蒔田彩珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まきた あじゅ
蒔田 彩珠
本名 蒔田 彩珠
生年月日 (2002-08-07) 2002年8月7日(15歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 156 cm
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
事務所 ユマニテ
公式サイト ユマニテ公式プロフィール

蒔田 彩珠(まきた あじゅ、2002年8月7日 - )は、日本女優

神奈川県出身[1]ユマニテ所属[2]

略歴[編集]

かつては シーアンドティー(キャロット)に所属していた[いつまで?][3]

7歳で子役デビュー[1]

2012年に放送されたドラマ『ゴーイング マイ ホーム』では、阿部寛の娘役で出演した際に監督の是枝裕和から演技を高く評価された[4]

人物[編集]

[要出典]

  • 家では生意気で、「家族とふざけることが好き」と語っていた。
  • 趣味は愛犬と遊ぶこと。特技は、ヒップホップ、歌、短距離走、誰とでも仲良くなれること。
  • 将来の夢は、モデル、女優、ダンサー。
  • 憧れの女優は、山口智子[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • anone(第3話・第4話 2018年1月24日 -2018年1月31日 ) ‐ るい子の娘・アオバ 役[9]

映画[編集]

  • 東京芸術大学大学院映像研究科「プロローグ」(2009年) - 病院の少女 役
  • 東京造形大学「カラコギ」(2009年) - 迷子の女の子 役
  • 東京芸術大学大学院映像研究科「ライムキャッチボール」(2009年) - ブランコの少女 役
  • 立教大学映像身体学科「さよなら、またいつか。」(2010年) - ヒロイン(幼少)役
  • 東京造形大学 卒業制作「家出親父と3匹のどら猫」(2010年) - 友情出演:少女 役
  • 東京大学 映画研究会「女と男と座敷わらし」(2011年) - 座敷わらし 役
  • 海よりもまだ深く(2016年5月21日、ギャガ、是枝裕和監督) - 良多の姪 役
  • The Light Dances(2017年、伊月肇監督)- 主演・渚 役
  • 三度目の殺人(2017年9月9日、東宝、是枝裕和監督)- 重盛の娘・ゆか 役
  • 猫は抱くもの(2018年6月23日公開予定、キノフィルムズ、犬童一心監督)- 帆乃 役/縞三毛猫 二役

[10] [11]

ミュージックビデオ[編集]

CM[編集]

  • フジタ製薬「バズーカ君 篇」(2010年)
  • KDDI「ケーブルプラス電話インフォマーシャル2011」(2011年)
  • メガハウス「ペンデコシール」(2012年)
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン バンドエイド「キズパワーパッド篇」(2012年・2013年)
  • メガハウス「きせかえデコッ手帳」(2012年)
  • 日商エステム「日商エステムのうた」(2012 - 2014年)
  • NTTdocomo「ドコモ田家 学生家族いっしょ割篇」(2013年) - ショウガクドコモダケ
    • 「ドコモ田家 応援学割篇」(2013年)
    • 「ジュニスマ 姉妹篇」(2013年)
    • 「ドコモ田家篇」(2013年)
    • 「ドコモ田家 再申込み篇」(2013年)
    • 「ドコモ田家 パケ代篇」(2013年)
    • 「サービスパック篇」(2013年)
    • 「おすすめパック篇」(2013年)
  • 敷島製パン Pasco(2013 - 2014年)
    • 「超熟 出会い篇」(2013年)
    • 「春のキャンペーン 面白くなりそう篇」(2014年)
    • 「超熟 パンの耳篇」(2014年)
    • 「超熟 トースト篇」(2015年)
    • 「超熟 少女からの手紙篇」(2018年)
  • ブルボン アルフォートミニチョコレート「ちょこっとずつ行こう篇」(2013年)
  • ベネッセ「進研ゼミ 小学講座」(2013 - 2015年)
  • 味噌汁's デビューアルバム「ME SO SHE LOOSE 告知CM」(2014年)
    • 「転校生篇」
    • 「プレゼント篇」
    • 「別れ篇」
  • 積水ハウス 企業広告 玄関のメッセージ篇 (2015年3月)
  • JCBオリジナルシリーズ かけがえのない毎日篇 (2015年5月)
  • 大塚製薬 カロリーメイト「小さな栄養士 チョコレート篇」(2016年10月)
  • 日本生命Play, Support. 「母からのメッセージ」篇(2016年12月)
  • 日清フーズ マ・マー #ママワザ(2017年11月)
    • 「平日のママ篇」
    • 「休日のパパ篇」
  • 積水ハウス 企業・グループCM「ひとは帰ってゆく篇」(2017年11月)

ラジオCM[編集]

  • NTTdocomo「家族の絆篇」(2013年) - ショウガクコドモダケ 役
    • 「スマホマナー篇」(2013年)

バラエティ[編集]

  • ピラメキーノ ほとんどガールズコレクション(2012年、テレビ東京
  • 使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル(2013年、TBS) - ゲスト出演
  • Eテレ・ジャッジ「かおだし看板ラボ」(2015年、NHK
  • Eテレ・ジャッジ「かおだし看板ラボ」新作SP(2016年、NHK)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高倉文紀 (2014年2月). “蒔田彩珠”. タレントパワーランキング. アーキテクト. 2016年11月20日閲覧。
  2. ^ “蒔田彩珠”. ユマニテ. http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=35 2017年12月30日閲覧。 
  3. ^ 蒔田彩珠”. シーアンドティー. 2014年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月3日閲覧。
  4. ^ 是枝裕和が描く『ゴーイング マイ ホーム』とは?”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2012年9月6日). 2014年3月24日閲覧。
  5. ^ “ヴァンクリーフ&アーペルと歩む、蒔田彩珠の女優道。”. FIGARO.jp. (2017年11月20日). https://madamefigaro.jp/jewelry/feature/171120-jewelry-vacleef.html 2017年12月30日閲覧。 
  6. ^ “赤江珠緒、『ガラスの仮面』読んで本格演技に挑戦 『重版出来!』出演”. ORICON STYLE. (2016年5月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2072054/full/ 2016年5月23日閲覧。 
  7. ^ “関西ジャニーズJr.の西畑大吾、渡辺謙主演ドラマに出演”. ORICON STYLE. (2016年10月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2079765/full/ 2016年10月19日閲覧。 
  8. ^ ショートショート木皿泉劇場 「道草」”. NHK (2017年11月20日). 2017年11月22日閲覧。
  9. ^ 水曜ドラマ「anone」公式サイト第4話ストーリー”. 日本テレビ (2018年2月1日). 2018年2月2日閲覧。
  10. ^ “蒔田彩珠公式インスタグラム”. (2018年2月22日). https://www.instagram.com/p/BffssCcFcM4/?taken-by=makita_aju 2018年2月22日閲覧。 
  11. ^ “沢尻エリカ「猫は抱くもの」猫キャスト8名発表、水曜日のカンパネラが劇伴を担当”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月22日). https://natalie.mu/eiga/news/270518/ 2018年2月22日閲覧。 
  12. ^ “押見修造の実体験漫画が映画化決定!南沙良&蒔田彩珠W主演で18年7月公開”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年12月13日). http://eiga.com/news/20171213/4/ 2017年12月13日閲覧。 
  13. ^ butter butter - 明後日 PV2 - YouTube
  14. ^ 宮崎奈穂子『ぴっかぴか』PV - YouTube

外部リンク[編集]