018年)
  • JTEKT「大丈夫?」篇(2018年)
  • Amazon Prime Video 「年末年始を、プライムに。」篇(2018年)
  • ネスレコンパクト栄養食アイソカル わたせる栄養、もらえる元気。 「父の好物」篇(2019年)
  • ドコモ「カンナとミナミ」篇(2019年)
  • コスモウォーター「家族の小さな物語 無言のエール」篇(2021年)
  • 養命酒(2022年6月)[63]

CD[編集]

  • 外間隆史 Album「サンビカ(St.Bika)」(2000年8月2日発売)の 01-28.fictional radio program「ラジオ・サンビカ」にキャストで参加。

オリジナルビデオ[編集]

Web[編集]

  • ハタチ〜オトナビトプロジェクト〜(2021年1月8日[64]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 渡辺達生『渡辺達生写真集 XXX』ワニブックス ISBN 4-8470-2374-9 (1994年)
  • 篠山紀信『GEKISHA in HAWAI』小学館 ISBN 4-09-394585-3 (1998年)

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b Actors Agencyハイイロ TOPページ”. Actors Agencyハイイロ. 2022年5月24日閲覧。
  2. ^ a b カクトエンタテイメント (2022年12月2日). “カクトエンタテインメント所属の役者が、Actors Agency ハイイロに移籍しました。”. 2022年5月24日閲覧。
  3. ^ a b c 南海放送ラジオ(F-nam)『片岡礼子のシトラスレター』2022年5月30日放送分 本人談。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 南海放送ラジオ(F-nam)『片岡礼子のシトラスレター』2022年6月6日放送分で本人談。
  5. ^ 本校5期生 片岡礼子さん出演の映画「空白」”. 愛媛県立伊予高等学校同窓会 (2020年3月2日). 2022年4月7日閲覧。
  6. ^ a b c 私と明星大学 夢をつかみに行って、一生の友達に出会えた”. 明星大学. 2022年4月7日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 女優・片岡礼子、ジャッキー・チェンを機にのめり込み…その後、“映画界のミューズ”に!”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2020年11月24日). 2022年4月7日閲覧。
  8. ^ 片岡礼子 (2014年2月12日). “そうなのですよ。明星大学が多摩動物公園駅だった時代です。初めは青梅の叔父叔母のお家から通ったり、聖蹟桜ヶ丘にも住んでいたり。…”. Twitter(@jour_r). 2022年4月7日閲覧。
  9. ^ a b 片岡礼子 (2008年3月22日). “『青春…って』”. 片岡礼子 日記帳. 2022年4月7日閲覧。
  10. ^ 片岡礼子 (2008年3月22日). “『ブラスバンド♪』”. 片岡礼子 日記帳. 2022年4月7日閲覧。
  11. ^ a b c d e 片岡礼子、女優も家事も全力投球で脳出血に「独り善がりだった」”. FLASH. 光文社 (2020年7月22日). 2022年4月7日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 女優・片岡礼子、脳出血で倒れ“命の危機”を経験。彼女を救った夫の判断と、意識の変化”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2020年11月27日). 2022年4月7日閲覧。
  13. ^ a b c d e 女優・片岡礼子、三浦大輔の舞台に挑戦” (2014年7月16日). 2022年5月17日閲覧。
  14. ^ a b 齊藤工 活動寫眞館・拾参 片岡礼子。” (2018年7月21日). 2022年5月24日閲覧。
  15. ^ 片岡礼子「帰郷」で銀幕復帰”. 2005年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月24日閲覧。
  16. ^ 片岡礼子 (2006年1月21日). “ブログスタート!”. 片岡礼子 日記帳. 2022年5月17日閲覧。
  17. ^ 女優・片岡礼子が語る舞台『サナギネ』の魅力と復帰までの壮絶な半生。” (2014年10月29日). 2022年5月3日閲覧。
  18. ^ 片岡礼子のシトラスレター』2022年5月2日放送分 11時48分59秒~本人談。
  19. ^ a b ドラマ「#あなたの番です」に102号室 児嶋佳世役で出演している俳優 #片岡礼子 さんのラジオ新番組がこの秋からSTART!!”. 南海放送ラジオ(Fnam エフナン)公式Twitter (2021年9月14日). 2022年5月12日閲覧。
  20. ^ a b c 片岡礼子のシトラスレター ホームページ”. 南海放送. 2022年4月5日閲覧。
  21. ^ 平野和子 (2021年9月27日). “同級生コンビでラジオの新番組始めました!(冷やし中華的ですが)…”. Instagram(@kazuko.hirano). 2022年4月7日閲覧。
  22. ^ 片岡礼子 (2022年5月2日). “あっあっ!今日は月曜日〜🍊✨✨…”. 2022年5月3日閲覧。
  23. ^ プレスリリース 松前町とエフナン(南海放送ラジオ)地域情報等の発信に関する連携協定(PAL 協定)締結のお知らせ” (2022年4月8日). 2022年5月17日閲覧。
  24. ^ a b c 着物を纏うことで役と出会う― 俳優・片岡礼子さん(インタビュー後編) 「きもの、着てみませんか?」 vol.2-3”. 株式会社京都きもの市場 (2021年11月4日). 2022年4月7日閲覧。
  25. ^ 【公開直前!】映画『タイトル、拒絶』伊藤沙莉×片岡礼子×山田佳奈監督スペシャルトーク!【前編】”. YouTube (2020年10月24日). 2022年6月28日閲覧。
  26. ^ a b 【公開直前!】映画『タイトル、拒絶』伊藤沙莉×片岡礼子×山田佳奈監督スペシャルトーク!【後編】”. YouTube (2020年11月23日). 2022年6月28日閲覧。
  27. ^ 松前町 塩屋海岸”. 松山空港. 2022年6月28日閲覧。
  28. ^ a b 片岡礼子のシトラスレター 』2022年6月27日放送分 本人談。
  29. ^ 恋泉畑”. 一般社団法人四国ツーリズム創造機構. 2022年6月28日閲覧。
  30. ^ 片岡礼子のシトラスレター 』2022年5月2日放送分 本人談。
  31. ^ 片岡礼子のシトラスレター』2022年4月18日放送分 本人談。
  32. ^ 片岡礼子のシトラスレター』2022年5月9日放送分 本人談。
  33. ^ 片岡礼子. “地元の同級生との再会”. Instagram(@jour_reikokataoka). 2022年6月12日閲覧。
  34. ^ a b c d 命懸けなんて簡単に言える奴は命の大事さを知らない…大病を克服した女優、片岡礼子だから出せるやさしさを『函館珈琲』に”. 産経新聞 (2016年9月23日). 2022年4月7日閲覧。
  35. ^ RNB こども音楽コンクール”. 南海放送. 2022年6月7日閲覧。
  36. ^ 🍊片岡礼子のシトラスレター🍋毎週月曜日 午前11:45~”. 南海放送ラジオ (2022年6月6日). 2022年6月12日閲覧。
  37. ^ 片岡礼子のシトラスレター』2022年5月16日放送分 本人談。
  38. ^ “函館港イルミナシオン映画祭のシナリオ大賞受賞作「函館珈琲」予告編が完成”. 映画.com. (2016年8月12日). http://eiga.com/news/20160812/6/ 2016年8月12日閲覧。 
  39. ^ おるすばんの味。”. Filmarks おるすばんの味。 (2019年5月5日). 2019年5月5日閲覧。
  40. ^ Youth Film”. 武石 昂大 (2019年5月5日). 2019年5月5日閲覧。
  41. ^ “渋川清彦×飯塚健監督作「榎田貿易堂」に森岡龍、滝藤賢一、余貴美子ら出演!”. 映画.com. (2016年8月25日). http://eiga.com/news/20160825/5/ 2016年8月25日閲覧。 
  42. ^ 父、かえれ!”. Filmarks 父、かえれ! (2018年12月3日). 2018年12月3日閲覧。
  43. ^ "古田新太×松坂桃李『空白』に藤原季節、趣里ら出演 キービジュアル&特報映像も". Real Sound. blueprint. 27 April 2021. 2021年4月27日閲覧
  44. ^ "古田新太が松坂桃李に襲いかかる『空白』特報映像解禁 追加キャストも発表". ORICON NEWS. oricon ME. 27 April 2021. 2021年4月27日閲覧
  45. ^ 劇場版「あなたの番です」西野七瀬や横浜流星ら32名続投、舞台は船上パーティ”. シネマトゥデイ (2021年6月4日). 2021年6月4日閲覧。
  46. ^ 「MIRRORLIAR FILMS」監督としての阿部進之介、志尊淳、柴咲コウらも映した特報”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年12月22日). 2021年12月22日閲覧。
  47. ^ "笠松将主演映画『リング・ワンダリング』安田顕、片岡礼子、長谷川初範らの出演を発表". ORICON NEWS. oricon ME. 15 July 2021. 2021年7月15日閲覧
  48. ^ "安田顕、片岡礼子、長谷川初範、田中要次ら、笠松将主演『リング・ワンダリング』出演決定". Real Sound. blueprint. 15 July 2021. 2021年7月15日閲覧
  49. ^ "片岡礼子主演×安田真奈監督の短編「あした、授業参観いくから。」東京公開決定". 映画.com. カカクコム. 19 March 2022. 2022年3月19日閲覧
  50. ^ "板谷由夏の17年ぶり主演映画に柄本明&佑"親子"が出演 主題歌はTielle". ORICON NEWS. oricon ME. 27 June 2022. 2022年6月27日閲覧
  51. ^ 『ドラゴン桜』“東大数学の鬼”柳鉄之介が再登場 16年ぶり出演に品川徹「感慨深くなりました」”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年5月9日). 2021年7月1日閲覧。
  52. ^ 放送済みの作品(2004年)”. NHK. 2022年6月7日閲覧。
  53. ^ a b 放送済みの作品(2005年)”. NHK. 2022年6月7日閲覧。
  54. ^ 月の記憶”. 片岡礼子 日記帳 (2006年2月17日). 2022年6月7日閲覧。
  55. ^ しづ子〜魂の俳句”. NHK (2009年11月14日). 2022年6月7日閲覧。
  56. ^ 探しもの”. NHK (2015年11月28日). 2022年6月7日閲覧。
  57. ^ 通い猫アルフィーの奇跡”. NHK (2018年1月27日). 2022年6月7日閲覧。
  58. ^ ヘルプマン -俺たちの介護物語-”. NHK. 2022年9月9日閲覧。
  59. ^ “[https://steranet.jp/articles/-/877 FMシアター 「ヘルプマン—俺たちの介護物語—」〜ひとは最後まで輝き続ける~シリーズ「日本の介護を考える」(全5回)]”. NHKステラnet (2022年8月31日). 2022年9月9日閲覧。
  60. ^ ラジオドラマ 幕末デェスぺラード 小松藩心中”. 南海放送. 2022年8月31日閲覧。
  61. ^ 本日13時からの放送です!…”. 片岡礼子Twitter(@jour_r) (2022年8月28日). 2022年8月31日閲覧。
  62. ^ 新型コロナウイルスから身を守るための最新情報&揚げ物の落とし穴&命の危機”. テレビ東京 (2020年4月16日). 2022年6月7日閲覧。
  63. ^ 薬用養命酒、草刈正雄さん出演のTVCM第5弾。「養命先生のいる街、夏を乗りきる篇」を6月1日よりOA開始。”. PR TIMES (2022年6月1日). 2022年6月7日閲覧。
  64. ^ 愛媛県ゆかりの著名人からのお祝いメッセージ 女優片岡礼子さん”. ハタチ〜オトナビトプロジェクト〜 (2021年1月8日). 2022年4月7日閲覧。
  65. ^ 片岡礼子 (2021年7月17日). “ザ・VOICE”. Twitter(@jour_r). 2022年5月3日閲覧。
  66. ^ 南海放送ラジオ (2021年7月17日). “【ザ•VOICE】7月17日(土)16:00~▶︎ 松前町出身 俳優 片岡礼子さん”. 公式Twitter(@rnb1116). 2022年5月3日閲覧。
  67. ^ 南海放送ラジオ (2021年9月25日). “【ザ•VOICE】9月25日(土)16:00~▶︎ 俳優 片岡礼子さん…”. Twitter(@rnb1116). 2022年5月3日閲覧。
  68. ^ 片岡礼子 (2021年11月15日). “今夜聴いて下さいました…”. Twitter(@jour_r). 2022年4月7日閲覧。
  69. ^ 片岡礼子×やのひろみ” (2021年11月15日). 2022年4月7日閲覧。
  70. ^ 片岡礼子 (2021年9月27日). “今から📻radiko挑戦!”. Instagram(@jour_reikokataoka). 2022年4月7日閲覧。
  71. ^ ラジオ新番組「片岡礼子のシトラスレター」放送開始”. ハイイロ (2021年9月20日). 2022年4月5日閲覧。
  72. ^ 【愛媛発 南海放送】SDGsの推進で持続可能な食育を!Vol.3” (2022年7月31日). 2022年8月7日閲覧。
  73. ^ 婦人公論 2005年7月22日号”. 中央公論新社 (2005年7月7日). 2022年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]