破れたハートを売り物に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
破れたハートを売り物に
甲斐バンドスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル エキスプレス/東芝EMI
プロデュース 甲斐よしひろ
チャート最高順位
甲斐バンド 年表
流民の歌
1981年
破れたハートを売り物に
(1981年)
虜-TORIKO-
1982年
『破れたハートを売り物に』収録のシングル
テンプレートを表示

破れたハートを売り物に』(やぶれたハートをうりものに)は1981年にリリースされた、甲斐バンドの8作目のオリジナル・アルバム。

概要[編集]

本作は発売当時の音楽雑誌によると、タイトル曲だけで120時間、アルバム全体では24曲の録音に1100時間をかけ、その中から9曲が厳選されており、なかなか思い通りのサウンドに到達できず苦労した作品だという。そして次作『虜-TORIKO-』では、ミックスニューヨークで行い、最初に本作のタイトル曲をリミックスした際、甲斐よしひろは泣いて喜んだという逸話がある。

2007年に紙ジャケット・デジタルリマスター盤にて復刻された。その際、2曲のボーナス・トラックが収録された。

2015年には、青山真治榊英雄長澤雅彦橋本一三島有紀子の監督による甲斐バンドの楽曲をモチーフとした本作と同名のオムニバス映画が、映画とライブ中継を合わせた形で映画館にて公開された[1]

収録曲[編集]

オリジナル[編集]

Side-A
  1. 破れたハートを売り物に
    編曲:椎名和夫
  2. ランデヴー
  3. ダイナマイトが150屯
    作詞:関沢新一、作曲:船村徹
  4. どっちみち俺のもの
  5. ジャンキーズ・ロックン・ロール
Side-B
  1. 陽の訪れのように
  2. 奴(ギャンブラー)
  3. 観覧車
    編曲:甲斐バンド
    • 翌年発表の『虜-TORIKO-』に収録されている「観覧車'82」のオリジナル・バージョン。
  4. 冷たい愛情

2007年リマスター紙ジャケ盤[編集]

  1. 破れたハートを売り物に
  2. ランデヴー
  3. ダイナマイトが150屯
  4. どっちみち俺のもの
  5. ジャンキーズ・ロックン・ロール
  6. 陽の訪れのように
  7. 奴(ギャンブラー)
  8. 観覧車
  9. 冷たい愛情

Bonus Track

  1. 暁の終列車
  2. 破れたハートを売り物に (プライベートルーム・ヴァージョン)
    編曲:椎名和夫

脚注[編集]

  1. ^ 甲斐よしひろ×三島有紀子「よろめきながら生きること」、MovieWalker、2016年10月8日閲覧。
  2. ^ 同曲は真島昌利のアルバム『HAPPY SONGS』(1991年リリース)でもカバーされているが、歌詞は甲斐バンドのものを踏襲している。

外部リンク[編集]