落合賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おちあい けん
落合 賢
生年月日 (1983-05-31) 1983年5月31日(34歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 映画監督
映画プロデューサー
ジャンル 映画
事務所 SDP
公式サイト 公式プロフィール

落合 賢(おちあい けん、1983年5月31日 - )は、日本映画監督東京都出身。スターダストプロモーション関連の制作会社、SDP所属。

来歴[編集]

高校卒業後に渡米し、南カリフォルニア大学の映画製作学科に入学[1]。卒業制作として『エクスプレス831』を監督する[2]。大学卒業後はアメリカ映画協会付属大学院の映画監督科に進学し、在学中に『ラッキーロータス』『ハーフケニス』の短編映画2本を監督。『ハーフケニス』で全米監督協会(DGA)からアジア系アメリカ人学生部門審査員特別賞を受賞した[3]

2011年、梶原一騎原作、辻なおき作画のアニメ『タイガーマスク』の実写版をウエンツ瑛士主演で監督することが発表された[4]

2014年、斬られ役として知られる福本清三を主演にした『太秦ライムライト』が公開され、国外からも高い評価を得た。 2015年、海外マーケット向けに制作された「NINJA THE MONSTER」が、京都府京都文化博物館で公開された。

エピソード[編集]

幼い頃、幼馴染と映画『ジュラシック・パーク』を観た際に映画監督になることを決意した[5]

作品[編集]

映画[編集]

  • エクスプレス831(2006年)脚本・監督
  • ラッキーロータス(2007年)脚本・監督
  • ハーフケニス(2009年)脚本・監督
  • 八人目の侍(2009年)プロデューサー
  • 井の中の蛙(2010年)脚本・監督
  • ブラッドタイズ(2011年)脚本・監督
  • 美雪の風鈴(2011年)脚本・監督・プロデューサー
  • 消しゴム屋(2012年)脚本・監督
  • タイガーマスク(2013年)監督
  • 上を向いて(2014年)脚本・監督
  • ジュリエット×2 ~恋音ミュージカル~(2014年) 脚本・監督
  • 太秦ライムライト(2014年)監督
  • Dance! Dance! Dance!(2015年、ベルギー2014年10月22日、日本2016年2月25日)監督

受賞歴[編集]

  • 消しゴム屋(2012年)
    • アメリカ・インディペンデント・フィルムメーカー・ショーケース映画祭 最優秀短編賞 [19]
    • ヒューストン国際映画祭 レミー賞 [20]
    • アジア太平洋広告祭(ADFEST)新監督部門:短編映画銅賞 [21]
    • SFFアテネ映画祭 観客賞、最優秀アイディア賞
    • バッファロードリームス・ファンタスティック映画祭 国際アクション短編映画部門最優秀賞 [22]
  • タイガーマスク(2013年)
    • バッファロードリームス・ファンタスティック映画祭 国際アクション映画部門最優秀賞 [23]


出演[編集]

ドキュメンタリー
  • UZUMASAの火花 ~映画村、京都・太秦に異国の風吹く~ (2014年1月9日、BSプレミアム[26]

脚注[編集]

  1. ^ ルーカス&ゼメキスの後輩!才能あふれる日本人監督は弱冠26歳”. MovieWalker. 2009年11月27日閲覧。
  2. ^ ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2009ジャパン部門優秀賞受賞『ハーフケニス』が全米映画監督協会 審査員特別賞!!”. CINEMA TOPICS ONLINE. 2009年11月8日閲覧。
  3. ^ Ken Ochiai-Awards” (英語). IMDb. 2013年9月12日閲覧。
  4. ^ 「タイガーマスク」の実写化で、タイガーマスク=伊達直人役にウエンツ瑛士!ミスターX役に哀川翔が挑戦!”. シネマトゥデイ (2011年11月30日). 2011年11月30日閲覧。
  5. ^ 「Director's Magazine」(クリーク・アンド・リバー社)2009年8・9月号 61頁
  6. ^ “「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2009」 グランプリ作品、各アワード受賞作品が決定!” (プレスリリース), ショートショート実行委員会/ショートショート アジア実行委員会, http://www.shortshorts.org/2009/press/Award_090616.pdf 2012年5月8日閲覧。 
  7. ^ (プレスリリース), http://www.cine.org/film/half-kenneth/ 
  8. ^ “Student Film Awards(英語)” (プレスリリース), http://www.dga.org/Awards/Students.aspx?Year=2009&Decade=2000s 
  9. ^ The Rome International Film Festival
  10. ^ “ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 20102010年グランプリ作品、各部門受賞作品が決定” (プレスリリース), ショートショート実行委員会/ショートショート アジア実行委員会, (2010年6月20日), http://www.shortshorts.org/2010/press/0620-grandprix.pdf 2012年5月8日閲覧。 
  11. ^ “2010年 受賞作品” (プレスリリース), 札幌国際短編映画祭, http://sapporoshortfest.jp/10/award/award.html#tabs-3 2010年10月11日閲覧。 
  12. ^ “2010 Archives” (プレスリリース), http://heartlandfilm.org/festival-years/2010/movie/frog-in-the-well 
  13. ^ “西東京市民映画祭” (プレスリリース), http://www.nishitokyo-cinema.com 2011年9月25日閲覧。 
  14. ^ 不発弾巡る短編映画が大賞 佐賀で古湯ムービーアワード”. 朝日新聞 (2011年9月25日). 2011年9月25日閲覧。
  15. ^ “知多半島映画祭” (プレスリリース), http://www.chitayle.jp/blog/eigasai/ 
  16. ^ “2011 AWARDS” (プレスリリース), 札幌国際短編映画祭, http://sapporoshortfest.jp/11/award/awards.html 2011年10月13日閲覧。 
  17. ^ “第九回自主制作映画コンテスト受賞作品紹介” (プレスリリース), うえだ城下町映画祭, http://www.umic.jp/eigasai/ 
  18. ^ “新・鎌倉映像フェスティバル” (プレスリリース), http://www.kamakura-kawakita.org/festival.html 
  19. ^ “スカパー!×ShortShorts 初オリジナルショートフィルム「消しゴム屋 」海外映画祭にて受賞!” (プレスリリース), http://www.shortshorts.org/biz/ja/news/detail/newsdetail.php?id=1362496382 2013年3月5日閲覧。 
  20. ^ Short Film Central(英語)”. 2013年4月21日閲覧。
  21. ^ “ADFEST 2013 winners showcase(英語)” (プレスリリース), http://www.adfest.com/winners2013_showcase.php?category=7&awards=bronze 
  22. ^ “Buffalo Dreams Film Festival(英語)” (プレスリリース), http://www.binaryzero.com/buffalodreams/dreamer-awards/ 
  23. ^ “Buffalo Dreams Film Festival(英語)” (プレスリリース), http://www.binaryzero.com/buffalodreams/dreamer-awards/ 
  24. ^ “5万回斬られた男”福本清三が主演男優賞!日本人初の快挙!”. シネマトゥデイ. 2014年8月9日閲覧。
  25. ^ 「太秦ライムライト」ファンタジア映画祭で作品賞、主演男優賞の2冠獲得”. スポニチ Sponichi Annex. 2014年8月9日閲覧。
  26. ^ UZUMASAの火花~映画村、京都・太秦に異国の風吹く~” (日本語). pid.nhk.or.jp. 2014年1月22日閲覧。

外部リンク[編集]