咲良菜緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さくら なお
咲良 菜緒
プロフィール
愛称 なお
なぴ
なっぴー[1]
なおちゃん
パン屋さん
さくらっちょ
生年月日 1997年9月10日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本 愛知県[2]
血液型 A型[2]
公称サイズ(2022年[2]時点)
身長 155 cm
活動
デビュー 2012年
ジャンル J-POP
所属グループ TEAM SHACHI
活動期間 2011年 -
他の活動 生配信中にドライヤーを使う事で有名。
事務所 スターダストプロモーション
STARDUST PLANET
レーベル

unBORDE/ワーナーミュージック・ジャパン
(2012年 - 2022年)

ワクワクレコーズ
(2022年 - )
アイドル: テンプレート - カテゴリ

咲良 菜緒(さくら なお、1997年9月10日 - )は、日本歌手であり、女性アイドルグループTEAM SHACHIのメンバー[3]愛知県出身[3]

略歴[編集]

2008年
小5の時、お台場冒険王に家族で行き、そこでスターダストプロモーションにスカウトを受ける[4]
2009年
オーディションを受け、スターダストプロモーションに所属。初めは、可愛い友達が欲しかった。習い事感覚だった[4]。またこの時は東京にいたため、葵わかならと共にレッスンを受けていた。
2012年 - 2014年
2012年、名古屋を拠点とするチームしゃちほこのメンバーとして芸能にデビューした[5][6]。(チームしゃちほこは2012年4月7日に名古屋城にて路上デビューした。「2013年6月19日」はチームしゃちほこが「日本先行メジャーデビュー」した日[7]。)
2015年
2015年4月24日に発売された日本ツインテール協会による「ツインテール女子」をテーマに作られた公式写真集『キミ色ツインテール 2』で秋本帆華と他の22人と共にモデルを務めた[8]
MTVジャパンハードロック/ヘヴィメタル専門番組『HeadbangersBall』には「番組史上初のアイドル」として出演している。(2015年5月9日に『HeadbangersBall』にセレクタとして登場。)[9]
2015年7月12日、MTVジャパン『HeadbangersBall』にセレクタとして再登場[10]
2016年
高校を卒業し、大学へ進学
2016年9月公開の映画『クハナ!』に出演[11]
2018年
3月30日、公式サイトにより肋間神経痛発症を公表。パフォーマンスを一時的に休む。
10月23日、所属のチームしゃちほこがTEAM SHACHIとして新体制へ移行。
2020年
11月、Locipo & GYAO!にて「咲良菜緒のおとものトモ時々ぼたもち」を週1回配信開始[12]
2021年
8月9日に生誕ソロイベント「NAPPY BIRTHDAY ~トゥエンティーフォーエバー♪~」を神田スクエアホールにて、9月21日に生誕ソロイベント「NAPPY BIRTHDAY ~トゥエンティーフォーリンラブ♡~」をDIAMOND HALLにて開催[13]
10月7日、咲良菜緒写真集『浪漫咲く』を発売[14]
2022年
9月10日に生誕ソロイベント「NAPPY RADIO 公開生放送 in東京」を神田スクエアホールにて、9月21日「NAPPY RADIO 公開生放送 in名古屋」をDIAMOND HALLにて開催予定。

人物[編集]

  • 妹が一人いる。
  • 運転免許は取得しているが、ほぼペーパードライバー[4]
  • 配信では「アフリカ人」、「バブリー女」、「ドラえもん」など変わった愛称の友人の話をよくする。
  • これまでに地球9周分以上の距離、新幹線に乗っている[15]


フィジカル[編集]

  • 視力がとても悪くメガネのレンズが分厚い。コンタクトレンズの度数は-5.75と-5.50[16]で、必ず左からつける[4]
  • チャームポイントは白目[17]
  • 手足ともに右利き[4]
  • 水泳は補講を受けるほど苦手でクロールと平泳ぎのみ可能[4]
  • 中学生の頃から、服のサイズはSサイズ[18]

パーソナリティ[編集]

  • 3匹の犬を飼う愛犬家。
名前  犬種  性別 生年月日
ラム トイプードル シルバー (2006-04-30) 2006年4月30日(16歳)
きなこ ティーカッププードル シルバー (2010-12-30) 2010年12月30日(11歳)
ポール スタンダードプードル シルバー (2018-09-24) 2018年9月24日(4歳)
  • 募金活動をしたいと考えている[4]
  • 自身のWikipediaを編集しようか思案中[4]
  • 座右の銘は、「やりたいことはやる」[4]
  • 嬉し涙の方が多いが、悔し涙が全くないのは良くない事としている[4]
  • 策士である[4]
  • 自他ともに認める夜行性だが、10時間睡眠は人生におけるマスト[4]
  • 幼少期、「練乳ちゃん」という名の白い犬のぬいぐるみを所持していた。名前の由来は「練乳が好きだから」[4]
  • 多人数での行動より、単独行動を好む。高校生の時、友人とディズニーへ行くも途中で帰宅[4]。ほとんどの1人〇〇に苦手を意識を感じず、できないことを探す方が早いくらいであるが、外食の鍋は物理的に不可能[4]。1人旅の願望はあるが、両親に心配されているためまだ出来ていない。理想の旅先は沖縄[4]。しかし、人と関わることは嫌いではなくコミュニケーション能力は高めであり、またファンの顔をよく覚えており、街中でファンに気づくこともある。特典会の合間などにファンの様子を観察して、考察することがある[4]
  • 虫を触るのは好きでは無いが、観察するのは好きでyoutubeで昆虫の動画を見ることもある。また、子供の頃にカブトムシを飼っており、戦わせて遊んでいた[4]。ゴキブリよりもセミが苦手[19]。トンボの飛び方が、飛ぶ方向の予測がつかず謎なので、トンボは嫌い。芋虫のような飛ばない虫は平気なので、釣りの際にゴカイやミミズなどは触ることが出来る。主に虫の顔が嫌い[20]
  • ネットにある診断では、チョロさ度80点を超えており、2人で散歩をしている途中に、急に目隠しをして、そのまま少し歩いた後、「ごめんね、鳥の死骸、見たくないかと思って」と言うと落ちるらしい。チョロい自覚は無い[21]
  • ポケモン診断はナッシー(ピカチュウ)
  • 子供の頃から、寝相が悪くベッドから落ちることや上下逆さまになることもあった[18]
  • 朝にフィッシュオイル、鉄分、漢方の粉末とビタミンのタブレット、夜にビタミンC、亜鉛、漢方の粉末とビタミンのタブレットを服用しているが、粉末の薬は苦いためオブラートがないと飲めない。[22]

食べ物[編集]

好きな食べ物は和菓子で、一番好きなものは落雁、大福、最中、煎餅、等々多数ある[4]。おにぎりも好物で、なかでも塩派[4]。好きな調味料は塩コショウである[4]。酢豚のパイナップルは好き(フルーツの入っている食べ物は基本全部好き)。[4]カレーの付け合せのおすすめはバナナ。 ゴボウやレンコンや芋類など根菜が好き[4]。 パクチーは嫌いではないが好まない[4]。 スイカには塩をかける。祖父の影響で桃にも塩をかける。同じグループの秋本帆華はトマトに砂糖をかける。[4]お酒は量、頻度ともにあまり飲む方では無いが、日本酒の熱燗が1番美味しいと感じる。[18]

ステージドリンクは水にクエン酸をぶちまけたものを愛飲している。同じグループの大黒柚姫にクエン酸を飲ませた際には梅干しのような顔になった[4]秋本帆華大黒柚姫が頻繁にアイスを食べるので、自身はあまり食べない方だと思っていたが、人並み程度の頻度では食べている。[19]

昆虫食には肯定的であるが、虫の形を残したまま食すのではなく、見た目を改善すべきと考えている[20]

理想の最後の晩餐は鰻丼[23]

音楽[編集]

L'Arc~en~CielX JAPANLUNA SEAGLAYTHE YELLOW MONKEY東京事変MAN WITH A MISSIONTHE ORAL CIGARETTESGuns N' RosesSlipknotMotionless in WhiteKORNロブ・ゾンビRed Hot Chili Peppers[24]BABYMETAL[25]等を愛聴し、また、氣志團hydeマキシマムザホルモンと交流がある等、ロックへの造詣が深い。特にX JAPANのhideに対しては、エンターテナーとしても人としても多大なる影響を受けたと公言するほどの大ファンであり、初めて三浦霊園にあるhideの墓を訪れた際には、墓石を前に号泣したエピソードを公式ブログにて報告している。なお、hideが急逝した1998年当時、咲良は生後8ヶ月の為、hideの存在を知ったのは彼の没後である。

本人曰く、「hydeさんとhideさん推し、推しを超えて神」(多神教)[4]


ファッション[編集]

露出の多くない布が多めの服が好きで、マフラーやストールなども好んでいる。服を選ぶ時は、素材や肌触りなどを気にしている。私服では帽子をよく被っており、30個以上所持しているが、フードのある洋服はあまり着ない。私服の色がシックであり、「地味ーず」と呼ばれることもある。夜、眠る時は名古屋グランパスエイトのユニフォームや肌触りの良いパジャマ(KIDBLUE、TUNICやtsumori chisato SLEEPなど)を好んで着ている。私服よりもパジャマが派手。[18]

関連事項[編集]

イメージカラーはドラゴンズブルー[2]。TEAM SHACHIが「応援マネジャー」を務めるプロ野球・中日ドラゴンズのチームカラーである。メンバーの大黒柚姫には「チームしゃちほこのエース」と評されている[26]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 「歌謡劇団 女の一生NAGOYA」(2018年6月23日、千種文化小劇場) - スペシャルゲスト

[34]

  • 五反田タイガー「Casket~深海から見える星~」(2018年9月12日-9月17日、草月ホール) - ペン子 役[35]
  • 信長の野望・大志(2019年11月14日 - 20日、かめありリリオホール) - 弥 役
  • 川谷絵音 presents "独特な人” 第五回公演  『影と毒⁺⁺』(2022年9月4日、大手町三井ホール)

CM・広告[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • キミ色ツインテール 2(2015年4月24日、宝島社(日本ツインテール協会による「ツインテール女子」をテーマにした公式写真集)[8]
  • IDOL AND READ 010(2017年3月29日、シンコーミュージック) - 表紙[45]
  • ヘドバン vol.22(2019年4月24日、シンコーミュージック)[46]
  • TEAM SHACHIアートブックコレクション Vol.4 浪漫咲く 咲良菜緒(2021年10月7日、小学館) - 撮影:MARCO[47][48]、オリコン週間BOOKランキング5位(写真集)[49]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ PROFILE”. TEAM SHACHI オフィシャルサイト. 2019年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e STARDUST - スターダストプロモーション - 咲良菜緒のプロフィール”. スターダストプロモーション. 2022年8月2日閲覧。
  3. ^ a b 咲良菜緒”. 2016年11月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 咲良菜緒 2022/07/27”. CyberAgent,Inc. (2022年7月27日). 2022年9月28日閲覧。
  5. ^ a b チームしゃちほこ・咲良菜緒が語る、初映画と地元とポール・リード・スミス!?”. Rittor Music, Inc., an Impress Group company (2016年9月19日). 2016年10月1日閲覧。
  6. ^ 名古屋で「若者から発信する地元愛」講演会 「チームしゃちほこ」咲良菜緒さんら参加”. サカエ経済新聞. 株式会社クーグート (2016年1月26日). 2022年8月2日閲覧。
  7. ^ 秋本帆華「チームしゃちほこの負けないとこは、あんまりキラキラ感がないので田舎っぽいところですね」”. KADOKAWA CORPORATION (2014年9月23日). 2016年10月1日閲覧。
  8. ^ a b 「ツインテール女子」テーマの人気写真集から第2弾 有村架純ら旬のタレントが登場”. Reco orlando inc. (2015年4月20日). 2015年12月4日閲覧。
  9. ^ “チームしゃちほこ咲良「アイドルとメタルの架け橋に」- 夢はSLIPKNOTとコラボ”. マイナビニュース. (2016年5月8日). https://news.mynavi.jp/article/20150508-a196/ 2015年11月3日閲覧。 
    “チームしゃちほこ咲良菜緒、MTV「HeadbangersBall」に登場”. MTV JAPAN. (2015年4月14日). http://www.mtvjapan.com/news/music/25402 2016年11月3日閲覧。 
    “チームしゃちほこ咲良菜緒、MTVのHR/HM番組でSlipknotら紹介”. 音楽ナタリー. (2015年4月14日). http://natalie.mu/music/news/144070 2016年11月3日閲覧。 
    “アイドル初の快挙!咲良菜緒がMTVナビゲータに”. ドワンゴジェイピーnews. (2015年4月14日). https://news.dwango.jp/idol/8534-1504 2016年11月3日閲覧。 
  10. ^ “チームしゃちほこ 咲良菜緒が再びメタル界へ降臨!”. ドワンゴジェイピーnews. (2015年7月6日). https://news.dwango.jp/idol/10215-1507 2016年11月3日閲覧。 
    “チームしゃちほこ咲良菜緒、「HeadbangersBall」に再び出演”. MTV News. (2015年7月6日). http://www.mtvjapan.com/news/music/25727 2016年11月3日閲覧。 
    “チームしゃちほこ咲良菜緒、MTVメタル番組「HeadbangersBall」に再降臨”. M-ON! Press. (2015年7月6日). http://www.m-on.press/girlpop/0000016311?show_more=1 2016年11月3日閲覧。 
  11. ^ SKE、しゃちほこ、ボイメン…東海地方の人気グループメンバーが秦建日子の初監督作に集結”. 映画.com (2016年5月30日). 2016年9月28日閲覧。
    “[チームしゃちほこ]咲良菜緒が私服ミニワンピで登場 映画初出演は「新世界って感じ!」”. マイナビニュース. (2016年9月5日). http://news.mynavi.jp/news/2016/09/05/501/ 2016年11月3日閲覧。 
    ““チビまれちゃん”松本来夢が主演映画でサックス披露”. ニュースウォーカー. (2016年8月11日). https://thetv.jp/news/detail/84058/ 2016年11月3日閲覧。 
    “SKE48、しゃちほこ、ボイメンと東海地区のアイドルグループが映画で集結!”. MOVIE Collection (ムビコレ). (2016年5月30日). https://www.moviecollection.jp/news/18258/ 2016年11月3日閲覧。 
    “SKE48・大場美奈も出演!『アンフェア』原作者・秦建日子が脚本&初監督『クハナ!』9月3日公開”. AOLニュース. (2016年6月6日). http://news.aol.jp/2016/06/06/kuhana/ 2016年11月3日閲覧。 
    “チームしゃちほこ:咲良菜緒が私服ミニワンピで登場 映画初出演は「新世界って感じ!」”. MANTANWEB. (2016年9月5日). http://mantan-web.jp/2016/09/05/20160905dog00m200036000c.html 2016年11月3日閲覧。 
    “チームしゃちほこ・咲良菜緒が語る、初映画と地元とポール・リード・スミス!?”. 耳マン. (2016年9月19日). https://33man.jp/article/001778.html 2016年11月3日閲覧。 
    “名古屋で「クハナ!」舞台あいさつ 「チームしゃちほこ」咲良菜緒さん登壇”. サカエ経済新聞. (2016年9月7日). http://sakae.keizai.biz/headline/2412/ 2016年11月3日閲覧。 
    “SKE・しゃちほこ・ボイメンら東海地区のアイドル、三重県が舞台の映画に集結”. De☆View. (2016年5月30日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2072469 2016年12月3日閲覧。 
  12. ^ a b 咲良菜緒のおとものトモ時々ぼたもち Locipo
  13. ^ @shachi_staff (2021年6月4日). "生誕ソロイベント実施決定" (ツイート). Twitterより2021年6月5日閲覧
  14. ^ TEAM SHACHI咲良菜緒、アートブック「浪漫咲く」でレトロな世界を色鮮やかに表現”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年9月17日). 2022年8月2日閲覧。
  15. ^ 咲良菜緒 2022/09/28”. CyberAgent,Inc. (2022年9月28日). 2022年9月28日閲覧。
  16. ^ おうち通信⑮ (咲良菜緒)”. CyberAgent, Inc. (2020年4月15日). 2022年7月30日閲覧。
  17. ^ おうち通信㊽(咲良菜緒)”. CyberAgent, Inc. (2020年5月18日). 2022年8月10日閲覧。
  18. ^ a b c d 咲良菜緒 2022/09/06”. CyberAgent,Inc. (2022年9月6日). 2022年9月28日閲覧。
  19. ^ a b 咲良菜緒 2022/07/28”. CyberAgent,Inc. (2022年7月28日). 2022年9月28日閲覧。
  20. ^ a b 咲良菜緒 2022/08/09”. CyberAgent,Inc. (2022年8月9日). 2022年9月28日閲覧。
  21. ^ 咲良菜緒 2022/08/31”. CyberAgent,Inc. (2022年8月31日). 2022年9月28日閲覧。
  22. ^ 咲良菜緒 2022/09/28”. CyberAgent,Inc., (2022年9月28日). 2022年9月28日閲覧。
  23. ^ おうち通信43(咲良菜緒)”. CyberAgent, Inc. (2020年5月13日). 2022年8月10日閲覧。
  24. ^ Red Hot Chili Peppers「Unlimited Love」リリース記念|レッチリ好き著名人10人によるプレイリスト&コメント”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2022年4月1日). 2022年8月2日閲覧。
  25. ^ BABYMETALベストアルバム「10 BABYMETAL YEARS」特集”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2020年12月23日). 2022年8月2日閲覧。
  26. ^ しゃち狩り行こうぜ vol.45
  27. ^ a b “「咲-Saki-」実写化第2弾は“阿知賀編”! エビ中、夢アド…キャスト写真が公開”. アニメ!アニメ! (イード). (2017年10月4日). https://animeanime.jp/article/2017/10/04/35535.html 2020年8月24日閲覧。 
  28. ^ つば九郎主演「つばめ刑事」にエビ中ひなた、TEAM SHACHI菜緒がゲストで”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年5月20日). 2022年8月2日閲覧。
  29. ^ THE RAMPAGE岩谷翔吾&TEAM SHACHI咲良菜緒、連ドラ「カフカの東京絶望日記」出演”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年8月2日). 2022年8月2日閲覧。
  30. ^ ジャズと子どもたちの桑名映画「クハナ!」公式”. 2016年12月3日閲覧。
  31. ^ 名古屋で「クハナ!」舞台あいさつ 「チームしゃちほこ」咲良菜緒さん登壇”. サカエ経済新聞. 株式会社クーグート (2016年9月7日). 2022年8月2日閲覧。
  32. ^ 燃えよ!失敗女子 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2019年6月12日閲覧。
  33. ^ TEAM SHACHI主演『燃えよ!失敗女子』が公開!咲良菜緒が舞台あいさつに登場”. RBB TODAY. 株式会社イード (2019年6月18日). 2022年8月2日閲覧。
  34. ^ 歌謡劇団女の一生NAGOYA 6月公演”. 2022年7月30日閲覧。
  35. ^ 五反田タイガー 4th Stage featuring コモンシェア株式会社Casket〜深海から見える星〜”. 2022年7月30日閲覧。
  36. ^ 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、MTV VMAJ 2015 -THE PARTY!!-出演決定”. MTVジャパン (2015年11月18日). 2016年11月3日閲覧。
    “「MTV VMAJ 2015 -THE PARTY!!-」出演者発表、AK-69、Beat Buddy Boiほか5組”. Musicman-NET. (2015年11月13日). http://www.musicman-net.com/artist/51741.html 2016年12月3日閲覧。 
    「MTV VMAJ 2015 -THE PARTY!!-」開催、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE が「最優秀ビデオ賞」受賞”. MTVジャパン (2015年11月26日). 2016年11月3日閲覧。
    “「MTV VMAJ」イベントに三浦大知、しゃちほこ菜緒、DOBERMAN INFINITYら”. ナタリー. (2015年11月27日). http://natalie.mu/music/news/166305 2016年12月3日閲覧。 
    “「MTV VMAJ 2015 -THE PARTY!!-」に各部門の受賞者が集結、三代目JSBが「最優秀ビデオ賞」受賞”. Musicman-NET. (2015年11月27日). http://www.musicman-net.com/artist/52106.html 2016年11月3日閲覧。 
  37. ^ 咲良菜緒(チームしゃちほこ)『ハタチまでにやっておきたい10のコト』最終回:わたしの10代”. 耳マン. 株式会社リットーミュージック (2017年9月9日). 2022年8月2日閲覧。
  38. ^ 【最終回】咲良菜緒『アイドルお悩み交換日記』〜チームしゃちほこ・秋本帆華さんからのお手紙「今わたしが出来ること、やるべきことは?」”. 耳マン. 株式会社リットーミュージック (2018年9月24日). 2022年8月2日閲覧。
  39. ^ アイドル・シャッフル ドラマ選手権”. www.mbs.jp. 2018年4月27日閲覧。
  40. ^ アイドル・シャッフルドラマ選手権:「チームしゃちほこ」咲良菜緒ら「#さくらいひなり」が首位”. MANTANWEB. 株式会社MANTAN (2017年5月12日). 2022年8月2日閲覧。
  41. ^ 咲良菜緒、ホワイト・ゾンビの魅力に目覚める「ねっとりした感じが好き」”. Rolling Stone Japan. CCCミュージックラボ株式会社 (2019年2月26日). 2022年8月2日閲覧。
  42. ^ TEAM SHACHI 咲良菜緒が得意じゃない「パンク」を聴いてみた”. Rolling Stone Japan. CCCミュージックラボ株式会社 (2019年10月30日). 2022年8月2日閲覧。
  43. ^ TEAM SHACHIの咲良菜緒が語る、ステージに立ち続けるための「自己変革」”. Rolling Stone Japan. CCCミュージックラボ株式会社 (2022年2月26日). 2022年3月1日閲覧。
  44. ^ Street Style - 東京 - 咲良菜緒さん”. FASHIONSNAP.COM. 株式会社レコオーランド (2022年3月22日). 2022年3月24日閲覧。
  45. ^ 『IDOL AND READ』で語られた、咲良菜緒の本音”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2017年3月28日). 2022年8月2日閲覧。
  46. ^ 破天荒ロック・トリオFEVER 333、「ヘドバン」でTEAM SHACHI咲良菜緒と対談”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2019年4月11日). 2022年8月2日閲覧。
  47. ^ TEAM SHACHI・咲良菜緒がシースルートップスでセクシーに!写真集表紙が公開”. RBB TODAY. 株式会社イード (2021年9月17日). 2022年8月2日閲覧。
  48. ^ TEAM SHACHI 咲良菜緒、ヴィヴィッドな衣装から美肌をチラ見せ! 写真集『浪漫咲く』発売決定”. Pop'n'Roll. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2021年9月17日). 2022年8月2日閲覧。
  49. ^ TEAM SHACHI咲良菜緒「写真集」5位 見どころはビビッドな衣装からのぞく咲良の美肌”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2021年11月7日). 2022年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]