ヘヴン (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘヴン
著者 川上未映子
イラスト 鈴木成一デザイン室(デザイン)
発行日 2009年9月1日
発行元 講談社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 254
公式サイト 特集ページ
コード ISBN 978-4-06-215772-8
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ヘヴン』は、川上未映子による日本小説

概要[編集]

作者初の長編小説。いじめを題材にし善悪の根源を問う作品。講談社の『群像』2009年8月号に掲載された。単行本刊行の際に加筆されている。

本作の刊行に当たって、川上が師と仰ぐ哲学者永井均との対談青山ブックセンターで行われた。永井によると、本作はそれぞれ「友情の問題」「倫理の問題」「宗教の問題」を抱える三者を軸に物語が進むと学術的に分析している[1]

平成21年度芸術選奨新人賞、第20回紫式部文学賞受賞作。

あらすじ[編集]

斜視が原因でクラスメイトたちからいじめの標的にされている「僕」はある日、『わたしたちは仲間です』と書かれた手紙を受け取る。差出人は、同じクラスの女子たちからいじめを受けているコジマだった。

それ以来、2人の秘密の通信が始まり、「僕」はコジマの言葉を支えに感じ始め、少しずつ友情を育んでいく。

登場人物[編集]

14歳。斜視を理由に“ロンパリ”と呼ばれ、クラスの男子たちから日常的に暴力的ないじめを受けている。
コジマ
「僕」と同じクラスの女子。家が貧乏で、容姿が“不潔”という理由から、女子たちにいじめられている。
二ノ宮(にのみや)
クラスの中心的存在で、「僕」をいじめるリーダー格。「僕」と同じ小学校出身。
百瀬(ももせ)
「僕」と同じクラスの男子。二ノ宮と一緒に「僕」をいじめる一員。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IN★POCKET』2009年12月号「対談 川上未映子×永井均」

外部リンク[編集]